プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
機動戦士Zガンダム「星を継ぐ者」見ました!


新作カットのエマさんかわゆすぎ!というわけで、DVDが届いたので朝からさっそく拝見しました。もちろんサラウンドでバッチリと。劇場公開直後は声優問題もあってとにかく話題にはなった作品ですが、「新訳」はどのようになされたのか?とワクワクしながら。




ま~、テンポが速いこと速いこと!怒涛の展開で休むヒマなく展開していくストーリー。テレビ版では一話を費やしたエピソードがちっこいパソコンのモニターで処理されちゃってたり。私はテレビ版をもろに知っている世代ですんで(中学1年生でした)、その展開を頭で補完できますけど、予備知識のない人、もしくは「ガンダムなんて忘れちゃったよ」という人が見て理解できるんでしょーか?「そのシーンに至る流れ」が失われているので、今回初めてガンダム見るんだ~、って人にはツラいかも。そもそも「Z」ってそういう作品なんですけどね。初代の「ガンダム」を知らなければ「アムロって誰?シャアって?キャスバルってナニ?」なわけで。監督的には若い世代の人にも見てほしいようですけど、こりゃ難しいです。ある意味ガンダムシリーズ全体の課題かも。

あとは監督も「ハナから馴染むわけない」と言いつつ実行した、古い(20年前の)画と最新の画の融合。これについては当然違和感を感じないわけありません。お世辞にも「うまくできてる」と言うほどのもんではなく、ファンは新作カットを素直に楽しむのが良いです。特にモビルスーツ戦はクオリティ高いですよ。これもテレビ版を知らない、もしくはガンダム初見の人にとっては「絵がバラバラ」にしか見えず、世に溢れる数々のアニメ作品と真正面から勝負を挑むのは無謀ですが、これができることこそ「ガンダムだから」であって、この絵を評価対象にしちゃイカンと思うのですよ。もちろんそれはガンダムファンだからなのであって、それを一般の人に理解させるのは難しいですな。というか最も驚いたのは「アッシマー、オマエその顔どーしたん?!」のあのシーンでした。


み、三つ目?!

この作品を本当に楽しもうとするならば、テレビバージョンを基準に、自分の脳内で本作の新作シーンをはめ込んで紡ぐような見かたがベストなんではないかな。もちろん第三部に至る流れでストーリーが変わることもおおいにあり得ますけど。カミーユのキャラがけっこう変わってるみたいですし、シャアもテレビ版よりやや明るい性格になってるっぽい。とにかく私としては最後まで見届けるしかないと思ってます。やっぱアムロとシャアが邂逅するところなんかはひとりで盛り上がれましたし、なんだかんだ言って楽しみました。ひとつだけ言いたいのは、この映画版だけを見て「Z」を評価してほしくはないということ。テレビ版もぜひ見てほしいです。レンタルしてますし、DVD-BOXも出てますから。



あと、音関係について。劇伴音楽はテレビシリーズのものをそのまま使っている部分が大多数。懐かしいという点では良いです。今回のために新録音された新曲もあり(もちろん三枝氏が担当)、「逆襲のシャア」に似た感じのオーケストラものになってます。新曲の中にも過去の劇伴のフレーズが使われていたり、「Zの音楽」になってるのはさすが。新曲のサントラは出さないのかな?それでもまあ、テレビ版のサントラで大部分の楽曲は聴けます。最初は3枚リリースされていたサントラですが、今は(と言っても10年以上前ですが)2枚組みのCDで未使用曲まで入ってるのがあります。



効果音は、テレビシリーズを知っている人には違和感あるかな?かつて劇場版ガンダムがサラウンド化されてDVDで発売された時、最もファンからの酷評を集めたのが効果音だったように……。アニメーションでは効果音も立派にキャラクター(モビルスーツ)の構成要素なんですよね。マークIIや百式のビームライフルの音が変わっているのは、仕方ないとしてもやっぱり残念。それにも増して、テレビ版ではほとんど耳にしなかった「旧ガンダムの効果音」がやたらと使われていたのが気になりました。モビルスーツの駆動音、足音、衝撃音なんかがそうですね。これは担当している音屋さんが変わっているからなんですが、もうちょっとテレビ版を研究してほしかった。「サラウンドなんだからしょーがねーだろ」という言い訳は通りませんよ?旧ガンダムの音をいっぱい使ってるんだから。フィズサウンドって確か「Vガンダム」もやってたっけか。

Gacktの主題歌は個人的にはどーでもいいんですが、彼もかなりヘビーなガンダムファン(というかガンヲタ)なのは有名なところでして、そうとは知らず彼のファンをやってるような世代がガンダムへと流れて来てくれると、商業的な意味ではいいですね。「テレビシリーズの主題歌の方が良かった」という人には、良い感じのミニアルバムがリリースされているので御紹介しておきますね。鮎川麻弥「Z・刻をこえて」「星空のBelieve」と森口博子「水の星へ愛をこめて」「銀色ドレス」をカップリング、ジャケットは当時のシングルレコードのイラスト!また、シングルレコードにしか入っていなかった「Z・刻をこえて」のロングバージョンとインストルメンタルも収録!これで1260円はオススメです。私も買っちゃいました。



本日、第二弾「恋人たち」の公開となる新訳・「Z」。おそらく第三弾の公開直前にDVDが出るでしょー。こちらも楽しみにしてます。
関連記事
スポンサーサイト
アニメ | 【2005-10-29(Sat) 14:04:18】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。