プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
CDが売れない原因ってのが、なんとなく見えてきたらしい。


音楽CDが売れなくなった!と叫ばれて久しい昨今……って、似たような書き出しの記事を前に何度か書いたような気もしますが。業界的には「ネットの違法ダウンロードのせいだ!」とし、そのテの関連サイトを怒ってみたり、動画サイトの投稿を削除させたり、CDをコピーコントロールにしてみたりといろいろやってきたわけですが、実はそれ以上にCDを売れなくしている原因があるようだ、ということがわかってきたようです。皮肉にも、CD「も」売ってるレンタル屋さんの影響がかなり大きいんだとか。そんなアンケート調査の結果が発表され、話題になっています。




CDが売れない本当の理由(マイナビニュース)

調査期間:2012/2/29~2012/3/4
アンケート対象:マイナビニュース会員 有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)
まずはCDを買うかどうかを聞いてみました。

Q.CDを購入しますか?
はい 38.4%
いいえ 61.6%

約4割の人が「CDを購入するよ」と答えてくれました。音楽業界にとってはウレシイ反応ですね。

では次にその頻度です。
Q.CDを購入する頻度を教えてください。1カ月に何枚ぐらいCDを購入しますか?

1枚未満(1カ月に1枚買わないときもある) 84.1%
1枚 5.2%
1~3枚 7.5%
4~5枚 1.8%
6~7枚 0.5%
8~10枚 0.3%
10枚以上 0.5%

これはちょっと痛い結果です。ほとんどの人が1カ月に1枚買うか買わないかです。例えば、あの小室さんが大活躍していた時代を振り返ってみると、CDの購入頻度はもう少し高かったような気がします。ではCDを購入しない理由は何でしょうか?

Q.なぜCDを購入しないか、その理由を教えてください。
インターネットショップ(itunesStoreなど)で購入するから 18.7%
レンタル店で借りるから 49.0%
音楽ソフトを購入しない 35.9%
そのほか 7.5%

衝撃の結果です。なぜCDを買わないかの理由で、CDを購入する代わりに「ネットショップで買っていますという人」は約19%しかいません。一番多いのは、「レンタル店で借りるから」が約半数。その次の理由、約36%が「音楽ソフトを購入しない」です。つまり「CDを購入しない」で、「借りる」、あるいは「買わない」のです。インターネットショップのおかげでCDが売れないのではないわけです。そもそも「音楽ソフトにお金を出す人」が減っているということではないでしょうか。事実、上の質問で「そのほか」を選んだ人の回答のうち、一番多かったの、約17%の人が「YouTubeなどで聞く」、「動画サイトで見られるから」などのお答えでした。この「そのほか」では「図書館で借りるから」という意見もありました。どうにも意気の上がらない調査結果ですが、世界は、音楽を買わない、音楽にはお金を出さない方向に動いているのでしょうか?



ほーらね。

記事の性質上なのか、臭いものにはフタなのか、違法ダウンロードについてはあえて触れていないところもあるのですが、その一部は「YouTube」「動画サイト」というあたりに多少は含まれているものと考えていいでしょう。そもそも、アンケートで堂々と「タダで手に入れているから」なんて返答をする人がいるとも思えないですし。なので、このアンケートによって「CDが売れなくなった原因」がすべて明かされたとは言えないのでしょうが、それでもやはりレンタルの影響は無視できないものになっていることがわかります。

そしてこれもあえて触れていないのかもしれませんが、中古販売の影響も。これは上の結果では「インターネットショップ」に含まれているものと考えられます。たとえば代表的なネットショップであるamazon。皆さん、CDを買う場合はタワーやHMVのオンラインショップよりは、圧倒的にamazonを利用するのではないでしょうか?他のものを探すついでに、欲しいCDがあったらポチッ。その際、定価に近い新品もあれば中古のマーケットプレイスもあるわけで、特にこだわりがなければ安い方を買うと思うんですよね。また、レンタル屋さんでもレンタル落ちの中古を売っていますから、それを利用する人もいるでしょう。パッケージに愛着がないのなら、一度パソコンに取り込めば不要になるCD自体は、中古でかまわない。ひどく傷付いているのでもなければ、中のデータは変わりませんからね。

筆者は常々、レンタルなどというものがなぜ商売として許されているのか理解できないと主張してきました。中古販売も同様です。他人の著作物で、なに勝手に利益を得てんのよというあたりがまったくわからない。もちろん今は法的に問題なく、レンタルや中古販売の売り上げが作り手に還元されていますけど、CD1枚売るのとレンタルでは、入るお金がまったく違ってきます。極端な話、レンタルでたくさん借りられても権利者としては、お金の面ではあんまり嬉しくない。もっとも、レンタルがなければ「買ってまで聴きたいほどでもない」という層が手に取ってくれなくなることも容易に想像できますから、アーティストや楽曲の知名度を上げるという点ではメリットになっているのかもしれない。でも個人的には、そうまでして知名度上げて聴いてもらう必要があるのかな、とも感じるのです。自分たちの音楽を「聴きたい人にだけ届けばいい作品」として発表するのか、「大衆に受け入れてほしい商品」として売るのかで、変わってくるのでしょうけどね。まあ、きれいごとを言っても音楽で食う以上、ある程度は売れなきゃ困るというのもわかります。

好きな人だけ聴いてくれればいい
 →そういう人はCDを買ってくれるが、数としてはそれほど捌けない

いろんな人に聴いてもらって、ヒットしてほしい
 →多くはレンタルで済ませたり、場合によってはネットなどでタダで聴く

結果的に、どっちも収益には大差がなかったりしてね。

だったらレンタルでもいいから、不特定多数に聴いてもらった方がいいのかなあ。それにしてもCD、本当に売れてないんですよ。業界では、現在アーティストの主な収入源はライブやコンサートだというのが定説になっています。さすがにコンサートはタダで見られませんからね。レンタルでもいいので多くの人に曲を聴いてもらって、気に入った人がコンサートに来てくれることでようやく「曲が売れた」と言えるんだとか。もちろん、それをDVDなど映像化してソフトとして売ることも考えているのです(それはそれで、また動画サイトなんかに違法アップロードされてしまうわけですが)。本当に好きならCDであれDVDであれ、ちゃんとパッケージを買うはずなんですけどね。

こういうことを書くと、レンタルやダウンロード(違法はもちろん、データ販売も含みます)で済ませている人からは「元がなんであれ聴いてる音楽自体は同じなのだから、そこに差は無い」「入手手段の違いによって、音楽そのものへの愛情に違いは生じない」さらに「場所を取るパッケージなんか買うヤツは情弱、データがいちばんスマート」「コスト(価格)にはパッケージやブックレットも含まれている、俺は音楽だけ欲しいんだ」などとトンチンカンな主張をされてしまうのですが、筆者に言わせればなにを言っているんだと。「レンタルやDLで安く済ませたい」「高いパッケージは不要、データのみを安く手に入れたい」なんてのは、自分のことしか考えていないじゃないですか。アーティストや権利者のことはまったく考えてない。そんなのでファンとかユーザーとか言えんの?ってことです。何度も言っていることですが、音楽にしてもゲームにしても、お金を払うということは作り手への投資なんですよ。次回作への期待も込めた、ね。それをできるだけ安く済まそうなんて輩が、「愛情に差はない」とか間違っても言っちゃダメでしょ。差は、ありますよ。

あえて言うなら、パッケージの新譜を正規価格で購入している人が、最も対象を愛してるってこと。レンタルで済ませた人が、対等に語るべきではありません。「注ぎ込んだ金額でユーザーに優劣をつけるなんてばかげてる」と反論されることも承知していますが、作品を支持するってのはそういうもんでしょう?我々が対価をきちんと払わないことには、次がないのですから。支持する作り手にまた楽しませてほしいと願うなら、投資をきちんとしないと。あ、もちろん、「支持する」とは言っても「オレが支えるんだ!」とか言って、中身が同じCDを何枚も買うのはまた、別の問題ね。アレは音楽を支持してるんじゃないので。まあ、そうして売れたCDがどうなるのかを見れば、売れすぎるのも困ったもんだなあ、と思わないでもないですが。

akbcd_gomi.jpg

これは一部で、みんながみんなこんなことしてるとはさすがに思わないですけどね。この画像自体もフェイクかもしれませんし。盗んだわけでなくきちんと買って投資はしてるわけで、あとは煮るなり焼くなり捨てるなりしても別にいいんじゃないでしょうか(それが愛情かと言われれば、返す言葉もありませんが)。少なくとも、違法ダウンロードよりはよっぽどマシなのは確実。

結局、音楽なんてひとつの娯楽でしかないわけですよ。あれば潤ったり癒されたり励まされたりしますが、なくても死ぬわけじゃない。そのぐらいのものだから、みんな必死に手に入れる気にはならない。安いものがあるなら、よほどお金に余裕のある人でもなければ、みんなそっちに行くんです。これは差別するわけではなく、世間的に中流~貧しいとされる人であれば無理もないことなんです。生活にそれほどゆとりはないけど、娯楽がないと寂しい。安く手に入るのであればありがたい……。もちろん理解できます。だから、レンタルや中古に流れるのは誰にも止められません。でも最低限、違法に無料で手に入れる……なんてのはやめようよと言うのは、いけないことなのでしょうか。だって誰も得しないんですよ?作り手には何も還元されないし、手に入れた側だってバレたら普通に捕まるんですから。犯罪だと認識してないあたりが、こわいんだよなあ。そもそも娯楽というのは生活に多少の余裕がある人が楽しむもの。余裕がない人は、働け!娯楽なんかに興じるなとは言わないから、それができる程度には働け!


余談ですが、先日「他の人が書いたゲーム音楽のレビューが読みたいな」なんてことを書きましたが、そんな感じのブログをたまたま見つけましてですね、わりと曲そのものに対していろいろ書いてあったんですよ。考察・分析というよりは感想寄りな内容ではありましたが、もともとレビューというものはそういうものかもしれません。で、そこまではいいのですが、記述の後ろに「その曲をタダで聴けるYouTubeへのリンク」が貼ってあるんですよ。いやいやいや……そんなことしたら、たとえレビューでどれだけいいこと言っててもダメでしょ?訪れた人がCDを買いたくなるようでなければ、そんなレビューは誰のためにもならんだろうと。曲を褒め、作曲者を讃えたところで、サントラCDが売れなくなるような行為は作り手にとってデメリットにしかなりません。アウトです。「訪れた人が、曲を聴きながら読めたら便利だろうな」という「良かれと思って」なのでしょうが、もし罪の大きさに気付いてないならやめてもらいたいですね。「それで気に入った人がCDを買うかもしれないじゃん!」と仰られるかもしれませんが、そんな人はいませんよ、いまどきね。音質もそれほど気にしない人が多いようですから、動画から音楽ファイルを抜き出して終わりでしょう。

ネットは確かに人々の生活を便利にはしましたけど、問題も多いですな。
関連記事
スポンサーサイト
音楽 | 【2012-06-11(Mon) 05:25:24】 | Trackback(-) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。