プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
パソコンが突然、起動しなくなった!
仕事から帰ると、テレビよりも何よりもまずパソコンの電源を入れるというのは、現代人のライフスタイルとしてもはや珍しくも何ともありませんよね。しかし!そこで見慣れたデスクトップがなにごともなく表示されればいいものの、画面が真っ黒のままだったり、青かったり、いつもと違ったならたいへんなことに。修理?買い換え?何が原因?と慌てることになりますが、そういうときこそ冷静な対処が必要です。あまりパソコンそのもの(特に内部、ハードウェア)には詳しくない筆者が、そんなときの対処について考えてみます。


筆者の場合、仕事から帰宅していつものようにメインのデスクトップPCの電源を入れ、帰路の電車でプレイ途中だった「モンハン」のG級キリン討伐の続き。さほど時間もかからずにクリアし、さてPCも立ち上がった頃かな、とモニターに目をやると、Windowsのロゴのところで止まってました。まあこんなことはたまにあることなので、いったん強制終了して再度の電源投入、すると黒画面に白文字で「ご迷惑をおかけしてます。Windowsを正常に起動できませんでした。ハードウェアやソフトウェアの更新が原因かもしれません」と。しかしハードの追加やら新しいソフトやらは入れた覚えがありません。ここでまず、考えるべきこと。

・前回使用したとき、パソコンは普通に使えていたのか
・それとも何か調子が悪かったのか


後者ならば故障や不具合の可能性があります。何か新しいソフトを入れたとか、内蔵HDDやらメモリやらを追加したとか、怪しいサイトにアクセスしてパソコンの挙動がおかしくなったとか……。故障のセンの場合、皆さんはパソコンを使う際はたいてい画面を注視していると思いますが、音にも注意をして下さい。ハードウェア的な故障が起こる場合、たいていはパソコンがいつもとは異なる音を発しているはずです。いつもよりファンがうるさい(夏場はともかくですが)、ハードディスクがいつもと違う感じでカリカリいってる、なんていうのは予兆です。これらを敏感に感じ取れれば、壊れる前に手を打てます。ハードディスクは寿命が近くなると今にも壊れそうな音を発します。通常のアクセス音と明らかに違いますから、誰が聞いてもわかるはず。まるごとHDDを交換するとか、大事なデータをバックアップしておくとか、対策しておきます。

筆者の場合は前者で、しかも前日にはまったく違和感なく使えていたのです。ソフトやハードにも特別な変更は加えていませんし、予兆も感じ取れませんでした。「通常起動」「前回の設定で起動」「セーフモードで起動」といった選択肢の中から、まずは通常起動をチョイス。ダメです、またWindowsロゴで固まります。次に、「前回の(きちんと動作していたときの)設定で起動」を試しますが、設定もなにも変更は加えていないのですから結果は同じ、Windowsロゴでフリーズ。最後にセーフモードで起動を選んでみましたが、こちらも黒画面の左上でカーソルが点滅したまま先に進まず。うーん、打つ手ナシか……。しかし、こういうときでも何か異変が起きていないか、気を配ることが大切です。筆者は何度か起動を試みるうち、USB接続の外付けHDDが勝手に落ちる(電源が切れる)ことを発見。PCの電源を入れるとフイーンと立ち上がるのですが、Windowsロゴになるあたりで外付けHDDの電源が切れるのです。PC本体のファンやら何やらは動いたままのに、です。ということは、

・どこかの接点がアマくなっている(抜けかけている)
・何らかの電源ルートに問題がある
・ホコリによるガリ


だいたいこんなところでしょう。こういうときはまずパソコンを開けます。デスクトップPCならそれほど難しいことではありません。いくつかネジを外せば本体の側面あたりの板がガバッと外せるはずです。これすら抵抗を感じる人はおとなしく修理に出すしかありませんが、無駄な出費を避ける意味でも、しばらくPCが使えなくなるという事態を避けるためにもトライして下さい。なお、念のために電源ケーブルなどはすべて抜いてから行いましょう。まして、PCの電源が入った状態ではやらないこと!さらに、静電気を逃がすためにドアノブなどの金属に触れ、身体の電気を放電しておきます。帯電したままPC内部に触れると、石がトんだりメモリが死んだり基盤がショートしたりします。

これらの準備をしたら、基盤や内蔵HDDなどにあるコネクタの緩みをチェック。「こんなパソコンの中の結線が勝手に外れるわけないじゃん」と思われるかもしれませんが、これが意外に抜けたり緩んだりするんですよ、いつの間にか。これらが正しくハマっていないと、電源供給に滞りができて何らかのハードウェアがきちんと動かなかったり、信号が伝わらないといった弊害がでます。それが済んだら、ホコリの除去、つまりお掃除です。長い間、開けていなかったPCの内部はホコリだらけ。これらが基盤に積もると最悪ショートしたり、焦げたりします。スプレー式のエアブローでブシューっと吹き飛ばすのが理想ですが、なければ「冷風を吐き出せ、かつ逆噴射機能のあるドライヤー」でも代用可(熱風しか出せないものはやめておきましょう)。それもなければファミコンのカセットのように息でフーフーしたくなるところですが、どんなに注意しても細かな唾液が飛んでしまうため、ショートの原因になり得ます。オススメしませんがやむなく実行する際は、しばらく放置し水分がとんでから電源を入れましょう。

そして重要なのが、ファンの掃除。PC内部と同様、ファンにはホコリが溜まります。それがスリットを塞いでしまうと、ファンは何の効果も発揮できなくなります。タバコを吸いながらPCを使う人の場合、ドロのようになったホコリで事態はさらに深刻に。これが原因でPCが熱暴走したり、起動しなくなったりします。ファンを取り外して掃除するのが理想ですが、元に戻す自信がなくてコワイという人は、ファンのスキマから綿棒や爪楊枝などでホコリを掻き出すのでもじゅうぶん効果があります(その場合、掻き出したホコリを内部に残さず、きちんと取り去ること)。この作業にあたってポロポロと崩れたホコリがまた内部を汚すので、ファンの掃除をしてから全体的な掃除をするのが良いでしょう。ファンはCPUクーラーだけでなく本体背面の大きなファンや、グラボなどに付いている小さなものについても掃除しておきましょう。

筆者の場合はついでにキーボードもピカピカにしてしまいましたが、すべての作業が終わったらPCを元に戻し、各種ケーブルを元通りに結線していざ!電源投入。問題なく起動したPCでこの記事を書いています。過去、何度もこういった確認&作業で起動しなくなったPCを自力で復帰させていますが、たいてい「ついこの前までは何の問題なく使えていたのに」というケースなら過去の経験上、このぐらいの作業でほぼなんとかなるものです。壊れていないのに修理したり、不満なく使えているのに新しいPCを買うのはもったいないですよね。一度お試しあれ。なお、掃除と点検は定期的に行っておくと、こういう事態を最小限に抑えることができます。

このような、「どこがおかしいのか原因を絞り込んでいく」検証作業を、「トラブルシューティング」と呼びます。わかりやすいところだと、

シンセミキサーPCDAWアンプスピーカー

このような環境で「シンセの音が出ない!」となったとき、ムダな作業を最低限にまで省くべく、どこが悪いのかを検証していくのが「トラブルシューティング」。これだけいろいろなものが繋がっているのですから、どこが原因なのかやみくもにトライ&エラーしていたら効率的ではありません。順序立てて考えていくのです。このような結線の場合、まず疑うべきは初歩的なことですが音の発生元であるシンセ。

・ヘッドホン端子から音は出ているか?

ヘッドホン端子から音が聞こえれば、音色の設定やシンセ本体のボリュームは問題ない、シンセのラインアウト端子が壊れているのでないならシンセ本体に問題はないと言えます。ラインアウトも疑うのであれば、ステレオ両方とも音が出ないのか?左(MONO)だけ出るのか?音色のルーティングやPANの設定に問題はないか?と詰めていきます。シンセに問題がないなら、次はミキサーを疑います。

・適切なチャンネルに入力しているか?
・出力バスに間違いはないか?
・音は出ていないがメーターは触れているか?
・入力メーター、出力メーターそれぞれはどうか?

メーターが振れていれば、シンセの信号はミキサーまでは来ていることになります。メーターすら振れていないということは、シンセの音がミキサーに正しく入力されていないことになります。また、わりとあるのが「ケーブルが死んでいる(断線している)」というトラブル。ケーブルを変えたら音が出た!ということもあります。ミキサーに問題がなければこの後はミキサーとPC(オーディオインターフェイス)の間、そこにも問題がなければDAWの設定、アンプ、スピーカー……と、あらゆるトラブルの可能性を探り、ひとつずつ潰していくことで原因を特定するのです。「結局ひとつひとつ検証していくのは総あたりじゃないか」と思われるかもしれませんが、慣れた人はこれを頭の中で瞬時に行います。考え方の訓練と言いますか、「あーでもないこーでもない」とまとまりのない思案をすることと、系統立てたトラブルシューティングは思考としてはまったく異なるものです。

ということで、PCの不具合から派生して「トラブルシューティング的・思考のススメ」でした。最近思うんですが、「デキる人」というのはトラブルシューティングを事後に行うのではなく、事前にシミュレートできる人のことなんじゃないかと。「こうするとこうなる、これをやっちゃうとマズいことになる」という思考を、トラブる前にできる。だから結果的にうまくいく。トラブルシューティング的思考は実生活にも役立ちますよ。仕事はもちろん、ゲームでだって「クリアできないのはなぜだろう」と原因を探ったり、恋人と別れたときもその原因を……せつね。

関連記事
スポンサーサイト
電脳・家電 | 【2010-09-30(Thu) 07:36:36】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。