プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
エイプリルフール、ドラクエマップ出現に「笑えない」


PCやスマートフォンの普及により、誰もがWebサイトやブログを手軽に閲覧できるようになった現代。企業ホームページやサイト管理者は毎年4月1日、その場において粋なウソやジョークを提供するべく念入りな仕込みを行います。いわゆるエイプリルフールのイベントです。特にゲーム関係では顕著ですね。ありもしない、ファンがニヤリとするようなウソ作品やニセプロジェクトを年に一度のネタとして披露し、ユーザーはわかったうえで楽しむという関係が定番となりました。ゲームファンにとっては、かつてのアイレムのHPなんかは馴染み深いのではないでしょうか。

今年も、もろもろの「ネタ」が各所で話題となっていますが、さすがにgoogleは半端じゃありませんでした。なんと、グーグルマップがドラクエ化してしまったのです。ドラクエファンなら思わず笑ってしまいそうな動画まで用意する凝りようで、今年最大のエイプリルフールネタとして盛り上がっています。

エイプリルフールでGoogleマップがドラクエ風になってるwwww
(俺的ゲーム速報@刃)

ただひとり、これを歓迎できない方がいらっしゃったようです。

hirabou_waraen.jpg

ゲームアナリスト、平林久和さんです。




文筆業を生業としている方にしては微妙な日本語なのはまあ、このさい触れませんが(触れてますが)、要約すると「調子こいてる米国企業"グーグル"けしからん、伝統ある日本のゲームをコケにしてる」とお怒りの様子。さらに「スクエニや任天堂、すぎやまこういちに許可とったんか」と権利侵害の可能性も臭わせています。確かにメリケンならノリでやってしまいそうなことではあるものの、そこは権利に厳しい米国企業。事前の仕込みにぬかりはありません。マップ画面の右下にはしっかり「SQUARE ENIX」とコピーライト表記してありますし、動画のタイトルを模した場面にも、

dqmap_douga.jpg

dqmap_douga_copy.jpg

きっちりコピーライト表記。

もっとも、コピーライト表記は権利主に許可を得ようが得まいが入れることはできてしまいますので、これすらもエイプリルフールのノリであることはあり得ます。「4月バカなんだから笑って許してね」と。つまり、これだけでは平林氏の「許諾を得たのか」という疑問に対する明確な答えにはなっていません。ところが、

googlemap_dqpara.jpg
ドラクエ公式サイトでもこのエイプリルフールネタを全面的に支持し、ノリノリでアピールしているのです。ここまできたら、もうスクエニ公認ではないと主張する方が難しい。すぎやま先生やら堀井氏やら各方面の許諾が必要なら、あとはこれに乗っかった(許諾した)メーカー側=スクエニで処理すべきことですから、グーグルを責めることに意味はないでしょう。「米国企業による侮辱」なんてのはもう、被害妄想か誹謗中傷でしかなく、訴えられても文句は言えないレベル。ちょいと調べれば許諾・非許諾かはわかるのにそれをせず、「許諾得たのか」なんてツイートしちゃう人がアナリストを名乗り、ゲーム業界の御意見番ヅラ……その分析(文責)は信用に足るものなの?

で、「スクエニ公認」という事実を教えられ、

hirabou_thanks.jpg
「ご指摘感謝」としながらも、

hirabou_demo.jpg
「笑えない」とバッサリ。その理由として、

hirabou_kajyou.jpg
「ファミコンとドラクエの"血"をファッキンメリケンに汚された」みたいなことを挙げています。愛しすぎて……というやつなのでしょうか、ご自分でも「過剰反応」と自覚しつつ、リアルタイムにファミコンのドラクエを見守り愛してきた自分には受け入れられないと、その心情を吐露しています。うーん、私もファミコンドラクエはド真ん中でリアルタイム世代なんですが、受け入れてしまいました。平林氏に言わせれば私は「同じドラクエファンとは認められない、軽蔑すべき人種」ということになりますか?

同じ世代、同じくドラクエを愛してきた人でも、いくつかの分類ができると思うんですよ。ひとつは、ファンというよりはあまり良くない意味での「信者」に近く、このテのパロディをいっさい認められないタイプ。ふたつめは、好きなものが悪意なく取り上げられた際に、それを笑える・喜べる寛容なタイプ。みっつめはどちらでもない、別に関心を持たないタイプ。受け取り方は人それぞれということになろうかと思われますが、とりあえず平林氏は怒りの矛先をグーグルに向けるのではなく、それに乗っかったスクエニに向けるべきでしょう。私らよりはそれが現実的に可能なお立場におられるわけですから、スクエニに面と向かって「なんであんなバカな企画に乗ったんですか?笑えないんですよ。ドラクエを穢すのはやめていただきたい。だからアンタんところは最近ダメなんですよ」とぶちかまして下さい。

で、この記事は何かっつーと、過剰反応に対して過剰反応してみただけのものであり、それ以外の意図はありません。平林氏がドラクエマップを見て反射的にしてしまった過剰反応というやつを、平林氏のツイートを見た私が同様に過剰反応してみました、というだけ。さらに言えば平林氏のこの過剰反応こそが彼なりのエイプリルフールネタなのかもしれませんし、私が書いた記事もエイプリルフールネタなのかもしれません。この文章に私の本意なんてカケラもないのです。便利ですね、エイプリルフールって。

 
関連記事
スポンサーサイト
本当に雑記 | 【2012-04-01(Sun) 21:52:36】 | Trackback(-) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。