プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「魔界村騎士列伝」をちょこっとプレイしてみました。
makai_retsuden_logo.jpg

カプコンのiPhone用ゲーム「魔界村騎士列伝」。筆者はiPhoneではないのですが、知人がダウンロードしていきなり「はい、やってみて下さい」と、自分がプレイしてもいないのに差し出してきたので、これは何かの挑戦か?と思いつつプレイしてみました。「魔界村」「大魔界村」「超魔界村」「極魔界村」と歴代シリーズをプレイしてきた筆者、携帯電話向けゲームとは言えど一応の新作に興味がないわけではありませんでした。しかしiPhoneはおろか、タッチスクリーン式のいわゆる「スマホ」には触ったことすらありません。というか、メーカーの策略にハメられていまホイホイとスマホに切り替えることは「負け組」であるとすら思っています。エコだ節電だと皆さんおっしゃっていますが、従来の携帯電話よりも電池の「もち」が悪いスマホに我れ先にと手を出すなんて、本当に考えてるんですかあ?と言ってみると叩かれたりしますかね?


スマホうんぬんよりも、そもそも筆者は携帯電話向けゲームってダメなんですよね。普通の携帯電話でプリインストールの「ドラクエ」や「FF」をやってみたことはあります。が、どうにも操作がしにくくて苦痛だったんです。RPGですらそうですから、アクションだのシューティングなんて無理でしょ?と思ってます。それがスマホになったところで同じでしょ、と。「パラサイトイヴ」シリーズの新作、「The 3rd Birthday」が最初に携帯電話向けと発表されたときには絶望したものです。途中で軌道修正され、PSPになって本当に良かったです。今「FINAL FANTASY 零式」と言われ、一部で期待が高まっているあの作品(アギトXIII、と言われてました)だって、最初は携帯電話向けに開発されていましたからね。

それはともかく、「魔界村騎士列伝」のプレイ。意外にサクサクいけちゃうんじゃないか、と思って少々ナメつつ始めたのですが、どうすれば移動できるのかすらわからない!なんか画面の下にボタンらしき模様が表示されてるんですが、スマホ自体に触れたことがないので、どのような感じで押さえれば上手く入力扱いとなるのかサッパリわかりません。それでも次第に慣れてはきたのですが、かつてのゲーム機では普通にやれていたような「ジャンプして空中で向きを変えながら敵を攻撃」とか、イカしたプレイがなかなかできずにストレスが溜まります。そして先のステージに進むと、画面を下へと進むマップも出てくるのですが、画面にタッチしている自分の指がジャマして、先のルートが見難いという有様。やはり画面上に触れるのはゲームとして、特にアクションでは問題あるなあ。まあ、率直な感想はゲームそのものというよりデバイスに対して、携帯電話は

やっぱゲームするためのもんじゃねえなあ。

操作自体に慣れれば、難易度自体は過去のシリーズと比べても低いので、先に進むことは難しくありません。高難易度モードもあるらしいのですが、通常のモードであれば、歴代シリーズをプレイしたことがあり、かつiPhoneを使い慣れた人であれば、簡単にクリアできるだろうと感じました。なんかたくさんコンティニューできるようですし。操作性のどうしようもない部分を、ゲームをヌルくすることで回避している気がしましたね。が、筆者個人としてはプレイし続ける気にはなりませんでした。仮にこの先、スマホにしてもプレイしないと思います。軽くプレイできるわりに面白いとは思えたので、携帯ゲーム機(PSPとか)のダウンロードコンテンツとして販売してもらうわけにはいかないでしょうか。ゲーム機で、プレイしたいです。

でも現状で周囲を見渡すと、ゲームの主流は携帯電話になりつつあるという事実も否定できません。電車ではみんな携帯電話でゲームらしきものを遊んでいますし、コンテンツ会社も儲かってます。人材もそこに集まってます。ゲーム会社を去った人が、そういった会社に向かっているようです。もし今後、据え置きゲーム機や携帯ゲーム機が廃れ、「ゲームは携帯電話でやるもの」というスタイルが主流になったなら、筆者は卒業ですね。もうゲームはしなくなるでしょう。

さらに、携帯電話市場においてはスマホがよりシェアを占め、タッチやスライドという操作が主流になる可能性もあるわけですが、筆者はそれに対してある危惧を抱いてもいます。これは根拠も何もなく直感ですが、この「タッチする、滑らす」動作によって「ボタンを押す」ということが減っていくと、人間の何かが大きく変化するのではないか。そんなことを感じています。コンピュータを日常的に使うことによって、人は字が書けなくなった。計算ができなくなった。ネットの普及によって、ちょっとした用事なら出歩かなくなった。誰かに何かを伝えるときに、「これを言ったらどうなるんだろう」と思慮しなくなった。このように、今でも既に人は何かを失いつつあります。「ボタンを押す」ことすらしなくなった人間が、どのような変化をするのか想像もつきません。それは進化か?退化か?その答えが明らかになる頃には、筆者はもう生きてはいないでしょうけど……。

などと、話を飛躍させてみるのがこのブログ。本気で読むか、話半分に捉えるかはアナタしだい。


ゲーム機でやろう!「魔界村」シリーズ。
関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2011-06-09(Thu) 22:18:04】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。