プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
新たな携帯ゲーム機戦争か?パナソニックがハードに参入!
現在、国内で携帯ゲーム機を代表する2強がPSPとNDSであることに異を唱える人はいないでしょう。個人の好みや価値観はおいといて、事実としてね。その両者、最近は棲み分けも出来上がって非常に落ち着いた状況にあるように見えます。もう「PSP VS DS!」とか煽るのも違うんじゃないか、というぐらいにそれぞれが我が道を行く状態。

しかし、携帯ゲーム機戦争の火種はいまだくすぶっており、これからまた徐々に大きくなりそうな予感。そのひとつのファクターが、皆さん御存知の「ニンテンドー3DS」です。発売が2011年2月26日、価格が25000円と発表され、各社によるソフトも見えてきてひと盛り上がりありましたね。その特徴は

・裸眼で3D映像が楽しめる上画面
・3D写真撮影ができるステレオカメラ
・新しい入力インターフェース
 (スライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー)
・いつの間に通信、すれちがい通信
・豊富な内蔵ソフト
・コンテンツのダウンロード販売

などなど……。最初のDSで強調された「新たな体験」がさらに推し進められ、Wiiなどにも見られる任天堂の「ゲーム機改革」は3DSでも行われています。中でもやはり「裸眼3D」が最大の特徴であり、テレビやビデオプレイヤー、映像ソフト市場においても3Dはいま最大の「ウリ」になっていますが、一方でこのところ映像業界界隈では、「成長途上にある子供が早い頃から3Dコンテンツに浸かってしまうと、斜視を誘発し易くなる」という話もまことしやかに語られています。また健康被害の観点から、テレビの地上波放送における3D映像の提供はかなり限定されたものになる(なんでもかんでも3Dにしない)など、3Dコンテンツの普及には問題も出てきているようです。そうなると、小さな子供に3DSを与えることに不安を覚える大人も出てきそうです(子供は欲しがるでしょうけどね)。さて、どうなることやら。

PSP陣営はというと、現在は噂レベルですが新型後継機「PSP2」に関する話も日々チラホラと出てきています。

ソニーがPSP2の開発キットを主要スタジオに提供開始-海外報道
(Game Spark)
海外開発者:『PSP2』がスタジオにある。かなりパワフルなマシンだ
(同じくGame Spark)

PSP2用のソフト開発キットが、既に各メーカーに提供されているというのです。中には既に実機が手元にあると言う開発者も。いずれも海外のニュースなのが何とも言えず「噂っぽさ」を醸し出しておりますが、もし国内からそんな情報が漏れたらそのメーカーはただでは済まないでしょうから、本当にそういう状況にあったとしても国内メーカーは沈黙を貫くしかないでしょうね。もちろん、ソニーはPSP2については「PSPに関するニュースは一切ありません」としています。ただ、もろもろの噂は尽きませんが、ソフトの供給形態に関する話題はいまのところありませんね。PSP Goの失敗もあり、データ配信は採らないような気もしますが……。


で、新型の話題がアツい携帯ゲーム機市場に、まさかの新たな参入者が現れました。マイクロソフト?残念ながら違います。では、セガ?それもハズレです。なんと、パナソニックだというのです。

パナ、携帯ゲーム機を開発 オンライン特化で15年ぶり再参戦へ
(産経新聞)
Panasonicがオンラインゲーム向け新型携帯ゲーム機
『The Jungle』を開発中
(Game Spark)



2010年10月6日に海外事情通筋から伝えられた内容によりますと、パナソニックが「ジャングル(Jungle)」という名称の新型携帯ゲーム機を開発しているんだそうです。事実であるなら、同社がゲーム機市場に参戦するのは約15年前ぶり。1994年にビデオ、写真、ゲームに対応したマルチメディア機器「3DO・REAL(スリーディーオー・リアル)」を国内で発売したものの、結果としては普及・成功したとは言い難く、ゲーム事業からは撤退(まあ、厳密には任天堂のゲームキューブ互換機「Q(キュー)」ってのも出してたんですけどね、パナソニックは……)。今回、新たな携帯ゲーム機を引っ提げての"再挑戦"になります。「ジャングル」はオンラインゲーマーをメインターゲットとした、インターネットに接続して遊ぶオンライン前提のゲーム機であるようです。公式サイトも公開されています(どこにもPanasonicの文字はありませんが……)。発売時期や仕様は未定とのこと。というか、国内で発売されるかどうかもわかりません。なんか仕様が「海外向け」っぽい気がするんですよね。

オンライン前提ということは、提供されるゲームもオンラインゲームになるのでしょう。「ジャングル」本体は、パカッと開くとディスプレイやタッチパッドのほか、キーボードも装備されているのが大きな特徴。まさしくオンラインゲーム仕様となっているわけです。いまの国内携帯ゲーム機は「オフラインが基本ですが通信機能もあります」「ソフトによっては通信プレイも可能です」という仕様であるわけですが、「ジャングル」は「基本的にはオンラインプレイ専用です(が、オフラインもできます?)」ということになりそう。既存の携帯ゲーム機と似ているようで、コンセプトは異なっていると言えます。海外ではウケそうですが、国内ではどうでしょうか。もっとも国内での発売が正式にアナウンスされたわけではありませんし、PSPやDSと同列に語って比較するべき性質のものでもないような気がしますね。

なお、パナソニックは10月7日、「Jungle」という名称のプロジェクトが存在することについては認めています。ただし、それが何を目的にしたものか、は語られておりません。
関連記事
スポンサーサイト


ゲームハード | 【2010-10-08(Fri) 03:41:59】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。