プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
人生初の内視鏡。
以前に「人間ドックを受けた」という話はどこかで書いたと思うのですが、その結果、「胃に何かあるっぽいので検査するべし」という案内が届きました。実際には「何かあるっぽい」なんて無責任なことは書かれておらず、「ポリープらしきもの」と明記されています。ほうほう……胃ポリープですか。よく知らないのでネットで調べてみました。

・ストレス、疲労、不規則な生活、不規則な食事でできる
・形状によって良性のものか悪性のものかはだいたいわかる
・多くが良性(特に問題・支障がないもの)である
・良性のものが悪性のものに変質したり、ガンになることはない
・悪性のものは転移することがある
・ガンそのものである場合もある

他にもいろいろ細かくあるのですが、自覚症状は一切ありませんし、仕事も忙しかったので

放置。

ところが、その案内状を家の者に見つかってしまいました。そして以前に母親がお世話になった医者を勝手に紹介されてしまいました。さらに、病院に行く日時も勝手に決められ、しかも予約されてしまいました。行かざるを得ない状況をきわめてスムーズに作られたわけです。こうなったらしかたないので、渋々診察に出かけることに。つーか、ほとんどダメな人間だな、オレわ。


とりあえず初回は問診のみで、内視鏡検査を予約。あとは検査に必要だということで採血だのなんだのを行い、2週間後、いよいよ内視鏡検査の日がやってまいりました。つまり、胃カメラです。飲んだことはありません、今回が初めてです。ですが「激しくオエッとなる」イメージだけは持つことができますよね。正直、気が重かったです。しかし、会社の先輩が以前に「今の胃カメラはたいしたことないよ」と言っていたし、医療技術の進歩を信じることにしました。

当日、病院に着いてまず血圧測定。これは機械で、自分で行います。次に、なんか氷を渡されて飲むように言われます。これ、ノドの麻酔なんだそうです。口に入れて溶かしながら、喉の奥に流し込むように飲み込みます。はっきり言ってマズいんですが、ガマンです。しばらくすると、喉の感覚がかつて味わったことのない状態に。シビれるというか、ツバを飲み込むことすら頑張らないといけなくなるのです。これが麻酔がかかったということなのですね。これなら、喉にカメラ突っ込まれても「オエッ」とならないってワケ。さらに肩から「胃の運動を抑える麻酔」を注射。なんで肩?

ダブルの麻酔が効いてきたかな?という頃、呼び込まれて撮影室へ。簡単なベッドのそばには、モニターのついた内視鏡マシンがそびえ立っております。薄暗くてイヤな雰囲気ですね。おもむろにベッドに横向きに寝転び、姿勢をいろいろ正されます。視線の先には黒い管……。もしかして、これカメラ?思ってたよりもかなり太くね?とドキドキ。まあ、喉は完全にシビれてるので、大丈夫なんだろうな、たぶん……。医師と看護士さんからいろいろ注意事項を伝えられます。

・身体の力を抜く
・ツバは飲み込まずすべて外に出す。飲むと気管に入ってムセる

そしていよいよ、カメラを手にする医師。管がクネクネとのたうちながら、先端がピカピカと光ってます。これを突っ込まれるのか……やっぱけっこう太いじゃん。マウスピースをかまされ、「では、喉に入れていきますよ。力を抜いて、ゆっくり息をして……」

ズボズボズボ。

「おごっ、ぶふっ、おえ゛え゛え~、ごげぇ~!」

汚くてすみません。でもほんと、生き地獄。想像していたよりもずっとキツいです。つか、麻酔まったく役に立ってないから!ふつーに苦しいから!いや、普通じゃないから!ムリムリ、イヤッ、らめぇ~そんなの入らない!

とは言えない(言葉を発せない)ので、ひたすら呻くのみ。あまりに苦しがるので2度の小休止を挟みますが、検査を中止するわけにはいかず、「はい、ここがいちばん苦しいところですけどね、ここを通ればラクになりますからね~」と医師に慰められ(?)つつ、異物が喉を通り抜けていきます。看護士さん(女性)は、ずっと私の肩をさすっています。そうこうするうち、カメラは腹部へ到達したもよう。慣れてくると、確かにだいぶラクにはなりました。ピッ、ピッと撮影してるっぽい音がします。しかし、くまなく撮影するために途中でカメラの向きをグリンと変えるのですが、腹の中でなにかが自分の意志とは関係なくうごめく感覚は、エイリアン降臨って感じでなんとも気持ち悪いものです。さらにときおり、胃内部の洗浄のためでしょうか、医師は手元からチューブに液体を注ぎ込みます。すると、お腹のなかに「ブシャー」と冷たい液体が流れ込むのです。これがまた気持ち悪い!そして、ちょっと目線を上げればモニターに映し出された自分の胃の中。意外にクリアに映るもんなんですね。しかし見てて面白いものではありません。

そんな感じでブフー、ブフーとだらしなく呼吸する私をよそに撮影は続き、検査のためにポリープの組織を採取することに。ワイヤーのようなものをチューブにスルスルと入れる医師。モニターを見る勇気がなかったのでこれがどういうものかはわかりませんが、これでポリープの一部を採るんですね。「では、採りま~す」という医師の合図に、ぜったい「チクッ」とくると思った私は思わず身構えます。身体の中からポリープとはいえど我が身の一部をむしり取られる痛みは想像がつきません。ところが、医師がヒョイッとすばやく手を引くと、何の感覚もなく「はい、採れました」。もっとも、ノドの方がツラかったため感じなかったのかもしれませんが……。

撮影・採取ともに終了し、あとはカメラを引き抜くのみ。これもイヤなもんでしたが、入れるときに比べれば多少はラクでした。肩で息をし、「思ってたよりもキツいですね……」と漏らす私。医師は「次に飲むことがあったら、麻酔を増やした方がいいかもしれませんね」と言い残してクールに立ち去ります。その後は撮影した写真を見ながらの診察。組織検査の結果が出るのは2週間後とのことですが、写真で見る限りは良性のもので心配ない、とのこと。

検査後、1時間してから飲み物、2時間後に食べ物がOKとなりますが、刺激物とお酒は避けろとのお達し。つーか、ノドや腹に違和感ありまくりで、しばらく食欲が湧きませんでした……。前日の夕方頃から断食していますから、検査前は「終わったらアレを食べよう、いや、コレもいいかな?」などと考えてたのですが、ダメージがデカすぎて何も食せず帰宅。はっきり言って、内視鏡は2度とやりたくないですね。現代科学・医学の限界を感じました。もうちょっと細くできんのかな?

皆さん、身体は大事に。
関連記事
スポンサーサイト
身体・医療 | 【2009-09-29(Tue) 18:34:53】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。