プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
伊集院光がソーシャルゲームについて「コンシューマ業界は耐えて」
伊集院光「ゲーム業界はソーシャルゲームに耐えて」

携帯電話やらスマートフォンの回線を使ってネットワークゲームが遊べるのはいいんだけど、引っかかるのが攻略にお金が絡んでいるということ。所謂アイテム課金やパラメータ課金。引っかかるというのはあくまでも僕個人の意見だし、引っかからない人は納得した上でお金を払っているんだから、それはそれでいいと思う。強い主張を言わせてもらうなら、僕はアイテム課金は嫌いです。

しかもゲーム会社のエライ人たちが「無料で遊ぶ人にゲームを広めてもらって、つい課金をしたくなるようなアプローチをたくさん盛り込んで、ユーザーのほんの数%が月に万単位のお金を使うのが理想」なんて、公式の場で発言するのはどうなんだと。ビジネスとしては正しいとおもうが。

この手のゲームを遊ぶ人達は従来の家庭用ゲームを遊んでいる人とは別の層だと思う。だから従来のコンシューマーゲームを作ってる人達は、そこを信じてひと踏ん張りしてほしい。このご時勢、どの会社も儲かる方になびくのは当然でしょう。会社から作れとも言われてるでしょう。そこをなんとか踏ん張って、あれとは別のスタンスでいてほしい

これからはあくまでも僕の予測です。僕の予測はよく外れますし、個人的希望も混じってるのでなおさら外れます。エライ人の方が当たるでしょう。近い将来、ソーシャルにハマッた人の一部から「ついついお金を注ぎ込んだけど何にも残らなかった」とか「無料だけどつまらなかった」なんて評価が出始めると思う。このときに、世の中(の人々)は家庭用機とソーシャルを分けて考えたりしないで、「ゲームはもういい」とか「ゲームなんてつまらない」となるんじゃないかなと。

その時に、家庭用機がそっち側になびいていたら凄く危険なんじゃないかと。課金は既に家庭用機にも侵食してきてるんだし。「ビジネス的に」「儲かるから」「不景気だから」ではなく「そうした方がより面白くなる」なら良いんですが。心配性で被害妄想の強いおっさんは凄く不安なんです。楽しいゲームがいっぱい遊べる未来がいい。そういえばダイヤルQ2って無くなったよね。


-----------------------

全面的に同意します。



ファミ通のコラムか何かだと思うんですが、そんなに長い文章ではなく簡潔に、ソーシャルゲームに対して思うところをわかりやすく伝えている伊集院さん。ほんとうに家庭用ゲームが好きなんだな、とわかります。ファミ通もよくこれを通したな。個人的には最近ファミ通はまったく読んでませんが、自分たちが作る雑誌の立ち位置はあくまで家庭用ゲーム機に添ったものであると自覚されているようで、安心しました。それすらなくしたら、本当に終わりですね。「ファミ通ソーシャル」とか創刊したり、しないよね?

儲かるものはウチもやりたい、企業ならそう考えるのは自然なことと言えます。儲かるの?という疑問は、グリーやモバゲーの勢いを見れば明らかです。ま、後発が簡単に儲けられるのかどうかは別の話ですが、ソーシャルゲームはやはり家庭用ゲームと比べて、圧倒的に利益率が高い。グリーはかつて六本木の平凡な貸しビルの中に入ってたんですけど、そのうちヒルズに引っ越しちゃいましたもん。

でも、単純に考えると「基本無料なのに、なんでそんなに儲かるの?」というところがナゾなわけです。そのカギが、「課金」というやつですね。入り口は無料。普通に遊ぶぶんも無料。でも、この課金アイテムでさらに快適に、楽しく遊べますよ……とほんの数百円ぐらいのエサが撒かれていたら、多くの人が気軽にポチっちゃうんでしょう。単価が安いゆえ、抵抗なく課金に応じる。しかし、チリも積もれば山となるというわけで、グリーやモバゲーは笑いが止まらないわけです。一時期はCMで無料と言いながら課金が発生することが問題視されたり、親の知らない間に子供が課金しまくってシャレにならない請求がきたなんてトラブルも絶えませんでした。ある意味、グリーもモバゲーも叩かれる企業だったのですが、いつの間にか人々に受け入れられたようです。まあ、課金トラブルに関してはユーザーが悪いと思うので、とっとと払えとも思うんですが。大人は論外、「判断能力のない子供なんだから」という言い訳も通りません。そんな「判断能力のない子供」に、何の制限もしてない端末を与える(使わせる)親が悪いよ。わかったうえでやってるんなら、子供が悪いけどね。

ソーシャルゲームに反感を抱く人の多くは、この「課金」に引っ掛かりを感じてるのでしょう。もちろん、ビジネスとして悪いわけではありませんし、ユーザーが望んでお金を払っているのですから何の問題もありません。でも、今では誰でもわかってることだとしても、「基本無料」が大々的にうたわれ「ごくごく一部分だけ有料なんですよ」と小さな声で言う姿勢や、一度入会登録すると退会にえらく手間がかかる、一度入れたソフトが削除できない(できるとしてもその気が失せるほど手順が面倒)といったやり方は、個人的には受け入れ難いところではあります。

まあそれはおいといて、家庭用ゲームソフトだって最初に大きな「課金」をするわけですよ。ゲーム機を持っていなければならないし、ソフトは買わなければならない。一方ソーシャルゲームは、いまや誰でも持っている携帯電話があればゲーム機は不要、ソフトは基本的に無料。そうなれば、誰もがそちらに流れるのは当然のことです。まあ、「どの時点でお金を払うか」の違いなんですけどね。ゲーム専用機を持っている人と比べたら、携帯電話を持っている人の数は比較にならないほど多いわけで、それらの人々が日常的に課金をしていれば(それが1つにつき数百円のものだとしても)、会社はメチャクチャ儲かるというわけです。そのうち、ソフト自体は(ダウンロードとかで)無料で、でも課金しまくらないとちっとも楽しくない家庭用ソフトとか出そう。既に今でも、お金を出してソフトを購入したうえに、ダウンロードコンテンツ(DLC)でちまちまと課金が発生するゲーム、増えてますけどね。フルプライスのソフトでそれをやられちゃあ……誰もゲーム買わなくなっちゃうんでは?

まあ私個人としては、ソーシャルゲームなんてやる気にならないんで、好きにやってどんどん儲けて下さいとしか思いません。課金したい人はして下さい。その結果、伊集院さんが危惧するような事態(ソーシャルゲームに対する良くない印象が、すべてのゲームと名の付くものに向けられる)になったとしても、コンシューマーゲーム業界も最近はソーシャルに参入しまくってるので自業自得、共倒れもやむなしです。いちゲームユーザーとしては残念ですが、業界がそちらの道を選んだのならしかたないですよ。音楽CDが売れなくなったように、次はゲームなのかもしれません。パッケージが売れず、ゲームは携帯電話アプリとしてしか配信されなくなる。そんな時代はそう遠くないのかもしれませんね。

私がソーシャルゲームを「やる気がしない」のはいくつか理由があります。まず、そもそも携帯電話という端末が好きではない。次に、それを常に見ている(いじっている)気にならない。スマホというやつも受け入れられないですね。ぜんぜんスマートじゃなくてデカくて重いし(スマホの"スマート"はその意味じゃないよ、という無粋なツッコミは不要)、電池は喰うし。スマホ使ってる人がエコだの節電だの言っても説得力がありません。というか、スマホに変えた人って従来の携帯電話の頃と比べて、携帯とにらめっこしてる時間が飛躍的に上がりますよね。常になんかいじってるじゃないですか。あれじゃスリープになる間もなく、ただでさえもたない電池がさらに消費されるに決まってます。電話やメール、ネット閲覧、音楽、ビデオ、そしてゲームなどなど、なんでもできる「手のひらサイズのパソコン」を持ち歩いているようなものですから、常にいじくりたくなるのはわかりますが……。ねえねえ、君の持ってる電話、それ君のトモダチ?恋人?

おっと、スマホの悪口はもういいか。ソーシャルゲームをやらない理由でしたね。まあ最大の理由は、家庭用ゲームを超えるゲームがないからです。利益率が高いということは開発コストが低いわけで、それなりのものしか作れません。もちろん、金をかければ良いゲームができるわけではありませんし、金をかけることが必須なわけでもありません。でも、ある水準以上のものはどうしたってできないということになります。コストが低ければ人手も割けず、そんなに凝ったものは作れませんし、ボリュームも増やせません。もっとも携帯でそんな深いゲームをしたい人もいないのでしょうけど。通勤・通学やちょっとした空き時間にちょろっとやるのでしょうからね。その結果、ソーシャルは単純操作の単なる「作業」を繰り返すだけのゲームになりがちです。あとはもうアイディア勝負ということになりますが、知る限りではソーシャルゲームというのは、どこかで見たゲームの超絶劣化版みたいなものばかりでどうにも興味が湧きません。つまり、家庭用ゲームを技術面でもボリュームでも内容(面白さ)でも超えるようなものが、ソーシャルにはないんです。だったら私はゲーム機を持ってるんですから、ゲーム機でやるよということです。ゲーム機を放り出して「これは携帯でやらねば!」というゲーム、あるんですか?

で、質の高いゲームを作り出すことのできるコンシューマーゲームメーカーが、「ソーシャルは儲かる」ということで次々と参入しているのが現状。それまで所属していたゲーム会社に見切りをつけ、ソーシャル畑に転職するクリエイターも現れています。これまでゲームの質を上げようと努力してきた人々が、お金のために質の低い方に転落しているように私には見えます。自分たちの生きる場所を、自らの手で狭めている……そんなふうに感じるのは私だけでしょうか。ソーシャルがもてはやされている今は「事業拡張」に見えるかもしれませんが、それが飽きられたとき、今ほど注目されなくなったとき、ソーシャルに代わる何かが現れたとき……彼らが帰ってくる場所はあるのでしょうか。「コンシューマーに戻ろうと思ったら、みんなこっち(ソーシャル)側に来ていて古巣がなかった」、そんなことにならないよう祈るばかりです。てなことを言ってたら、

-----------------------

ついに「ファイナルファンタジー」がソーシャルゲームとしてMobageに登場。そのタイトルは「FINAL FANTASY BRIGADE」。12月下旬にサービス開始予定。

ffbrigade_logo.jpg

本日(2011年12月2日)、ディー・エヌ・エーは東京都内で“「Mobage」新作ソーシャルゲーム発表記者会見”を開催した。この記者会見では,スクウェア・エニックスの代表取締役社長である和田洋一氏が登壇し、同社の看板タイトルの一つである「ファイナルファンタジー」シリーズを初めてソーシャルゲーム化したタイトル「FINAL FANTASY BRIGADE」を、「Mobage」向けに提供することを明らかにした。

「FINAL FANTASY BRIGADE」のコンセプトは以下の3つで、ジャンルはRPGとなる模様。
・FFらしい仲間のために戦う新しいソーシャルゲーム
・世界を冒険し、アビリティやジョブをゲット
・ライバル飛空挺団と競争し、幻獣達とバトル


-----------------------

もうスクエニは本当に終わりなの?

なりふりかまってられないんだろうから、ソーシャルに参入するなとは言いませんよ。でもなんで「FF」じゃなきゃいかんのよ。もう、「FF」ブランドに価値などないですね。タイトル乱発したあげく駄ゲー、珍ゲー、未完成ゲーのオンパレード、しまいにソーシャルにまで。「FF」と名の付く作品が発表されたときに、かつてあったワクワク感はいつの間にかなくなってしまいました。ウリになるタイトルを擁しているメーカーはそれを利用したいところでしょうけど、そうすれば必ず家庭用との比較が生じますし、ソーシャル作品の評価が芳しくなければその印象は必ず元のブランドにも及びますから、長い目で見たらメーカーにとって良いことばかりじゃないんですけどねえ。結局は目先の金か?と。

もうあとは、誰がやっても面白い「名作」を作るしかないのですが、据え置き機や携帯機の「FF」を超える「FF」を作れるんですか?あまたのソーシャルゲームの中に埋もれず「さすが」と言われる「FF」を作れるのでしょうか?いま、なかなかの好評を得ている「零式」ももとは携帯電話向けでしたが、もしそのままだったら今のような評価は得られていなかったでしょう。その前に「BC FFVII」という携帯電話向け「FF」はありましたが、あの時代に「先駆け」でそれをやったのと、今回のように「俺漏れも(死語)」的なノリで参入するのとでは意味が違うと思うんですよ。だいたい、ソーシャルゲームで満足している人たちに対して「FF」の名前がフックになるとは思えないんですが……。

関連記事
スポンサーサイト
ゲーム関連 | 【2011-12-04(Sun) 20:59:01】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。