プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
発売1周年。3DSというハードの印象を、自分勝手に語ってみる。

いわっちキター!

もう1ヶ月ぐらい前のことですが。えっえっ、オレどこかで岩田社長とすれ違ったの?!と、その日の自分の足取りを振り返ってみたものの、新宿・渋谷・六本木ぐらいにしか行ってない。そもそも社長は京都にいるのでは?それでよくよく見てみれば、「いつの間に通信」ってヤツのしわざらしいんですよ。直接すれ違ったわけではないんですね。数日後には、Miiになっても暑苦しい松岡修造氏もやってきた。ぶっちゃけ、個人的には松岡さんは直接すれ違う機会があると言えばあるんですが、こちらも「いつの間に通信」によるもの。で、すれ違い広場の「お祝い」項目には「10体のスペシャルMiiとすれ違った」みたいな項目もあるので、今後もいろいろな有名人のMiiが来るんでしょう。

さて、やって来た岩田社長が何を言うかと思えば、

3ds_surechi_iwata2.jpg

そうかー、3DSが発売されて1周年になりますか。個人的には「スーパーマリオ3Dランド」の発売とともに購入させていただきましたので、実質的にはオーナーになって4ヶ月ちょいなんですけども、ここは一緒に1周年を祝おうと思い、3DSというハードの印象や、プレイしたゲームについて語りたいと思います。




3DSが発売してからすぐは、裸眼立体視の検証が世間的にもあまり進んでいなかったこともあり、ハードそのものがいろいろ叩かれたりもしました。また、これといったロンチタイトルが揃わなかったこともあり、はっきり言って3DSはスタートダッシュで大コケしてしまったのです。当ブログでもたびたび、購入していない者としての意見を勝手気ままな記事にしてまいりました。

NINTENDO 3DS発売まで約1ヶ月。あなたは買う?買わない?

3DSはどうなっていくのか。

ハードが伸び悩めば、どんなタイトルを投入したところでパイは限られていますから、ヒットが出るはずもありません。ハードもソフトも売れない……そんな状況で、任天堂はとにかく下地を作らなければならない、パイを広げなければならないと、本体の値下げを決断します。

3DS、値下げ。新価格15000円に。

発売開始時に25000円だった本体価格を1万円下げ、15000円に改定して投げ売り。25000円の頃に買ってしまったユーザーからは当然文句が出たわけですが、それを補填する意味でのゲームプレゼントを実施することで、そこまで大きな騒ぎにはなりませんでした。好意的に受け止め任天堂を評価する者がいれば、「ファミコンやらGBAのゲームもらっても納得できるか!」という人もいましたが、とにかく現在に至るまで3DSの価格は15000円ということで継続されています。これは、任天堂にとっては1台売るたびに5000円の赤字が出る設定だそうで、いかに切羽詰っていたかがわかります。しかしこのおかげで3DS本体はジワジワと売れ始め、普及すると製造コストは徐々に下がっていくものですから、今はそこまでの赤字にはなっていないのかもしれません。

そして2011年11月3日、待望の「マリオ」発売。ロンチでこれを出していれば……という声もあったものの、筆者もこのタイミングでついに3DSを購入。世間的にもこれをきっかけに、本体はかなり売れたようです。


3DS「スーパーマリオ3Dランド」発売。

さらなる追い風として、12月1日に「マリオカート7」が発売。さらに、カプコンがPS陣営を見限り3DSで「モンスターハンター3G」を12月10日に発売しました。「モンハン」は発売直後から品薄になり、売り上げを伸ばして早々にミリオン出荷を達成します。


3DS「モンハン3G」発売!しかし井上聡サンは体験版をやらず。

「MH3G」出荷100万本達成、「FFXIII-2」は53万本消化。

3本のキラータイトルを得て、年末・年始商戦で3DSは順当に数を伸ばしたものと思われます。年が明けると一部に「NEWラブプラス」がヒットしたものの、なんとなく沈静化した感が出てきました。それもそのはず、「モンハン」は一度買ってしまうとそればかりプレイしてしまい他のソフトを買わなくなる、他のメーカーにとっては「魔のソフト」。ある意味、メーカー殺しの「キラーソフト」ですな……。いまだ、すれ違いのモンハン率は凄まじいものがあります。「マリオ」2タイトルと「モンハン」で一定の下地は築いた3DS、ここからが勝負といったところでしょうか。ライバルのPS Vitaが勝手にコケてくれたため今のところは障害になり得ず、真の競争相手はスマホとなりますかね。

国内における累計販売台数が500万台を越えた3DS、これはパイとして充分な数字なのでしょうか。実は、最も売れた「マリオカート7」が、150万本を越えたぐらい。「スーパーマリオ3Dランド」で140万本、「モンハン3G」で120万本です。ミリオン突破したのはこれら3タイトルのみで、3DSソフトとしては最大のヒットと言って良いでしょう。しかし、例えばDSの「Newスーパーマリオブラザーズ」は600万本を越えており、それを捌く下地となったDS本体の出荷数は3000万台以上。PSPの「モンハン3rd」は450万本を売っており、下地であるPSPの販売台数は1800万代以上です。ハード台数とソフトの販売数から言えば「モンハン」がもの凄いキラーっぷりであることは間違いありませんが、最も売り上げを見込めるはずの「スーパーマリオ」最新作が140万本では、3DSのパイはまだまだであると言わざるを得ないでしょう。逆に言えば、「マリオ」はハードが続く限りジワジワと売れ続いていくこともじゅうぶんに予想され、そのうち「やっぱりマリオは強かった」ということを証明してくれるのかもしれません。「モンハン4」も3DSでの発売が決まっていますから、そこでももうひと盛り上がりあるでしょうね。


というところで、3DSのオーナーとなって約4ヶ月、その印象を述べてみます。

・電池もたなすぎ。

これは購入したユーザーが必ず抱くものですが、やっぱり電池のもちは厳しいですね。2画面表示だからしかたないとしても、DSの頃はもっと長かったと思うんですよ。3D表示が関係しているのか?とも思ったのですが、多少の差はあれどあんまり関係ないらしい。そもそも筆者は3D表示は切ってますのでね。もうひとつの要因としては、ワイヤレス通信機能が電池をかなり喰っているようだ、ということ。ゲームをプレイしていなくても、すれ違い状態にしてウロウロしているだけで、気付けば赤いランプがピカピカ。なんか、しょっちゅう充電してる気がします。スマホの比ではないぐらいの電力喰いで、まったくもってエコではありません。だいたい、岩田社長は以前、ゲーム機の電池のもちについてこう言っていたではないですか。

「どうやってケチケチにパワーバランスを取るかだが、ゲームにおいては、やはり10時間~20時間はバッテリーが持たないと、ゲーム機としては全く意味がないと思う」
「いろんな機能をつけ、その結果、値段が高くなりました、大きくなりました、電池がもたなくなりました、というのは違うだろうと考えています」


3DSがまさにそれ。どうしてこうなった?


・3Dに見えない。

実は筆者、いまだに3DSの3D表示にピンとこない者でして……。これは個人差があると思うんですが、購入して最初に3Dの調整があるじゃないですか。もうそこで、「ん?なにが3D?」と思ってしまったんです。実際に「マリオ」をやり始めてもダメで、ボヤケるだけという印象。これは「マリオカート」もそうですし、体験版でやってみた他のゲームでも「おおっ」と思わされるものに出会ったことはついに今までありません。かつて高橋名人が、左右の視力に差があって立体的に見えない……みたいなことを言っておられましたが、筆者の視力は1.5/1.0なんですよ。先日、人間ドックで測ったばかりの数値です。古くからゲームをやり続け、仕事でも常にPC画面を見ている成人男性の視力としては良い数値でしょうし、左右の差だって0.5です。その程度で、裸眼立体視というものは正しく見えなくなるものなんでしょうか。これについては「自分の眼が悪いんだなあ」と諦めていたのですが、ある日、決してそうではないことを知ります。

一部の家電メーカーは自社の工場や営業所にデモを置いているものですが、あるとき某所のパナソニックに行った際、入り口に謎のオブジェがあったんですよ。「これは新型の掃除ロボット?」と思って真上から見ると、突然目の前にゴルフボールが現れたのです!あとで調べるとこれは「イリュージョンスコープ」とか「3Dマジックスコープ」と呼ばれる類のもの。横から見ると何もないのですが、「なんじゃこれ?」と上から見ると、そこにポコッと、まるでそこにあるかのような質感を伴った物体が浮き上がる。やったぁ~、自分の眼は裸眼立体視に対応できてた!と確信すると同時に、「じゃあなんで3DSはダメなの?」と。イリュージョンスコープとは当然いろいろと仕組みが違うんでしょうけど、人によってその面白さを享受できる・できないの差がある機能は、個人的にはゲーム機にはいらないなあ……と思うのです。何度かトライして立体に見える方法を探りましたが、やっぱり自分には合ってないようで、3Dはオフにして3DSを使ってます。もちろん、人によって3D表示を絶賛していることは知ってますし、身近で3DSを持っている人の中には「ちゃんと見えるけど?」という人もおりますので、あくまで個人的感想ということで御理解下さい。同時に、3DSの立体表示に対して「うわっ、気持ち悪っ」と述べた人も少なからず知ってますが……。


・HOMEボタンが押しにくい。

これはセレクトやスタートもそうなんですが、特にHOMEボタンは位置の問題もあり、また頻繁に押すこともあって特に「押しにくい」と感じます。壊れそうだし……。普通のボタンではダメだったの?


・すれ違いは面白い。

DSと違い、ゲームプレイ中もすれ違える新しい「すれ違い通信」は面白い機能。ゲームとの連動もあり、また一度プレイしたソフトは設定を「すれ違い通信をする」にしておけばそれは本体に記憶されているらしく、違うゲームをプレイしていてもデータのやり取りが発生するというのもマル。例えば、「スーパーマリオ3Dランド」をプレイし「すれ違い通信をする」という設定にしておけば、ソフトを「マリオカート7」に差し替えてそれをプレイしていても、「スーパーマリオ3Dランド」のデータ交換が行われます(もちろん、いまプレイしているマリオカートの通信も行われる)。差してるゲームソフトのみ、しかもゲームプレイ中はすれ違えなかったDSと比べると、凄い進化です。

ゲームソフトがなくとも、「すれ違い広場」で遊べる「ピース集め」やプチRPG風味の「すれ違い伝説」も、プリインストールゲームとして楽しめます。じっくりやり込むタイプのものではなくあくまで「オマケ」ですが、それなりに遊べるようになっているのはさすがに任天堂といったところ。帽子を集めるべく、いまだにやってます。現在のMiiの人数は868人で、10回以上すれ違った人もだいぶ増えました。一方で「お祝いリスト」や「すれ違いマップ」はハードルがかなり高く、「これ達成できんの?」という項目がかなりあり、コンプリートには一生かかりそうです。「お祝いリスト」の達成は42/75で、「すれ違いマップ」は国内27地域、国外に至っては1地域(アメリカ)のみ。ムリだろこれ。ましてニートやヒッキーにしてみれば、まったく埋まるわけがないという。

あと、Miiをあまりに自分そっくりにしてしまうと、たとえば電車の中とかですれ違ったばかりの人に面が割れる可能性があるので注意しましょう(笑)。プリインストールのものについてはもうひとつ、「顔シューティング」もばかばかしくて良いです。知人の顔を撮ってゲラゲラ笑うもよし、嫌いな上司の顔でストレス発散もよし。上司の写真を撮るのは難しいという人は、社員名簿の写真などを撮っちゃいましょう。ただし、3D写真が手軽に撮れるという内蔵カメラですが、筆者はそもそも3Dがちゃんと見えないので、ただのボケた写真にしか見えません。

それでは、プレイしたゲームについて少々。


・スーパーマリオ3Dランド

「マリオカート7」が出るまでの1ヶ月弱で、最後のスペシャルステージまでクリア済み。DSの「Newスーパーマリオ」を1日でクリアしたことを考えれば、かなりかかったと言えます。最大の敵はモンスターよりも地形よりも、やはり3D。プレイ当初はブロックを真下から叩くのにさえ手こずりましたし、ジャンプの着地点が定まらないまま落下死、ということも何度あったことやら。3D表示をオンにしておくとかなり遊び易いらしいのですが、筆者は前述のような理由から3Dはオフにしてましたので、その恩恵は受けられず。そういうところで有利・不利が出るゲームデザインはどうなのかな~、と思ったりも。それでもかなり遊ばせてもらいましたし、モトは取れましたね。タイムアタックにはあんまり興味がなかったのですが、すれ違いで自分より早い記録が来ちゃうとムキになって更新したりも……。

・マリオカート7

全ステージで星2つまで。50ccと100ccはすべて星3なんですが、150ccとミラーの一部コースで星3つにならず。すれ違いで全て星3のプレイヤーデータがチラホラ来るのですが、自分にはちょいと無理っぽいです。トゲゾーこうらはあいかわらず、ムカつきますね(笑)。キノコがあれば回避できるのですが、なかなかそうもいかず。純粋に走りで勝負せんかい!と思わないでもないですが、そもそも「マリオカート」の本質はレースゲームではなくパーティゲーム。アイテムをなくしてしまったら、それは「マリオカート」ではなくなってしまいます。運の要素もあり、決して上手ではない人でも勝てることがあるから面白い、売れる……のだと思います。初心者が入りにくいのではダメなんですよね。

……これだけ。

2タイトルだけなんですよ、今まで購入したのは。あとは体験版ばかりですね。本体を購入してから、もちろんいろいろ検討はしたんですよ。でも、なかなかソフト購入に至らず。「これやりたい!」という気にさせてくれるものがなかったんですよ。たまたま年末年始の超多忙時を挟んだこともあり、また年が明けてもあまり仕事に暇ができないこともあり、新作ゲームを買う必要がなかったこともあります。「DOA」は体験版で「ふーむ?」という感じでしたし、「モンハン3G」は体験版はプレイしたものの、ワゴンになったら買ってやるって言ってんのにワゴンにならないから買わず。「シアトリズムFF」については体験版をプレイし、はっきり言って「これだったらサントラで良くね?」と思ってしまいましたし、でもヒマ潰しにはなりそうだから買ってもいいかなと思った矢先、ソフト発売と同時のDLC配信でその気が失せてしまい。他にもいろいろと体験版で落とせるものは落としてプレイしてみても、良い印象に繋がるものがなく……。あ、「バイオハザード リベレーションズ」は買いますわ。体験版を最後まで(と言ってもかなり短いですけど)プレイした感じ、初代「バイオ」に通じる雰囲気を感じましたので。地味にヒットとなり品薄が続く「戦乱カグラ」はねえ……。売れてるからどんなもんかと思ったんですけど、キャラ萌えがないと厳しいかもですねえ。えっ、「NEWラブプラス」?あのカレシたちの仲間にはなりたくないです。なんかバグってるらしいし。3DSでパッチ出せるんですか?

そんなこんなで、そろそろ何か新しいソフトが買いたい筆者。皆さんのオススメは何でしょうか?えっ、Vita?いま、本体60万台ぐらいですか。えっ、そんなにいってない?いちばん売れたソフトでも10万本いってないって?……大丈夫か、Vita。3DSみたいに値下げしないとマズいんじゃないですか?


2012年3月22日発売、新色コバルトブルー!



なんでもいいからカノジョが欲しいひとにオススメ。
関連記事
スポンサーサイト
ゲームハード | 【2012-03-14(Wed) 04:31:41】 | Trackback(-) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。