プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
パクリパクリと騒ぐ前に……意外と知られてないこと。
エヴァ」の新劇場版「序」、なんか世間的にもだいぶ落ち着いてきましたね。見たかった人はだいたい見たんじゃないでしょうか?私のような人間にとってはサントラも非常に楽しみで、発売日前日にゲットしてからはヘビーローテーションの日々です。

話はガラッと変わりまして、「踊る大捜査線」が10周年なんだそうで、テレビ版の再放送に始まり劇場版2作とスピンオフ作品も続々テレビ放映。DVDすべて揃えていても、テレビでやってるとついつい見ちゃうんでどうにかして下さい!特にテレビシリーズは、テレビ放送時とビデオ版で使われている音楽がけっこう違ったりして、マニアックなところで楽しめるのです(テレビ版は市販音楽からの選曲で思いっきりプロディジーかかってたり)。

とまあ、「エヴァ」と「踊る」の話題を並べたのは気まぐれでも何でもなくて、もちろん関係あります。ちょっと知っている方なら「踊る」が「エヴァ」の影響を多く受けた作品であることはご存知でしょう。「エヴァ」の劇伴がそのまま流れたり、最終話の冒頭(テロップ処理のダイジェスト)はまんま「エヴァ」ですし、スペシャル版ではエヴァさながらに「第九」をかけたり……。これをオンエアで見て、一度でも「パクリだ!」と思ったことのある人は、今回の記事をよ~く読んでみて下さい。


しかし、一般的な知名度は「エヴァ」よりもやはり「踊る」にあったりして、逆に思われることがけっこう多いんです。たとえば、新劇場版「序」のサントラを職場なんかで聴いていると、「Bataille Decisive」が流れたあたりで決まって「おっ、それ"踊る"のパクリか?」と言われてしまいます。声を大にして「逆だ~!」と言いたい。この曲は「エヴァ」劇伴の中でも最も有名な曲。もともとテレビシリーズ「エヴァ」の劇伴で、原曲は「DECISIVE BATTLE」。「MAGMADIVER」というアレンジバージョンにも派生した、「エヴァ」を代表するBGMなのです。どういう曲かと言うと……。

(ティンパニ)
デン、デン、デン、デン、ドンドン
デン、デン、デン、デン、ドーン
(金管の刻み)
ンッパッパ、ンッパッパ、ンッパッパ、ンッパッパパーパー
(ストリングス駆け下り)
チャッチャラチャッチャラチャー・ララー・ララー・ララー

……わかんねえか。ごめんな。表現力なくて。ともかくですね、そのイントロのティンパニからインパクトありまくりで、圧倒的に「立った」曲なんです。劇中使用頻度もダントツじゃないでしょうか?で、あまりに「立つ」ので、「踊る」のカントクがどうしても使いたくて、庵野カントクに許可を得てドラマの中で流したんです。それもまた、この曲が有名になった理由ですね。さらに「踊る」のカントクは、おそらくビデオ化された時の権利関係への対策と、シリアスなシーンに借り物の曲を流すとどうしてもパロディ感が出てしまうことから、「踊る」のBGMを作曲している松本晃彦氏に「エヴァのこの曲みたいなの作ってよ」と依頼。そしてできたのが「踊る」劇伴の「危機一髪」です(踊る大捜査線 サントラ2に収録)。「エヴァ」の「DECISIVE BATTLE」が生音編成だったのに対し、松本氏の「危機一髪」はシンセとサンプリングによる打ち込みですが、それっぽさはじゅうぶん出てました。サントラを聴いて「ここまでパロればたいしたもんだ」と思ったものです。後に劇場版第二作「レインボーブリッジを封鎖せよ!」で、「危機一髪II」としてオーケストラバージョンも作られるほどの定番曲になりました(もちろんサントラに収録)。「エヴァ」から借りてきた曲の亜種が作られ、それがまた作品中でオリジナリティを得て……。聞き流している人にとっては「どれがオリジナル?」というところですが、ここまで述べた範囲では明らかに「エヴァ」がオリジナルです。

というようなウンチクを「オレって詳しいだろ~」とばかりに語りまくってるエヴァマニア兼・踊るマニアな人に、私は「待った!」と言わせてもらいます。確かに「エヴァ」と「踊る」を比較した時、どちらが元かと言われれば「エヴァ」でしょう。それは間違いありません。が、実は「エヴァ」の「DECISIVE BATTLE」もまた厳密にはオリジナルではなく、しっかり元ネタがあるんです

007 From Russia with Love [Original Motion Picture Soundtrack]

リンク先でおそらく試聴できると思うので、7曲目「007」および18曲目「007 TAKES THE LEKTOR」を聴いてみて下さい。明らかに……でしょ?!これが庵野カントクの要望なのか鷺巣氏のアイディアなのかはわかりませんが、庵野カントクは音楽や効果音の発注に際して、具体的な音源やビデオを用意し「こんな感じで」と伝える人であることは有名なハナシ(少なくとも「ナディア」の頃はそうでした)。「踊る」の本広カントクは後でこの「007」のことを知って、「(エヴァの曲にも)さらに元ネタがあったんですよ」と語ってました。

サンプリングは音楽製作の手法としてすっかり定番となり、「オマージュ」と言い換えられた「パロディ」も珍しくなくなった昨今、既存の「何か」を使うことは恥でも何でもなくなってます。庵野カントクも「今の時代、完全なオリジナルはもうムリ。結局誰かがどこかでもうやっている」みたいなことを言ってましたね。余談ですが「踊る」の有名すぎるメインテーマも、イントロから聞こえるあの独特の弦をひっかく音色、そしてストリングスの旋律はメキシコ音楽からのサンプリングです。松本氏はそこにリズムとベース、後半のシンセメロを加えたわけですが、そのシンセメロにも聞き覚えが……(「燃えよドラゴン」?)。ちなみに監督からの注文は「ミッション・インポッシブルのような、イントロでそれとわかるインパクトのあるものを」でした。言われてみればなるほど、その要素は盛り込まれていますね。

さて、私は長々と何を言いたいのか?つまり、あとは受け取る側の問題なんじゃないかと思うんです。「"エヴァ"は"踊る"のパクリだ」「いや、逆だろう」みたいな話はいらん、と。無断でやってたらパクリですが、ちゃんとスジは通してるわけです。本広カントクは庵野カントクに許可をもらってるし(テレビ放送なら必ずしも許可はいらないにも関わらず)、庵野カントクも「踊る」を見ていてファンだったのですぐ了承したのです。事情も知らず、安易に「パクリ」という言葉を使いすぎてはいないでしょうか、我々は。で、ここでこの話を読んだら今度は「"エヴァ"の曲は"007"をパクッてる」と言うつもりですか?言われなければ知りもしなかったことなのに?「"踊る"のテーマはメキシコ音楽だ」って、原曲聴いたことあるの?

「植松は○○をパクッてる」「"ドラクエIIの城"は"G線上のアリア"のパクリだ」、インターネットなどでこのテの話題を目にするたび、私はウンザリするんです。博識なのはわかったからもういいよ、と。映画でクラシックが流れたら全部「パクリ」と言うつもり?じゃああなたはパクらずに何が作れるの?というようなことはクリエイターは言っちゃいけないことになってるようですが、私ゃ別にクリエイターじゃないからいいんです。「パクリ」って言葉、もうちょっと吟味して使いましょうよ。え、「プラネタリウム」……?そんな曲、知りません。


姉妹曲大集合!パクリ評論家なアナタは全部集めてみては?
関連記事
スポンサーサイト
音楽 | 【2007-10-14(Sun) 06:53:30】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。