プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
とにかく凄い人気の初音ミクですが…。
hatsunemiku_packageimg.jpg

figmaをはじめ、あらゆるアイテムが予約開始とともに瞬殺(=速攻で売り切れること)となる稀有なキャラクター、それが初音ミクです。ハルヒだろうが何だろうがそんなことはなかったのに、ミクはもうすぐになくなりましたね。続く鏡音リン・レンも同じく瞬殺でした。別にアニメキャラでもゲームキャラでもないのに……。まあミクはアニメキャラになりつつあるようですが。

よく知らない人のために解説。「初音ミク」というのは、そもそも「パソコンソフトのイメージビジュアル」でしかありませんでした。そのソフトというのが、クリプトン・フューチャーメディアが発売している「ボーカロイド2 初音ミク」。簡単に言うと、「バーチャルボーカリスト」です。ヤマハの技術を利用し、入力した歌詞と音程に基いて人の声で歌ってくれるソフトなのです。これまでいろいろな会社からバーチャルボーカリストソフト&ハードは出ていましたし、クリプトンも初代ボーカロイドとして「MEIKO」「KAITO」といった日本人ボーカルや「ミリアム(アディエマスのミリアム・ストックリー!)」をリリースしていました。言うほど単純なことではないのですが、わかり易く言えば「人の声を楽器音のように細かくサンプリングし、それを活用して歌わせる」ものです。

そこに「萌え」を採り入れ、アニメ声優ふうの声でやってみたのが「初音ミク」。DTM(デスクトップミュージック=つまり打ち込み)ソフトとしては異例の大ヒットとなりました。それまで音楽制作なんかやったことない人も作品を作ってはネットで公開。カラオケに替え歌を乗せただけのものから手間のかかったもの、さらにそれに空耳動画を付けてみたり……。そういった音源や動画はネットに溢れ、それを見て「こんなの作れるんだ!」と感動した人もソフトを買って作ってみる……「クチコミ」ならぬ「ネットコミ」によって売れに売れたわけです。


しかし今、皆さんがご存知のミクのビジュアルは、パッケージに描かれた「イメージ」でしかありません。ソフトを起動したところで、そこにはシーケンス画面があるのみ。ミクが画面上に現れるわけではないのです。しかし「声+ビジュアル」のインパクトは絶大だったようで、ネットにはミクを描いたイラストや漫画が氾濫していくことになります。「音は作れないけど絵なら…」という役割分担も上手く作用したようですね。そうしてユーザーの手によっていろいろな形でミクはビジュアル化され、キャラクターとしてひとり立ちしていきました。そうなると、立体化、つまりフィギュアとして商品化されるのは自然な流れだったわけです。単なるパソコンソフトのイメージだった一点もののイラストが、ついにはフィギュアになる……。そしてどんなアニメキャラ、ゲームキャラよりも人気を得る……。ちょっと面白い現象ですよね。言わば今のミク像は、ユーザーが作ったものなのです。それについては、アニメ界・ゲーム界に絶対的な(ちょっと前で言うなら綾波レイぐらいの市民権を得るほどの)ヒロインが不在だったことも影響しているでしょう。

そうして、いまやダントツの人気を誇る二次元発のキャラクターとなった初音ミク。フィギュアは前述の通り瞬殺状態です。で、それを見ていて思ったことがあります。

フィギュアを買った人の中で、
ソフトも持ってる人ってどのぐらいいるのか?


こぞってフィギュアを買い求める人たち、しかしもしその大半がソフトは持ってないとしたら……初音ミクって何なんだろうな、と。中には「で、これなんてアニメに出てくるの?」なんて人もそのうち出てきそう。フィギュアまで買った人はちゃんと、ソフトも買ってあげなさいよ。ミク萌えを自認するのであればそりゃもう義務です。筆者なんかはまずソフトから入っているので、



こういうことになっちまうわけです(泣)。

名誉のために書きます。筆者はfigma(つーか可動式おもちゃ全般の)ファンなのでちっこい方は自分で買わせていただきましたが、でっかい方はいただきものです。さすがにそこまでキャラクターにハマってません。筆者にとってはソフトありきなので……。figmaがウチにいるのを見たある人が、サプライズとしてでっかいのを持ってきたんです。誕生日も近いからあげる……とのことなので、ありがたくいただきました。が、さすがにふだんはクローゼットの中に封印してます。良い機会なので写真に撮ろうと思い、引っ張り出してみました。

 ←これはfigmaのミク。
 ←これはグッドスマイルカンパニーの非可動もの。


並んでパチリ。背景が楽器だとやっぱ絵になります。

うわああん、これではヲタな部屋ではないか!自慢じゃないが筆者の部屋はヲタ的なものを一切排除してるというのに。というわけで写真撮ったらとっとと撤収!とにかくだな、必死こいてフィギュア買い求めて高くてもいいから転売屋なんか利用しちゃったようなヤツは問答無用でソフトも買いなさい!そしてクリプトンをもうけさせてやれ!DTMソフトでこんなヒットは二度とないんだから。



その他の初音ミクを見てみよう!
関連記事
スポンサーサイト
おもちゃ・ホビー | 【2008-10-26(Sun) 09:25:20】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。