プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
AKB商法が日本の音楽業界にもたらすもの。
akb_cm.jpg

CDが売れない、と言われるようになって久しいです。以前に筆者は「音楽が売れなくなった原因って……。」という表題の記事も書いたことがありましたが、音楽業界はなぜ売れないのか、売るにはどうすればいいのか……というお題に、今もアタマを抱えております。まあ、リスナーの耳を正しく導いてこれなかった音楽業界にも非はあるわけですが、音楽を楽しむ上での形態そのものが変化してきているのは間違いありません。少し前なら音楽は「レコードやCDを購入して聴くもの」でしたが、今は複数の選択肢があるのです。CDを出さずにデータ配信のみ、というものも増えてきました。音楽業界はこれから、どうなっていくのでしょう?


CDのパッケージとしての価値が下がっており、「所有することそのものが喜びに繋がる」というのはひとつ前の世代というか。筆者なんかは盤、ジャケット及びライナー、そして中身の音楽合わせてひとつの「作品」と捉えてますし、それが当たり前の世代が確実に存在していました。が、今は聴き馴染みがあって話題性がある曲を、音楽単体でPCやら携帯プレイヤーに突っ込んでおけばOKなのです。どうにも音楽が「軽いもの」になってしまったような気がしてならないのですが、いまそんなことを言えば老人、情弱扱いされるだけ。まあそういう時代になっちゃったんだよねー、と諦めるしかないのでしょう。またパッケージに価値が出てくる時代に戻るとも思えませんし……。寂しいですけどね。

そもそも音楽制作というものは、コストのかかる商売。レコーディングスタジオをおさえるのも、ミュージシャンを呼ぶのもお金がかかりますし、ミキシング、マスタリング、印刷物製作、パッケージング、プレス、流通などなど、手間と費用がどうしてもかかってきます。CDが売れれば回収できますが、売れる見込みがなければお金はかけられません。そうなると、いかにコストを削るかということを考えなければならなくなります。幸い、今はPCとネットが普及してスペックも上がったため、削ろうと思えばとことん削れます。レコーディングスタジオの代用はそれこそPCとDAWがあればいいですし、ボーカルを録るブースも、部屋に2畳から3畳ほどの簡易的な防音ブースを用意すれば自宅で可能。実際、そうしているアーティストもたくさんいます。ミュージシャンはシンセで代用し、例えばどうしてもギターはあの人に弾いてもらいたい!なんて場合も本人に来てもらう必要はなく、ネットを介してデータのやり取りは可能ですし、セッションのようなことも回線上でできてしまいます。出来上がった音楽はデータ販売のみにすれば、パッケージ制作や工場でのプレス、流通のコストもカットできます。どうせ携帯プレイヤーでしか聴かれないのなら、PC内部でミキシングやマスタリングも済ませてしまって、マキシマイザーで音圧だけガンガン稼いでおけば「良い音」に聞こえるよう仕立てることはできる。よって、大規模なスタジオをおさえてエンジニアを雇う必要もなし。きわめて低予算で音楽を作ることはもう、じゅうぶんに可能なのです。

で、声がかからなくなったミュージシャンは音楽だけでは食べていけずに兼業したり、音楽から足を洗ったりします。需要のなくなったレコーディングスタジオは閉鎖されたりします。少人数で運営できるようになったレコード会社やレーベルは人員整理をしたりします。音楽に携わる「プロ」は確実に減っているんですよ。皆さん、あまり意識されないかもしれませんが、そういう意味でも音楽業界は縮小傾向にあるんです。PCとDAWやソフトウェアシンセ、そしてネットの恩恵によって「音楽を作れる人」「音楽をやってみてる人」は増えているのでしょう。しかし「プロの仕事」ができる人は減っているのです。今後もその傾向が続いていくとですね、あえて断言しますが、良質なものが生み出される可能性もどんどん低下していくんです。もっとも「何を良質とするか」も時代とともに変わるのでしょうけど、少なくとも筆者がかつて「良質だ」と思って聴いていたものは、生まれ難くなるのは間違いありません。

もちろん、中には志をもって、手を抜かない音楽制作をしている方々もいらっしゃいます。結局は携帯プレイヤーで聴かれちゃうにしても、音はちゃんとしておこうよとしっかりレコーディング・ミキシング・マスタリングに手間ひまをかけているアーティストもまだいますし、良質なものを作ろうと奮闘しておられる人もいます。いつもは携帯プレイヤーで、イヤホンで音楽を聴いている人が、何かのきっかけでいつもより良いヘッドホンで聴いた、スピーカーで聴いたとき、その音に驚ける余地は残しておく。携帯プレイヤー向けに作った音はそれ以上でも以下でもないので……。ただ、それも時間の問題かなあという危機感もあり。つまり、作り手(アーティスト、エンジニア)が世代交代してしまったら、そんな「良心」も廃れていってしまうのかなあ……と。

さて、そんな音楽不況、CD不況などどこ吹く風、売れまくっているのがAKB48です。もはやその名は「国民的」と言っていいものになっています。個人的にはいまだ、個々のメンバーの顔と名前が一致しなくて困るのですが、とにかく人気です。CM、ドラマ、バラエティにと露出しまくり、その音楽もそこかしこで耳に入ってきます。「やたらに人気があるわりに、出演したテレビ番組の視聴率は伸びない」とか、「CDがミリオン売れてるわりには周囲に持ってる人がいない」とか謎も多いのですが、売れてるんですからビジネス的にはOKなんでしょう。そして最近話題になっているのが「AKB総選挙」。国内が震災やら原発やら大変で、リアル内閣でも総選挙な雰囲気が漂う昨今、これを遂行できるってのも凄いんですが、さらに凄いのは熱狂的なファンの存在。ここで、筆者のような事情に疎い人のために、そのシステムを簡単にご説明しましょう。合ってるかどうかは知りませんけど。

まあ、「AKB48」というからには48人ぐらいの女の子たちが在籍していてですね、この「総選挙」はファン投票によって、彼女達に露骨に優劣をつけようというものなわけです。ひいきの娘が上位になればファンは嬉しい、メンバーはより上位になれるよう努力し、切磋琢磨する。売り手・買い手双方にとってメリットのある(しかし興味のない人にしてみればとことんどーでもいい)イベントなのですが、では、この投票はどのように行われるのか。いちばん簡単なのは、「CDに"投票券"を封入する」ということ。ファンはCDを購入し、その投票券に好きな娘の名前を書いて送る。その得票数で順位が決まる……非常にわかりやすいですね。ただ、この「選挙」が一般に言うところの「選挙」と異なるのは、一人でいくらでも投票できること。通常の選挙は「一人一票」ですが、AKB総選挙はつまるところ「金権」推奨なわけです。すると、どうなるか。一人でCDを複数買いするファンが現れるわけです。

AKBがまたオリコンの記録を汚した件

AKB48のファンが一人で新曲2200枚買ったらしい

2000万円を注ぎ込む現役最強AKB48オタが今回もCD1000枚購入 推しメン峯岸みなみに投票か
(以上、すべてハムスター速報より)

皆さん、1タイトルのCDを個人で複数買ったことあります?!普通は1枚買うだけでしょう。まあ、10枚買って投票しちゃった~、なんて可愛いレベルならまだ気持ちもわかりますが、この猛者たちは100枚200枚なんてものではない、1000枚とか2000枚とか。はっきり言って正気の沙汰ではありません。パッケージが異なるバージョンがあるとは言っても中身の音楽はぜんぶ一緒なんですよ?!もうこれは「熱狂的ファン」では足りません、あえて「狂信者」と言いたいところです。ダンボールで、自宅にCDが届く届く。これで中身が全部違うCDなら、「日本にもまだこんな音楽ファンがいたか」と感嘆するところですが、そうではない。個人が手にしたお金をどう使おうと自由ですが、働いて働いて貯金して貯金して、注ぎ込んだのがAKBのCD(中身ぜんぶ同じ)……。いやいや、勝手ですよ?好きに使えばいいんです。それで潤う人もいるでしょうし。震災不況の日本にあって、経済を回してるじゃない!それ募金しろよ!なんてことは言われる筋合いはないのです。でも!それでも筆者はこのネットの片隅で言いたい。

それは違うんじゃないかなぁ、と。

あなたたちが買ったものはなに?と。少なくとも音楽ではないですよね。筆者がAKBをどう思ってるかとか、それに群がるファンをどう見るかとかは関係なしに、日本の音楽産業を見渡しての目線であえて問いたい。あなたたちが買ったのはCD、まして音楽ではなく、投票券なのではないか?と。では、投票券を抜き取った後のその大量のCD、どうするんですか?実際、新曲リリース直後からネットオークションに出品が溢れ、二束三文で売られているわけです。ヒドいものになると新品のCDがゴミとして大量に棄てられていた!という報告も。

200枚以上のAKB48のCDをゴミ捨て場で発見! ここまでされて人気を得ることをメンバーはどう思うか?
(ロケットニュース)

ソースがツイッターなので写真も何もなく、信憑性は低いのですが……。バカ発見器であるツイッター発の情報なんか鵜呑みにはしないさ、なんぼなんでも、そこまではしないだろう……と思いたい。投票券だけいただいたらあとはゴミ……なんてこと、さすがにしないはず。AKBファンを信じたい。もし、本当にそんなことをしている人がわずかでもいるなら……まさに外道というほかありません。

それにしても、一人でこれだけ複数買いしている人がいるとなると、1000枚単位はかなりコアとは言えど、100枚単位は珍しくもなさそうですね。では、100万枚売れたとして実際の購買者数は……?そう考えると、「話題のわりには身近なファンの存在が希薄」というナゾも解けます。「人気なの?それにしちゃそんなに視聴率いかないよね」「周囲にAKB、AKBって言ってるファンがいないんだけど」「CDミリオンってわりには身近に持ってる人がいないんだけど」……熱狂的な、複数買いのファンが支えていたんですね。

筆者にAKB48やそのファンを叩く意図はまったくありません。筆者だって特定のアイドルに思い入れた経験はありますし、複数買いはないにしてもCDやらグッズやら買い集めたこともあります。健全な男子ですから。AKBファンたちの心理にも、理解はあるつもりです。ただ、最初の話題に戻りますが、もし、もしもですよ。筆者がAKBの音楽に何らかの形で作り手として携わっていたら……。個人の複数買いはまだしも、即日オークションでタダ同然の値段で売りに出されていたりとか、ゴミとして棄てられていたなんてニュースを目にしたら、なんとも言えない、やり切れない気持ちになるんじゃないかなあ、と。AKBの楽曲がどれほどの手間ひま、コストをかけて作られているのかは知りません。が、それなりに頑張って仕上げた「音楽」が、投票券がなければ無価値と同様の扱い……。悲しくないわけがありません。もしもレコード会社の人、携わったスタッフが何も感じずに「いやぁ~、今回も売れたねぇ~」なんて言いながらソロバンはじいているなら、日本の音楽業界は終わりです。筆者が危惧している方向にただ向かうのみ。そしてこれが売れることによって、モチベーションを下げまくっているアーティストや業界人が確実にいるであろうこと、ときどきでいいから思い出して下さい……(嫉妬でしょ?と言われればそれまでなんでしょうけど)。

というか、もう「投票券」をそのまま売ればいいんじゃないですかね?CDという形態をとらないでさ。それでもファンは買いますよ、きっと。

akb_yameyou.jpg

おーっと、ゲーム業界の人!他人事みたいな顔しないで下さいよ。今のゲーム業界はだんだん音楽業界に似てきてるんですよ。筆者にはそう見えます。リメイク、完全版、リマスター、コンプリート、懐かしのセット……「AKBの新譜はパッケージが○種類!」みたいなのと同じですよ、売り方が。もしくはヒットしてほんの2~3年ぐらいのグループがベスト盤出すとか、各社似たようなコンセプトのオムニバスを乱発したりとか。同じ素材で儲けるな、とは言いません。それで潤うのなら。ただし、そればっかりだと業界は確実に縮小していきますよ……。そのことを自覚して対策を講じておかないと、「なんで売れないんだァ~!」ってなります。既にいま、そうなりつつあるようですけど……。

関連記事
スポンサーサイト
音楽 | 【2011-05-30(Mon) 01:11:05】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。