プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
PS3はどこへ向かおうとしているのか。
さてさて、「FFXIII」もだいぶ落ち着いてきたようですが、PS3に関するニュースは日々続々と伝えられています。PS3は現在、販売台数が480万台と言われており(Wiiは1千万台、Xbox 360が125万台)、じわじわとシェアを拡大していると言えましょう。その波をさらに大きなものにするべく、SCE陣営はPS3をあらゆる面から強化していこうと様々なオプションを発表しております。多くの人は既に御存知でしょう。



“PS3はどこへ向かおうとしているのか。”の続きを読む>>
ゲームハード | 【2010-03-17(Wed) 22:49:00】 | Trackback:(0) | Comments(-)
触ってみました、「PSP go」。


職場の後輩が自ら「とち狂っちゃいました」と言ってPSP goを購入してましたので、現物比較しながら手にとってみました。確かに軽い!小さい!それは間違いありません。このように写真で見比べても、いかにコンパクトになったかはわかっていただけると思います。



ただ、いざゲームをプレイすることを想定してコントローラーを持ってみると、申し訳ないですがコレはやりにくいと思います。自分の慣れ親しんだ、ゲームがやり易く疲れにくい腕の角度とか、指の配置とかって皆さんそれぞれあると思うんですが、筆者の場合はしっくりきませんでした。無理矢理フォームを矯正されるような感覚とでも言いましょうか、まあ慣れれば気にならなくなるのかもしれませんが……。少なくとも「これでモンハンはムリだな」という感じです。PSP go専用ソフトとして「mhp3」とか出ようものなら、爆死決定です。ん?既に「トライ」がWiiで爆死してるだろって?やかましいわ。そういえば最近ごぶさただな、トライ……。いや、決してそれほど「2nd」から目新しいものがないとか、水中戦も慣れちゃうとそれほど……とか、モンスターが少ないとか、周囲にやってる人がいないと盛り上がらないとか、出荷数と実売(実ユーザー)が伴ってないとか、結局PSPでやる2ndGの方が相対的には画面キレイじゃんとか、そんなことはないんですよ?

結論:「mhp3」はgoじゃなくPSPで出してね!

いや、「ぽかぽかアイルー村」とかいいから。

そういえばgoを購入した後輩、「いずれこれを持つ者だけが笑う時がきますよ」と言ってましたが、苦笑気味でなおかつ自嘲気味なのはどうしてなんでしょうか?



ちなみに、goが出てからゲーム機売り場を「視察」したんですが、go専用のオプションが山ほど並んでたのに驚きました。ケースとか、保護フィルムとか、何かのアダプターとか、クレードルとか……。周辺機器メーカーがどれほどgoに期待したのかがわかります。でもぶっちゃけコレ、売れてるの?ただでさえPSP-1000とPSP-2000以降それぞれのオプションがあるうえにgo専用が出たわけで、なんか「PSP○○専用オプション」が混沌としていて、売り場がわけわからなくなってる印象の方が強いんですけど。よく確認しないで買って、家に帰ってから「あっ、コレ違う!」って叫んでる人は少なくないと思われ。

もっとも現時点でPSP goを「負けハード」「ダメハード」と斬り捨てるのは時期尚早。愛用しているユーザーは確かにいますし、UMD駆動部がないぶん静かとか、UMDを持ち歩く煩わしさから解放されたとか、動画持ち出しプレイヤーとして優れてるとか、良い部分を推している人も少なくありません。「これはユーザーに強制される商品ではなく、選択肢のひとつである」という考えには、筆者もおおいに賛同いたします。既に自宅にSONY家電が充実していれば、PSP goは非常に便利なデバイスになり得るということ。レコーダーと連携してのポータブル動画プレイヤー……「ゲーム機なんじゃないの?」というネガティヴな御意見は無用!「16Gの内蔵メモリーじゃ、動画なんてすぐいっぱいにならない?」だったら外部メモリー買い足せばいいだろ!「あんな小さいUMD持ち歩くのが苦痛って、どんだけ貧弱なの?」「普通そんなにゲームソフト持ち歩くか?」「本体に入ってるUMD1枚でじゅうぶん」

……すみません、くじけそうです

ゲームハード | 【2009-12-09(Wed) 02:56:56】 | Trackback:(0) | Comments(-)
いろいろPSP go体験レポート。
2009年11月1日にとうとう発売された、新PSP「PSP go」。UMDドライブのない、ゲームデータがダウンロードによって供給されるニュースタイルの携帯型ハードとして話題ですが、さっそく各所でレビューが行われています。購入を検討されている方には参考になるでしょう。

発売前リポ

いよいよ発売される「PSPgo」を触ってみた
-Bluetoothも体験。“気軽に持てる”が武器
(AV Watch)

発売直前! ひと足早くPSP goを体験しちゃいました(ファミ通.com)

発売後リポ 早くも分解されてたり。

PSP goハードウェアレポート(PC Watch)

ついに発売! PSPgoを触ってみた
ダウンロードコンテンツ携帯ゲーム機をセットアップ
Bluetoothで据え置きプレイも快適に
(GAME Watch)

------------------------

PSP-1000から3000のユーザーが2台目以降のPSPとして購入するにあたっては、UMDソフトに対しての対応だけでなく、メモリースティックも直接は使用不可、USB対応周辺機器も、12月23日に1,980円で別売されるコンバーターケーブルアダプター経由での対応となり、映像ケーブルなどもマルチユース端子を利用する「PSPgo」専用のものを別途購入する必要があるなど、注意が必要となる。

------------------------

従来機種のユーザーを大事にしようという思想は一切感じられませんな。周辺機器でセコく稼ごうとするなっての。で、そもそもそんなPSP goなわけですが、自分は買わないにしても、どれほど売れるのかは単純に興味がありますね。ファミ通さんがきちんと報告してくれておりますよ。

速報! PSP go発売初日は28275台のセールス--エンターブレイン調べ

発売初日1日間の国内推定販売台数は28275台。

28275台。

28275台。

ちなみに、「ワンダースワン(初代モノクロ)」は初週で約10万台、「スワンカラー」は約14万台、「スワンクリスタル」は約3万台、「ゲームボーイミクロ」は約15万台を販売している(忍之閻魔帳様より)。

まあ上の旧機種たちは「初週」の数字であり、PSP goは発売日を1並び(11月1日)にこだわったため「初日」イコール「初週」という感じにもなってしまい、巷では「ワンダースワン以下」と煽られる原因にもなっていますが、実質初日だけで3万台弱も売れたわけですから上出来じゃないでしょうか。個人的にはもっと壊滅的に売れないかもと予想してたんで、よかったね!という感じです。さあ、年末商戦が終わった時点で何台いくかな?「DSi LL」もありますからねえ。

SCEの人たちも発売前の評判とかあちこちで見聞きしてるわけで、バカ売れすることはまずないとわかっていたはずですから、「こんなもんでしょ」と落ち着いていることと思われます。売れると思ってたのであれば申し訳ありませんが、マーケティングをイチから勉強し直した方が良いでしょう。



考えようによっては、パッケージレスなゲームって流通の点では画期的ではあるんですよね。店舗や人件費を必要とせず、パッケージがないことでコストを抑えられるということは、ゲームの価格も下がるわけで。未来のゲームがすべてそうなる……、もしかすると近い将来そうなってしまうかもしれません。そうなると青いのは店舗形態のゲーム屋さんや、ゲームを扱う量販店です。売り物がなくなるのですからね。音楽にダウンロード販売の波が押し寄せてCDが売れなくなったのと同じようなことが、ゲーム業界でも起きようとしている?!

ゲームハード | 【2009-11-03(Tue) 02:23:54】 | Trackback:(0) | Comments(-)
任天堂、「DSi LL」を11月21日に発売。


少し前にチラッと報道された、新型DSのウワサ。その時は公式のアナウンスもありませんでしたし、なにしろDSiが出てからそれほど時間も経っていないこともあり、周囲の反応は「それはないんじゃないの~」という感じだったのですが、公式に発表されやがりました!

ニンテンドーDSi LLの公式ページ

これはいったいどういう位置付けのハード?いま持っているDSより良いもの?これからDSを買うならLLにすべき?というか、今のDSはなくなっちゃうの?いろいろ気になることをちょこっと考えてみます。

“任天堂、「DSi LL」を11月21日に発売。”の続きを読む>>
ゲームハード | 【2009-10-31(Sat) 17:40:32】 | Trackback:(0) | Comments(-)
PSP go、UMDタイトルのデータ変換を見送り
UMDスロットを廃し、ゲームタイトルの供給をダウンロードのみに絞った新しいPSP、「PSP go」。いちばんの感心事は「今まで買ったUMDタイトルはどうやってプレイするのか?」ということでした。これについてSCE側は当初、UMDのデータをPSP goでプレイ可能な形に変換するサービスを提供するとアナウンスしていましたが、いろいろな問題からそれが見送りになったとのことです。

SCE、「PSP go」でのUMDソフト対応を見送り
-権利処理等が問題。キャンペーンやPSN充実で対応
(AV Watch)

当初提供される予定だったサービスが、上に記したような「データ変換」なのか、PSP goに何らかのプログラムを追加するものなのかは今となっては不明ですが(SCEは「施策」と説明)、「権利処理等の問題もあり、お手持ちのUMDタイトルをPSP goでも遊べるようにするプログラム(施策)の導入は見送ることになった」と発表されてしまったことで、以前のアナウンスを信じてPSP goを購入してしまった人にとっては「そりゃないよ~」ということになってしまいました。

言い訳、もとい説明にある「権利処理等の問題」とは、施策のプログラム的なことなのか、それとも適用されるゲームデータのことなのか……。当ブログの過去の記事では「変換もしくはそれに準じたサービスは、ゲームデータのコピーと同義。果たしてそれが可能なのかどうか?」といった推測を記しましたが、ゲームデータの権利問題であるとするなら、まさしく予想が当たってしまったという感じ。想像以上にゲームデータの権利が複雑だったのではないでしょうか。メーカーが自社開発した、純度100%のゲームならばともかく、ライブラリーやプラグインなど、開発の助けとなる「外部の素材やプログラム」を使用していれば、その権利も考えねばなりません。UMDデータを吸い出し、変換し、PSP goに入れ込むという行為は、まさしくそういった「権利で守られたデジタルデータの複製」にあたるわけで、ちょっと読みが甘かったかなと。

とにかく当面は、用意されたダウンロード専用タイトルしかPSP goではプレイできないことになったわけで、「PSNストアには既に約450タイトル以上のラインナップを用意」とか、「PSP go購入者を対象に14タイトルのゲームの中から、好きなタイトルを1つ無料でダウンロードできるキャンペーンを実施」などいろいろ代替案を講じてはいるものの、ちょっと微妙な位置付けのハードになってしまいましたねえ……PSP go。あくまで現行PSPとは別軸の携帯ハードということです。こらこら、「ゆくゆくはソニー製バーチャルボーイ」とか言うのはまだ早いですって。

ゲームハード | 【2009-10-09(Fri) 00:51:02】 | Trackback:(0) | Comments(-)
SCE、UMDソフトのデータ変換サービスを準備か?
E3にて正式発表となった新型PSP「PSP Go」。これに対するユーザーのリアクションは撤廃されたUMDスロットについて、「過去のUMDゲームソフトは"PSP Go"ではプレイできないのか?」という疑問、戸惑いが最も大きいようです。もしかすると当初、SCEとしては「PSP Go」についてUMDは無視するつもりだったのかもしれませんが、あまりの反響に「やっぱり過去のソフトができなきゃダメなのか?」と考え直したのか、UMDソフトのデータを変換するサービスを用意しているとか。

ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中(Game Spark)

その方法は現時点では不明ですが、"UMDを特定の窓口に郵送する"といった方法になるのであれば、「それは違うだろう」という気がします。個人的には、手元で自分でできないのであれば、面倒くさすぎてやる気がしません。素直に従来のPSPを使います。一時は店頭にそれが可能な端末が置かれると噂されたようですが、SCEは明確に否定。そしてその「変換」が、既に所持しているUMDソフトとの「交換」になるのか、費用はかかるのか、既に発売されている全てのUMDタイトルについてデジタル版が用意されるのかということも未定です。

PSP Goのローンチ前には間に合わせるべく進めているとのことですが、その形態・手段によってはあまり利用されないサービスになってしまうかもしれません。とにかく、「サービス」とは言えど既にゲームを購入済みのお客に対し「負担」を強いる行為だということを大前提に考えてほしいものです。ユーザーにしてみれば「ちゃんとゲームを買ったのに、メーカーの都合でハードを切り替えられたうえに、なんでソフト変換なんて手間をかけなけりゃならないの?」ってことですから。「変換して互換性を確保してやるだけでも有難いと思えよ、昔のゲーム機がそんなことしてたか?」とかおっしゃるかもしれませんが、ならばユーザーとしては従来のPSP使うわ、Goイラネってことになるでしょう。

ゲームハード | 【2009-06-07(Sun) 16:23:56】 | Trackback:(0) | Comments(-)
PSP GoでのUMDソフト資産、「前向きに検討」とSCE
UMDスロットが廃止されたことで、「過去のPSPのゲームはまったくできないのか?」「これまでのPSPとはまったく別のプラットフォームとなるのか?」など、反響を呼んでいる新型PSP「PSP Go」。ユーザーはもちろんのこと、販売店にとっても無視はできません。なんせパッケージレスとなったゲームがダウンロード(ネット)専売になれば、お店としては売り物がなくなってしまうわけですから。そのため「PSP Go」発表に対する受け手側のリアクションは、どちらかというと「今までのゲームはできないの?」「販売店はもういらないってこと?」などのネガティヴなものが多く目につくような状況です。

従来のPSP用UMDソフトを「PSP Go」で楽しむことはできないのか?これについてSCE広報は、「今の時点で言えることはないが、前向きに検討していきたい」と応えているとのことです。

「PSP go」の疑問 UMDは、販売店は、ソフト開発はどうなる(IT Media)

11月発売と言われても、まだまだ「よっしゃ、買い!」とはとても思えないですね。でも同時に、そう遠くない未来にゲームは確実にパッケージレスになり、データのみが流通するようになるなあという気も。今だって「ゲームアーカイブ」系のサービスはその通りになっていますし。ただそれはひと昔前の(今から見れば)「軽い」ゲームだから可能なのであって、重厚長大なゲーム(たとえばFFの最新作とか)でそれができるのか?ダウンロードできたとして、ユーザーにそのデータを置いておける環境が常にあるとは限らないのではないか?さらに、せっかくダウンロード購入したデータの入ったハードウェアが壊れたら?バックアップは可能になるのか?バックアップは実質的にゲームデータのコピーと同義だが、それが許可されるのか?などなど、クリアしなければならない問題はまだまだ山積みですね。

ゲームハード | 【2009-06-05(Fri) 22:07:42】 | Trackback:(0) | Comments(-)
噂でも嘘でもない、PSP Go正式発表!
E3でのSCEプレスカンファレンスで、既にゲームユーザーの間では大きな話題となっていた新型PSP「PSP Go」が正式に発表されました。日本での発売は2009年11月1日、価格は26,800円とのこと。カラーバリエーションはピアノ・ブラックとパール・ホワイトの2種。なお、それによって現行モデルのPSP-3000が市場から消えることはなく、並行して展開されるそうです。

SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表(AV Watch)

「SCEA 2009 E3 Press Event」開催 噂の「PSP go」が明らかに!(GAME Watch)

SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定!(GAME Watch)

SCEニュースリリース

主なスペック、特徴は既報の通り。UMDは廃されています。では、PSP GoでこれまでのUMDタイトルをプレイしたい時にはどうすればいいのか?ニュースリリースにははっきりと以下のように書かれています。

UMD®で提供されるソフトウェアについては、ご利用いただけません。

つまり、PSP Goと従来のPSPはプラットフォームの異なる別ハードだということ。もっとも従来のPSPにPSP Go専用タイトルをダウンロードしてプレイすることは不可能ではないでしょうけど、すべての読み出しをメモリースティックに依存することになるため現実的とは言えませんね。即ち、SCEは「PSP Go」という名のまったく新しい携帯ゲーム機を立ち上げたということになります。PSP Go専用タイトルとしては「グランツーリスモ」や「メタルギアソリッド」など人気シリーズが名を連ねておりますが、どうでしょう。売れますかね?ゲームアーカイブを充実させてPS時代のゲームを手軽に……というのもウリなのでしょうが、なんかそれは後ろ向きなウリですねぇ。

PSP Goは、任天堂におけるDSのようになれるのでしょうか?DSはGBAからうまいことユーザーを連れて移行できましたけど、従来のPSPユーザーがPSP Goに興味を持てるかどうか、すべてはソフトしだいですね。PS2→PS3の二の舞にならないことを祈ります……。

さて、いよいよゲームがパッケージとメディアを捨てる時代が来たようです。ゲームはデータで供給される……。個人的には今でも一般の人に比べてCDを多く購入してると思われる筆者。パッケージやブックレットも含めてひとつの作品といまだに根強く思っており、それらがないと所有欲が満たされず、いまだにソフトウェアや音楽の「ダウンロード購入」というヤツに抵抗があります。古い人間と笑われてしまうのかもしれませんが、実体のないデータのみの売買って、なんかお金を出す気にならないんですよね~。

ゲームハード | 【2009-06-03(Wed) 23:20:55】 | Trackback:(0) | Comments(-)
新型PSPは「PSP Go」?UMDスロット撤廃か


6月2日に開催予定のE3を前にして、そこで発表されると言われている新型PSPの情報がリークされ、海外メディアを中心として話題になっています。

PSPの新モデル「PSP Go」、発表前に動画が流出(CNET Japan)

新型PSP「PSP GO」はスライド式、UMD無し-複数の海外メディアが報道(INSIDE)

これまでも新型PSPの予想画像やフェイクは何度も目にする機会がありましたが、動画が存在しているということでこの情報の信憑性は極めて高いものとなっています。それによると、新型PSPは

・名称は「PSP Go」
・スライド式で、画面の下にコントローラー部分が出てくる
・16GBのフラッシュメモリ搭載
・UMDドライブは非搭載になるもよう(未確定)
・Bluetooth対応
・画面の大きさは3.8インチ
・重量はPSP-3000よりも43%軽量

このあたりが大きな注目点でしょうか。もし本当にUMDドライブがなくなるとしたら、PSP Goに対応した新作はともかく、これまでのソフトはどのようにしてプレイするのか?というところがまず気になりますね。UMDソフトのデータをPSP Goに転送する周辺機器が出るのでは?という予想は、セーブデータならともかくゲームそのものに関しては不正コピーを招くこともあって現実的ではありません。また、PSP Go以降の新作ソフトはこれまでのPSP(1000~3000)でプレイできるのか?ということも。ダウンロードするにしてもメモリースティックの容量、転送速度、本体メモリーなどなど問題がありそうな気がします。

情報によると、既存のPSPと新たなPSP Goは置き換えを狙ったものではなく、ともに販売されていくことになるもよう。用途、ゲームに合わせてハードをチョイスすることになるのでしょうか。言わばひとつのメーカーが携帯ゲーム機を2種出しているような状態で、任天堂のGBA&DSの関係を思い出します。最初はGBA互換を実現していたDSですが、DSiからはそれが失われました。PSP Goは最初からその方向を選んだことになるのでしょうか。続報とともに、E3に注目です。

最も気になるのはいずれ出るであろう「モンハンポータブル3rd」が、何で出るかですけど(笑)。これまでのPSPユーザーも含めてドカンと売りたいのであれば、PSP Goはないと思いますけど……。しかし人々にPSP本体の購入を決意させるだけの力があった「モンハン」ですから……。

ゲームハード | 【2009-06-02(Tue) 00:54:32】 | Trackback:(0) | Comments(-)
我が家にPS3がやって来ました。


え~、そろそろ買ってもいい頃かな、と最近思っていたので、購入してみました。「ストIV」とか「バイオ5」とかやってみたいゲームも出てきたし。ん?カプコンばっかりなのは気のせいか?そういや筆者、Xbox 360を持っていました。つまりPS3がなくてもその2タイトルはプレイできます。しかしあんな故障率の高いハード、怖くて使えないぜ!最近ご無沙汰なので、電源入れたとたんに壊れてそうでね。

“我が家にPS3がやって来ました。”の続きを読む>>
ゲームハード | 【2009-05-06(Wed) 08:25:35】 | Trackback:(0) | Comments(-)
前のページ 次のページ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。