プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「FFXIII-2」をざっくりまとめ。


はい、フラグメントコンプまでやっちゃいました。

前作「FF XIII」がユーザーから、ナンバリング史上最低と言っても良い評価を突き付けられたことは記憶に新しく、「XIII」をプレイしていない方も御存知のことでしょう。にも関わらず、その続編「XIII-2」が出ると聞いたときは我が耳を疑ったものです。「FF X」のときにも「FF X-2」ってのが出ましたが、その時と同じ北瀬P・鳥山Dということでは妙に納得できます。というか、高いコストと長い開発期間を費やして作り上げたもろもろを、一作限りで終わらせるのは企業としてそろそろ厳しいってことなんですよね。公式には「ユーザーから続編を望む声をたくさんいただいた」というコメントになっていますが、最初からそのつもりだったんだよね?と、そろそろユーザーも思い始めています。

国内で約190万本の売り上げとなった「FF XIII」ですが、前述の通り散々な評価であったため、シリーズから離れた(斬り捨てた、見限った)ユーザーも少なくないはずで、「XIII-2」はかなりのハンデを背負っての発売となりました。190万のうち、ゲームなり世界観なり何かを気に入り、続きを見たいと望んだ人しか手に取らないわけです。爆死もあり得ると予想していましたが、現時点で国内80万本弱の実績。今後、ここから大きく動くことはないと思われますが、思っていたより売れたなあという印象です。「FFファンは寛容だなあ」と思うのと同時に自分もまたそのうちの一人であり、「こういうのがそこそこ売れるから業界はダメになる」「ユーザーがメーカーを甘やかしてる」と言われても否定できないところです。すいません。しかし、現時点で「FF XIII」と「FF XIII-2」が、国内PS3ソフト市場でワンツーなんですよ。さすがは「FF」と言うべきなのか、その他大勢に元気がなさすぎるのか……。音楽CDと同様、ゲームも売れてません。据え置き機はもうダメなのか?ぜ~んぶ「もしもしゲー」に持ってかれたのか?売れないのですから、一度作った素材で2つでも3つでも作りたい……「FF」のような高コスト作品ならなおさらです。

そんな状態で、さらにお金を回収するにはどうするか……。そう、悪名高いDLCですね。




「FINAL FANTASY XIII-2」セラ/ノエルの追加コスチューム第2弾は2月21日に配信。2月28日にはサッズが主人公の追加エピソードが登場
(4Gamer.net)

今回配信されるのは、セラ/ノエルの追加コスチューム第2弾と、「FINAL FANTASY XIII」に登場したキャラクター サッズが主人公の追加エピソード「表か裏か」だ。配信日は、追加コスチュームは2月21日で各キャラクターのものがそれぞれ300円(税込)/240マイクロソフトポイント、追加エピソードは2月28日の配信で600円(税込)/400マイクロソフトポイントとなる。追加エピソード「表か裏か」では、本作のストーリーの裏でサッズが遭遇したエピソードが描かれているほか、「クロノバインド」「ザナドゥポーカー」という2つのカードゲームが実装される。なお、このエピソードをクリアすることで、サッズを仲間にできるとのことなのでお見逃しなく。

おせーよDLC。

DLC商法はまさに「もしもしゲー」からヒントを得たものと言えます。追加コンテンツを有料にすることで、ソフトの値段だけでなくプラスアルファの収益を生み出すのです。ある意味ではデータのバラ売りと言え、古くからのゲームユーザーを中心に賛否両論となっていることは御存知の通り。ひとつひとつは数百円単位なのでついつい気軽にお金を落としてしまいがちですが、それ全部合算したら、ソフトの値段いくらよ?ということに。つーか、「XIII-2」の場合、リリースのタイミングが明らかに遅いんですよ。5月ぐらいまで配信は続けるとのことですが、幸いにも「XIII」の何かを気に入って「XIII-2」を購入した人の多くは、ほとんどゲームをクリアしているはず。コンプまでやり込んだ人も珍しくないでしょう。そうなると、もうやることがない。倒せない敵もいない。なのに今さら仲間キャラが増えたところで、有効利用できないんです。期間限定で無料配信されたオメガにせよ、少し前にオープンとなったライトニング&アモダ曹長にせよ、仲間にしたとしてもたいして強くもない。ライトニングなんかはせいぜい、「バトル画面におけるパーティの見た目が、人間キャラ3人になる」「ライトニングのボイスが聞ける」ぐらいのもので、あまりメリットはないんです。早熟型なのでレベル13ぐらいで成長が止まりますし、ステータスも特別高くはない。扱いはあくまで「仲間モンスター」なので、多くのユーザーが期待した「ライトニングが帰ってきた!」というものとは程遠い。今後も「FF」シリーズのモンスターが配信されコロシアムで戦えるとのことですが、その中に「DLCモンスターを仲間にしていないととても太刀打ちできない敵」とかを入れておかないと、ただのオマケにしかなりません。

sela_resortstyle.jpg

また、コスチュームもDLCとしては定番のアイテムですが、遅いですよね。今さらどんなコスチュームが配信されたところで……せいぜい、ゲーム画面でちょこっと確認して「ほうほう」ぐらいのもの。もっと早いタイミング、普通にゲームを進めるうえでコスチュームもいろいろ替えられるぐらいじゃないと。やっと水着が配信されて、公式テスター・AKB大島優子デザインのコスチュームなんていつになることやら……。そこに期待しているユーザーがどれだけいるかは謎ですが。そういう話題作りが必要というか、AKBに頼らざるを得ないという事情にも「FFヲワタ?」と感じてしまう人は少なくないのでは。


ということで、一応プレイした感想なども。筆者は当初、本作を「使い回しゲー」と想像していて、それは事実でもあるのですが(モンスターなど)、思ったよりも使い回していませんでした。「X-2」のように、前作のロケーションを再利用するのだろうと考えていましたが、マップはほぼ一新。前作で「一本道」と言われ非難されまくったことから、そこについてはヤケになったかのように手を入れています。マップは広くなり、分岐もあり、高低差のある立体マップとなっている場所も多く、探索したいという欲求は満たしてくれるでしょう。ジャンプというアクション要素もあり、それを利用して進むところも多々あります。賛否あったシンボルエンカウント(最初からマップ上に敵が見えている)も改変され、シンボルエンカウントとランダムエンカウントの間に位置するようなシステムになりました。マップ上には敵が見えていませんが、探索していると周囲に敵が出現。ただし問答無用でバトル突入ではなく、シンボルに触れる、もしくは一定時間経過でバトルとなります(一定時間内に距離をとれば回避も可能)。どのように敵に接触するかで、有利な先制攻撃でスタートすることも狙って行えます。

バトルそのものは、前作でも比較的好評だったこともあり、基本的にはシステムを継承。前作をプレイした人であれば、戸惑うことなくプレイできるでしょう。ご新規さんも(あまりいないでしょうが)、基本的にはボタン連打だけで勝てる親切仕様。パラダイムシフトを活用して戦略的かつ迅速に戦うもよし、力押しもよし。キツいと感じたら、バトル難易度はいつでも変更可能、かつリスタートも可(特定条件下ではリスタート不可)。バトルに不可欠な仲間モンスターは膨大な数が用意されており、どのモンスターが強いかということも含めてコレクション欲を刺激します。一方、特に強いモンスターを仲間にしてしまえば他は不要というバランスにもなっており、育成に必要なアイテムを集める手間と時間を考えると、集めて終わりということにもなりがちかも。

160ある収集要素「フラグメント」は、プレイしていれば自動的に手に入るものから厄介な手間を要するものまでさまざま。個人的に最後まで残ったのはカジノのラッキーコインで、スロットの面白さがまったく理解できなかったため、コントローラーのボタンを固定して勝手に回し続けることで獲得しました(カジノのメダルはギルで購入)。「ラッキーコインだけどうしても出ないよ~」という人はけっこういると思うのですが、それなりのメダルを用意したうえでスロットをやり、コントローラーのL1をテープなどで押しっぱなしにして放置すると良いです。気休めですが、マシンの調子が絶好調のときにやるといいかも。ラッキーコインは大当たりの「ジャラジャラジャラ~」のときにしか出ないと思い込みがちですが、筆者の場合はなんでもない小当たりで出ました。チョコボだかモーグリだかは忘れましたが、いきなり画面がブラックアウトしてセラとノエルの会話イベントが始まったのです。

さて、RPG、とりわけ「FF」ではお話の内容にも注目が集まるわけですが、ネットでユーザーによる感想を見たことがある方もおられるでしょう。大半が本作のストーリーに対する不満を露わにしており、特にエンディングへの非難が集中。筆者の場合はいろいろやり込んだうえで最初のエンディングを迎えたため、その時点でのプレイ時間は50時間を超えていたと思いますが、それだけの時間を費やしてこんなエンディングが見たかったんじゃねーよ!と感じました。ストーリーというものは必ずしもハッピーエンドでなくても良いとは思いますが、今回のはいくらなんでもヒドい。内容もさることながら「完結していない」「こりゃXIII-3もあり得る」とまで言われており、もしもこれを補完するようなDLCが出るのならさらに叩かれることは必至です。他の仲間のエピソードやサイドストーリーについてはDLCや小説といった形で展開できれば、という趣旨の発言も鳥山ディレクターはしていましたが、それはゲームそのものを未完成な状態で売ったとも言えるわけで、いかがなものかと言わざるを得ません。

フラグメントをすべて集めると見られるシークレットエンディング、これなら納得いかない部分を補完してくれるのでは?と期待して頑張ったわけですが、これも見てしまえば「はあ?」というもの。いくつか用意されている「パラドクスエンディング」にしてもお遊びでしかなく、「マルチエンディングです」と胸を張るようなもんではありません。「クロノトリガー」の方がぜんぜんマシです。鳥山ディレクターがシナリオから離れたものの、これだったら「XIII」の方がマシだったよと言われても仕方ないストーリー。どう考えてもこれから何かが起こりそうな衝撃のエンディングはむしろオープニングに等しく、さらに誰も幸せになりそうもないため、「ゲームをクリアしたぞ~」という達成感もない。そして最後に表示される「to be continued」。なんなんだこりゃあ~。

どうしてこのチームは(というか、もはや"スクエニというメーカーは"と言ってもいい)、全部が褒められるゲームを出せないかな?前作は「バトルはいいのに1本道」とか、「良いのは音楽だけ」とか、「技術は凄いのに内容は糞」とか、「世界観やキャラクターはよく出来てるのにシステムが……」とか言われたわけですが、今回は前作に対してユーザーが感じた不満を改善したうえで(事実、発売直後はわりと好評でした)、最終的にストーリーがダメでしたというものになってしまいました。個人的感想であることは否定しませんが、大多数がストーリーやエンディングに対し不満を抱いているのですから、やはりダメなんでしょう。なんか、「エヴァシリーズ……完成していたの?」→「わた~し~にか~え~り~なさい~」を思い出してしまいました。完結していると思い込んで見てたら「つづく」。半年後に「XIII-3」発表!とかなったら、今度は30万本ぐらいってとこですね。さらに開き直って「ソフトは無料DL、エンディングまで到達するには複数の有料DLC必須」とか、「ソフトにはエピソード1しか入っておりません。残りはDLC」なんてことも。あり得なくないぞ~、今後は。

あ、音楽についてはそのうちあらためて「サントラレビュー」します。

DLC、音楽ということでついでに記しておきますと、「シアトリズムファイナルファンタジー」が発売となったわけですが、筆者は体験版のみプレイしました。いわゆる「FF音ゲー」なんですが、うーん、どうなんだろう。ヒマ潰しにやるぐらいなら良いんですが、ゲーム中の音楽はすべて原作バージョンなんですよね。メニュー画面とか一部にアレンジはあるんですが、ゲームとしてプレイできるのは既存のゲームなりサントラなりで聴けるもの。もしもこのゲームのサントラが出たら、単なる既存音源の寄せ集めになりそうなんで、たぶん出ないでしょう。考えようによっては、サントラを聞き込んでいるようなファンであればあるほど、微妙なゲームなんですよね。かつ、自分でMIDIとかDTMとかやっていると、かなり簡単に感じるはずです。筆者の場合、体験版を初見でフルチェイン・S評価が出せてしまうほど。もっとも譜面が難しくなればなるほど手強くなるとはいえ、「やり込む」ほどのものでもないような。筆者のような者(FF音楽ファン)に向けたゲームのようでいて、実はそういったファンほどあまり楽しめなさそうに感じてしまいました。体験版をやった限り、ではありますが……。むしろ、過去に「FF」シリーズをやっていて、でもサントラを買うほどではなく、流れる曲に「あったあったこの曲!覚えてるわ懐かしい~」と思えるぐらいの人の方が楽しめそう。

それよりなにより、DLCですよね。楽曲を50曲ほどDLCで配信する用意があるとのことなんですが、1曲150円として全部集めたらいくらになるの……?フルプライスのソフト+有料DLC、さて「シアトリズムFF」、おいくらですかあ?まあ、思い入れのない曲は買わなきゃいいんですけど、ソフトの発売日すぐに8曲のDLCが配信されてるって、どうなんすかソレは。最初から入れといてよ……。つか、お金出して音楽を買うんなら、それこそサントラでいいんですけど。

さて、「シアトリズム」は歴代シリーズの関係者にも贈ったそうで、スクウェア古参のクリエイターにもプレイしてもらってるそう。「FF音楽の父」、植松サンも本作についてつぶやいています。



「悪くないです」……素直に「良いです」と言わないあたりは、謙遜でしょうね。自分で作った曲たちが大半ですから、開発当時の思い出が蘇ってウルウルするのはわかります。でも、はたしてユーザーが一緒に泣けるのでしょうか?とりあえず買ってみようと思っておられる方は、体験版をプレイしてみて下さいね。

3DS 『シアトリズム ファイナルファンタジー』 が大人気!量販店で開店直後に売り切れ
(俺的ゲーム速報@刃)

えっ…売れてんだ……。

 
関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2012-02-16(Thu) 22:25:32】 | Trackback(-) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。