プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「モンスターハンターポータブル3rd」がPS3にHD移植!
mhp3_hd_image.jpg

カプコンの大人気ハンティング・アクション「モンスターハンターポータブル3rd(以下、mhp3)」が、なんと「HD Ver.」となってPS3ソフトとして発売されることが決定しましたね。ファンなら当然、チェックしてますよね?そのうえで、買うか買わないか議論されていることと思いますが……。いや、今のゲーム業界というのは、こういうことをしないと満足に食っていけない状況なんですよ、きっと。なりふりかまっちゃいられません。焼き直しだろうと使い回しだろうと再利用だろうと、売れそうなものは売ってみる。売れればバンザイ、コケても新作に比べて元手はかかってないからまあオッケー、となります。

カプコン、PS3「モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」
(Impress Watch)


発売日は8月25日。価格は4800円とのことです。繰り返しますが、PS3ソフトです。作品名は「モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」です。……ポータブルじゃないじゃん。PS3を携帯してる人なんかいませんよ。というか、なんでPSPのソフトをPS3向けにアップデートするのよ?という疑問は当然あるわけですが、実はこの企画、「PSPの作品をHD化しようプロジェクト」、その名も「PSPリマスター」のひとつ。人気・話題性じゅうぶんな「モンハン」でアピールすることで、注目が一気に集まったわけです。もちろんこれっきりではなく、カプコンだけのプロジェクトでもなく、各社からいろいろと発売される予定になっております。言ってみれば、これまでじゅうぶんに売れた後に価格を下げた「廉価版」であった「ベスト」に付加価値を付けたようなもの。「もうじゅうぶんに稼がせていただいたので、価格を下げて出しますよ~。それで新規顧客を少しでも拡大できたらめっけもの」だったベスト版が、「グレードアップするんで価格はあまり下げられません、もうちょっと儲けさせてね」というものに変化したと。

PlayStation3専用の新しいタイトルシリーズ
PSP (PlayStation Portable) Remaster
~PSPの名作タイトルが装いも新たに、PS3専用タイトルとして登場~

(公式リリース)

コナミからは「メタルギア」シリーズがアナウンスされていますが、他のメーカーからのタイトルは現時点では未知数。しかし、スクエニあたりは間違いなく出してくるでしょうし、SCE自体からも出てくるはず。ただ、この「携帯機のソフトを据え置き機に移植」ということを、どれだけのユーザーが望み・喜んでいるかというところは微妙と言わざるを得ません。最も先行して発表された今回の「mhp3」に関して言えば、おそらくタイトルに興味を持った人は既にPSP版をプレイしているはず。そして今の時点であれば、だいぶ遊び尽くしているはず。それがPS3で出ますよと言ったところで、「買わなきゃ!」という人よりは「ええ~?」と思う人の方が多いでしょう。新規にPS3版を購入する、PSP版未プレイの人はさほど多くないであろうと考えられます。この「リマスター版」を買ってもらうには、「付加価値」をどう付けるかがキモになります。「映像がHDになりました」、だけではなく、ね(対応したテレビでプレイすると、3D立体視も可能だそうですが)。

ところがこの「mhp3 HD Ver.」、PSP版とのセーブデータ互換をうたっています。また、アドホック・パーティを介して、PSP版とPS3版のユーザーがともにオンラインプレイできるとも。そうなると、「HD Ver.」に追加要素を盛り込んでしまうと、いろいろつじつまが合わないところが出てくることは容易に想像できます。例えば「HD Ver.」に追加モンスターを足したり、PSP版にはないクエストを追加したりしてしまうと、セーブデータの整合性がとれなくなったり、通信プレイに制限がかかってしまうのです。なので、基本的に「映像のHD化」、そして「特典ムービーの追加」ぐらいしかできません。そこで、4800円という価格。かなり微妙ですよ。映像のHD化・3D対応・ムービー追加に対し、既にPSP版を5800円で購入したユーザーが、また4800円を出しますかね?

ところが、筆者の周囲では意外にも「買わなきゃ」という声は多いのです。やはり「大画面で"モンハン"を遊びたかった」のだそうで、PS3を既に持っている人はけっこう「買う気」になっているようです。PS3を持ってない人はどのように考えるのでしょうか?……そういえば、Wiiで発売された「モンスターハンター3(トライ)」は、もともとPS3での発売を予定して製作されていました。思ったよりPS3の普及が伸び悩んだこともあって途中でWiiへと変更になったのですが、フタを開けてみれば結果は芳しくなく("出荷"はミリオン達成したものの、実売では速攻でワゴン行き)、「次世代機」の中で唯一HDではなかったWiiでの映像にガッカリしたユーザーも少なくありませんでした。つまり、今回の「HD Ver.」は、ある意味では待望の「据え置き機で遊べる初の"HDモンハン"」ということになります。そういう需要は確かにあるのかもしれません。だとすると、PSP版の移植作品というよりは、PS3ソフトとして初の「モンハン」としても見れるわけですか。なるほど。そう考えると、新規ユーザーにとって4800円というのは魅力的な価格に見えますね。

既にPSP版をプレイした人にしてみれば「そんなのいいからはやく"G"を!」という気持ちもあるでしょうが、「HD Ver.」がありますからそれはまだとうぶん先になりそうですね。そして「G」は、PSP版とPS3版が両方出る、と……。いったい、ひとつの作品をどれだけ擦るつもりなんでしょう。こんな時代ですから「売れるものはとことん売る」ことを否定はしませんが……。中には「もうメーカーに、新規にPS3ソフトを作る体力はない。PSPリマスターは苦肉の策」なんて言い切るユーザーもいるようです。

ソフトの予約を既に始めているショップもあり、カプコンの通販サイト「イーカプコン」でも限定特典付きのセットが用意されています(特典の内容は"近日発表"とのこと)。さらに、通信プレイで便利なアイテム「ブルートゥースヘッドセット」のモンハンモデルも6800円で発売されるとのこと。ヘッドホンに全指向性マイクを内蔵し、ゲームをしながらハンズフリーでボイスチャットできます。このヘッドセットと「HD Ver.」の特別セットも7800円で発売するそうで……ん?ヘッドセットが6800円、「HD Ver.」は本来4800円ですよね?そのセットが7800円?ってことは?

ソフト1000円で売れよ!!

さてさて、ここで話は変わって、筆者の「mhp3」はどうなっているのか。さすがに……まだやってます、チマチマと(笑)。

mhp3_01.jpg

mhp3_02_kunsyou.jpg

クリア自体(アカム、ウカム、アマツ、アルバ討伐)は2月アタマぐらいでしたかねえ……。社会人ゲーマーとしてはまずまずじゃないでしょうか。その後は防具作りにハマり、コツコツ狩っておりました。筆者、クリアまでに作った防具はジャギィ、フロギィ、ファルメルぐらいだったんですよ。上位の終盤もファルメルのまま突っ走ってしまいました。定番のシルバーソルすら作らず。あ、武器は大剣です。で、クリアしちゃってからいろいろ防具を作り始めたんです。しかしそれも、めぼしいものはほぼ揃ってしまい、やることがなくなってきた昨今、今は「竜職人のトンカチ(だっけ?)」の勲章を獲得すべく、武器を作りまくっているところでございます。いやいや、素材はともかくお金がかかりますなあ……。一時期は300万を超えていた貯金も今では60万ほど。端材バグ?そんなもん使わんです。

mhp3_03_buki1.jpg

mhp3_04_buki2.jpg

まあ、ここまでやってるので、「HD Ver.」なんかを買っても新鮮さはほとんどないだろうな、と思うわけですよ。最初こそ「さすがに綺麗だな~」と感嘆できるとしても。通信プレイはPSPでやるより安定していると思われますので、周囲のプレイヤーの状況しだいでは買うかもしれないですけどね。ちなみに今回は、オンラインでの「見知らぬ人とのプレイ」はやってません。今回ほどの、上位までの難易度だと基本的に一人でイケますし、知人と通信プレイはしましたが、すべてのクエストを一人でクリアしています。先日配信されたイベクエでG級さながらの攻撃力を持つ金銀火竜クエ「王族の招宴」も初見でソロクリア済み。本格的に通信プレイするのは「G」が出てからでいいかな~、と思っています。

ということで、ここで筆者のオススメ防具を公開して記事を締め括ります。やり始めた、これからやるつもり、という方は参考にしていただければ。まあ、そんなに特殊なものはないですけど……。なお、防具は当然のことながら剣士用で、解説は大剣使いを前提として書いています。

mhp3_26_jagie.jpg
ジャギィ一式
ゲームスタート直後の下位なら、初期装備からまず作りたいのがこれ。じゅうぶんな防御力を持ち、攻撃力UP(小)、回復速度+1、捕獲の見極めといった攻守バランスのとれたスキルが発動。スロットは多くないので、砥石使用高速化などを追加するのが良いかも。とりあえず、村長にもらえる護石でオートガードを発動させておくのも良い。強化すれば、ほとんどこれだけで村長クエストは突破できる("終焉を喰らう者"は例外として)。上位でもまず「ジャギィS」一式を作りたい。見切り、攻撃力UP、回復速度といった、やはり攻守に秀でたスキルが付く。装飾品でさらに数値を上げたい(見切り+1を+2に、とか)。

mhp3_25_frogie.jpg
フロギィ一式
基本的にジャギィかファルメルで突っ走った筆者であるが、対ギギネブラ用に例外的に作ったフロギィ防具。とにかくうっとうしく、上位ではシャレにならない継続ダメージをくらうギギネブラの毒を無効化できる。毒を無効化できれば攻撃チャンスが増え、もはやただのザコとなることは言うまでもない。他のスキルは体術と、下位では捕獲の見極め、上位で早食いになるので、他にはあまり用途のない防具ではあるが、ギギネブラがとにかく苦手だという人はぜひ作ってみてほしい。

mhp3_27_farumeru.jpg
ファルメル一式
見た目のままに、基本的に農場の虫素材でできてしまうため、作成難度は低い。そのわりに高い性能を持ち、防御力も低くない。筆者はアカム・ウカム・アマツ・アルバまでこれで押し通してしまった。見た目はややイロモノっぽいが大きな羽のインパクトは絶大。下位では見切り、雷耐性、耳栓が発動する。最も労せずに聴覚保護を得られる装備。上位のファルメルSでは耳栓、雷耐性、気絶無効が付く。この「気絶無効」は、敵の攻撃を受けた際にしばしば発生する自キャラのピヨリをなくすもので、敵の追撃を防ぎ非常に便利。装飾品を駆使して耳栓を高級耳栓にすると、咆哮(大)を放つ敵も怖くはない。ただし、護石にもよるが、耳栓を高級耳栓にすると、気絶無効は気絶確率半減になる。どちらを優先させるかが悩みもの。

mhp3_23_uniqlo.jpg
ユニクロ一式
筆者がゲームクリア後、上記の3種以外で初めて作った防具。完全に見た目から入っている。やたらに軽装で、ともに狩りへと旅立つ仲間からは「そんな装備で大丈夫か?」と言われそうだが、防御力は低くはない。耳栓が付くのも嬉しい。他には寒さ無効でホットドリンクいらず、回避距離UPなど。攻撃面が手薄なようだが、耳栓のおかげで攻撃チャンスが増えるためあまり気にならない。

mhp3_16_doboru.jpg
ドボルS一式
ドボルベルクと戦うのが楽しくて、気が付いたら作れてた防具。火事場力が発動するが、魅力はなんと言っても攻撃力UPと破壊王のスキル。かなりアッサリと敵の部位が破壊できるので、素材集めにもってこい。防御力も高い方なので、力押しも可能。

mhp3_20_sirusoru.jpg
シルバーソル一式
とにかく責めたいプレイヤーにとっては定番のシルソル装備。防御力はドボルSより高いうえ、攻撃力UP、業物、弱点特攻(痛撃)といった攻撃重視のスキルが並ぶ。ガンガンいきたい人はさらに護石や装飾品で抜刀会心(抜刀術・技)などを発動させるとよい。リオレウス希少種を倒しまくらなければならないため作成難度は高いが、定番になるだけの強さがある。見た目も良い。

mhp3_18_diablo.jpg mhp3_19_diablo_u.jpg
ディアブロS一式、ディアブロU一式
ディアブロSは素の状態だと納刀術、抜刀会心(抜刀術・技)、耐震が発動できる。前2つは非常に大剣向きと言えるスキル。耐震も地味に役立つスキルだ。スロット数が多いのも魅力で、筆者は護石と装飾品でさらに破壊王と砥石使用高速化を発動させた。シルバーソルと方向性は異なるが、こちらも攻撃重視の防具と言える。ディアブロUは抜刀減気(抜刀術・力)、KO、減気攻撃といった、とにかく敵のスタミナを減らすことを重視した装備。それを前提に大剣で意識して敵の頭を狙っていくと、面白いようにスタミナを奪える。さらに護石や装飾品で抜刀会心を発動させたり、ディアブロSと混合させて両者のおいしいところをとることも可能。見た目が良いのも大事。

mhp3_21_naruga.jpg mhp3_22_naruga_u.jpg
ナルガS一式、ナルガU一式
ナルガクルガは個人的に大好きなモンスターで、素早くトリッキーな動きに負けじと華麗に倒せたときの達成感といったら。そうして自分も、ナルガのようにヒラリヒラリと「蝶のように舞い、蜂のように刺す」テクニカルなプレイをしたいと考える人にうってつけのナルガS。隠密で敵に狙われにくく、回避距離と回避性能で避けまくる。攻撃面は手薄だが、そこは腕でカバーすべし。一方のナルガUはスキルポイントを順当に伸ばしていくと、回避距離UP、ランナー、スタミナ急速回復と捕獲の見極めが発動する。2つのスタミナスキルによって走り回れるので、双剣で使うのも良い。

mhp3_11_berio.jpg mhp3_12_berio_u.jpg
ベリオS一式、ベリオU一式
前作で最も好きな(戦っていて楽しい)モンスターだったキリンがいないことがわかって、少々落ち込んだ筆者。それは、キリンの素材で作れる防具がないという意味でも残念であった。キリン装備はユーザーからの人気も非常に高いものだったのだ。そこでその見た目は、ベリオロスの装備として継承された。写真を見ればおわかりの通り、ほぼキリン装備である。もとから備わっているスキルポイントを伸ばしていくと、氷属性攻撃強化、回避性能、体術、ランナーといったスキルが発動。前作のキリン装備を踏襲した、双剣向け装備となっている。ベリオUは色違いのキリン装備といった感じで、回避距離、体術、隠密が発動。筆者はこれに護石と装飾品でランナーを加えた。こちらも双剣で使えると思う。

mhp3_13_tiga_u1.jpg mhp3_14_tiga_u2.jpg
レックスU一式
正面はガチガチに固めているようで、後ろは無防備……な感じのするレックスU。ユニクロ欲しさにティガレックス亜種を狩りまくったことによる副産物であるが、聴覚保護、溜め短縮、自動マーキングなど役立つスキルが発動する。聴覚保護はぜひ高級耳栓にしたい。

mhp3_17_doberu.jpg
ドーベル一式
レア素材・いにしえの龍骨が各部位ごとに必要なうえ、わりと強敵の素材をふんだんに使っているため、作るのが地味に面倒なドーベルシリーズ。しかし、護石や装飾品も駆使して長所を伸ばしていくと、龍属性攻撃強化、龍耐性が付き、さらにスタミナ急速回復と回避性能が発動する。龍属性が弱点の敵に力を発揮。作成難度に比べて防御力は低め。

mhp3_15_jien.jpg
日向・覇 一式
上位のジエン・モーラン素材で作れる装備。見切り、集中(溜め短縮)、心眼といった火力スキルを労せず発動させられる。せっかくなので護石や装飾品で抜刀会心あたりを発動させれば、まさに鬼に金棒である。防御力も高い。

mhp3_06_urukususu.jpg mhp3_07_skarar.jpg
ウルクS一式、スカラーS一式
モンハンに「萌え」を求めるなら、このような装備はいかがだろうか。ウルクSはウルクススの素材から作る防具で、予想に違わぬウサギスタイル。とある漫画家さんはこの見た目のせいで、他の防具に変える気がしなかったという。攻撃力UP、回避性能と氷属性攻撃強化、氷耐性が付くため、敵を選べば実用性もある。スカラーSは勇気の証Gと温泉もしくはドリンクチケット、鉱石とモンスター素材を複合させて作る防具。学生服のようなスカート状の見た目は、前作にあったメイドやらナースやらの系統か。広域化、捕獲、捕獲の見極めといったサポートスキルが発動する。いっそのこと追加で自動マーキングも発動させてみては。

mhp3_08_bangis.jpg
バンギス一式
イビルジョー素材で作る防具。素で斬れ味+1が発動する貴重な防具ですが、あとが氷耐性と早食いという微妙なスキル構成。一時期イビルジョーを狩りまくってたのでいつの間にか素材が溜まり、なんとなく作ってしまったもので、オススメはしません。

mhp3_05_akam.jpg
アカムト一式
アカムトルム素材の防具で、火属性攻撃強化、破壊王に加え、素の状態で高級耳栓が発動する。防御力も最高クラスで、迫力のある見た目も良い。筆者は攻撃力UPも加え、火力を底上げ。火属性が弱点の敵に絶大な威力を発揮する。

mhp3_10_amatsu.jpg
荒天シリーズ一式
アマツマガツチ防具。水属性攻撃強化、斬れ味レベル+1で水属性を苦手とする敵にもってこいであるほか、本気(力の解放)も発動する。筆者はこれに抜刀会心をセットし、さらに攻撃力を上げている。ここまでの防具になったら、防御面は多少おろそかにしても問題ない。

mhp3_09_eskadora.jpg
エスカドラ一式
アルバトリオンの素材で作る防具で、属性攻撃強化のスキルによってあらゆる属性攻撃が強化されるうえ、属性耐性(属性やられ無効)により、敵から受けるやっかいな属性やられを無効化できる。さらに回避距離UPも付くので、腕に自信があれば被ダメージもおさえられる。筆者は護石と装飾品で破壊王を発動させ、部位破壊をし易くした。

mhp3_28_saikutu.jpg
採掘・採取専用装備
ある程度ゲームをやり込むと、より良い護石がほしくなってくる。スキルの発動には多かれ少なかれ護石の良し悪しがかかわってくるため、より効率よく採掘作業を行うための防具を用意。ルドロスSキャップ・レザーSメイル、ネブラUアーム、ネブラUフォールド、レザーSグリーヴという組み合わせに、護石や装飾品、武器スロも最大限に駆使して有用なスキルを発動。採取+2は単純に採掘・採取回数を増やし、高速収集で時間の短縮をはかる。神の気まぐれでピッケルなどの採取用アイテムを壊れにくくし、ランナーの発動で時間短縮&スタミナ切れ知らず、さらに腹減り半減でスタミナ上限も減りにくくしている。どれかを削って暑さ無効を発動させると火山での採掘では有利になるが、そもそも敵と戦うつもりがないこと、素材ツアーなどでひと通りの採掘・採取ポイントを回ったらさっさとクリアしてしまうことなどから、暑さによる体力減少は無視することにした。この装備は火山のみならず他のマップでの採取でももちろん有用。

---------------
ちなみに、ここに掲載したキャプチャー画像は「USB Grabber DM231C」を使い、PSPをUSB経由でPCに接続してキャプチャーしました。動画・静止画を手軽にキャプチャーできます。拡張ボードのようにハイクオリティというわけにはいきませんが、USBを繋ぐだけの簡単接続、そして低価格というところで、メモ程度のキャプチャーなどであればじゅうぶんです。プレイ動画をYoutubeなどの動画投稿サイトに上げるのも容易でしょう。

関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2011-06-06(Mon) 13:50:26】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。