プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンダイナムコ「テイルズ オブ グレイセス」2周目でバグ祭り!
バンダイナムコゲームスが2009年12月10日に発売したWii用RPG「テイルズ オブ グレイセス」において、2周目プレイで凄まじい数のバグが発生することが判明し、ユーザーの間で騒動が起こっています。不幸中の幸いなのは、それらが「2周目」で起こるものであり、1周しかプレイしない人や「やり込まないユーザー」にとってはさほど影響がないところ。とは言え、筆者は最近のテイルズシリーズは乱発しすぎてわけがわからず、いつしかチェックすることすらしなくなったのですが、ファンの声を拾うと「テイルズで2周は当然」ということになっているようです。1周だけじゃ遊び尽くせず、2周目から本当の楽しさが……的な。ところが「グレイセス」では尋常でないバグのおかげで、本来ならば得られるはずだった「2周目の楽しみ」や様々な「コンプ達成要素」が妨げられているというのです。

『テイルズオブグレイセス』
2週目以降に発生するバグが酷すぎてやりこむ気にならん
(はちま起稿)


データ引き継ぎが可能なタイプのRPGにおいては、各要素の詳細を知っていようといまいと、「1周目はストーリーを追って自力でプレイ、2周目でやり込み要素をネットや本を参照しながら追及する」という遊び方はそこそこポピュラーだと思うのですが、今回の件は知らずに2周目に突入していたら既に手遅れ。もろもろのコンプ要素を極められなくなるという、やり込み派にとってかなり迷惑なものだそうです。回避するためには、それを前提として1周目から対策をしていかなければなりません。もっとも、「俺は1周しかしないから関係ないや」「2周するけど、コンプ関係は興味なし」という人もいるでしょうが、バグはなにもそれだけではありません。コンプ要素とは関係なく、Wiiの電源が突然落ちるとか、BGMがカオスなことになるなど、通常のプレイに支障をきたすバグも報告されているのです。

前述のように、筆者はテイルズシリーズにはついていけなくなったリタイア組ですので、「TOG」はプレイしていませんし、その予定もありません。ですので直接的には何の害もないのですが、いちゲームユーザーとしてひとことだけ言わせていただけるなら、

こんなもの市場に放ってくれるな。

いつも言ってることですが、ゲームはプログラムですからバグはあって当然。しかも今のゲームは複雑化し内容も肥大していく一方なわけで、最初からバグが起こらない方が奇跡のようなもの。バグが起こったのなら、きっちり潰して発売して下さいよと。デバッグはしっかりお願いしますよと。「TOG」の開発には3年を費やしているらしいのですが、そのうちデバッグ期間はどのぐらいなのでしょうか?まさか1周目はデバッグしたけど2周目はちょろっとだけ……なんてことじゃないでしょうね?引き継ぎ要素を盛り込むのであれば、むしろそっちを厳しくチェックすべきなのに……。「いやいや、デバッグはちゃんとしてるんですよ!」というのであれば、これだけユーザーを騒がせたバグに気付かないんだから、デバッグ担当者&会社を晒していただきたいものです。現代のゲームについては購入の判断材料として、ユーザーはメーカーやクリエイターよりもデバッガーをチェックすべきなのかもしれません。

もちろん、デバッガーサイドは今回のバグをきっちり発見・報告したものの、開発がシカトしたということもあり得ます。「直してたら発売日に間に合いません!」「ええいしかたない、このままGO!」という。そんなバカな、と思われるかもしれませんが、バンナムは過去に「カルドセプト サーガ」という不名誉な伝説がありますので、個人的な信頼度はほぼゼロです。「やりかねないなー」と。

大手メーカーである以上、そして有名シリーズタイトルである以上、こういったことは他のメーカーにとって模範となるレベルにまできちんとやってくれなければ困るんですよ。ゲーム業界全体の不利益になり得るのです。スクエニを持ち上げる意図はありませんが、「ドラクエIX」というビッグタイトルにおいて開発中にバグが大発生したことを公表し、発売を延期したことは、業界の信用と企業の信用、ユーザーの安心という意味で「よく決断してくれた!」と賞賛していいものだったと思います。当然、それらを得るための(良い意味での)パフォーマンスとしても一流と言えるでしょう。「スクエニは業界を代表する会社ですから、そういう対策はしっかりやってます」というアピールですね。それに対し、今回の「TOG」の件についてユーザーたちの声といえば、「バンナムだからしょうがない」「どうせバンナムのことだからダンマリだろ」「バンナムの有料ベータだし、よくあることです」「諦めろバンナムだぞ?」「バンナムのゲーム買うやつが悪い」……信用はとっくに地に堕ちているようですね

こういう不具合だらけのメジャータイトルが堂々と発売されているようでは、「ゲームは世界に誇れる日本の文化」なんて恥ずかしくて言えませんよ。HDD搭載の「次世代機」であれば、あとからパッチで不具合を修正する「あと出し」も可能ですが、Wiiでは……。それについてもゲーマーたちは「他機種移植の完全版で修正だろ」「Wii版ユーザーは有料ベータテスター、ごくろうさん」……信用されてないねえ、見事に。そして記事執筆時点で、メーカーサイドのコメントや対応はなし。だんまり。それで何を信用しろと?

まあ、プレイもしていない「部外者」な筆者がここまで言う必要もないのですが、当の「TOG」をプレイしている人たちはどうなんでしょう。ここで注目したいのは、「テイルズ」シリーズの現状。有名なシリーズではありますが、今は爆発的に大ヒットする作品ではありません(タイトルを貶める意図はありません)。PS2の頃を「前世代」とするなら、現在のDS、Xbox 360、Wiiというプラットフォームにおいて、テイルズシリーズの売り上げはそれぞれだいたい20万~25万本ほどです。

2006年10月26日発売「テイルズ オブ ザ テンペスト」20万5千本
2007年12月6日発売「テイルズ オブ イノセンス」24万6千本
2008年6月26日発売「テイルズ オブ シンフォニア」21万本
2008年8月7日発売「テイルズ オブ ヴェスペリア」20万本
2008年12月18日発売「テイルズ オブ ハーツ」26万本

これはほぼ、固定客(シリーズファン)と考えて良いと思います。となると、「グレイセス」の発売数もおおよそこの前後となるでしょう。固定客ということは作品への思い入れもあるでしょうし、やり込む割合も高いのではないかと思われるのですが、ユーザーの声を拾ってみると、「引き継ぎ系のバグだけでもなんとかしてほしい」という「やり込み派」と、「テイルズはいつも1周すると飽きる」「バグ騒ぎすぎ、たいして影響ない」という層に分かれているのです。テイルズは好きだけど、そんなにやり込むつもりはないという人もそれなりにいる。実際にゲームをしている人たちがそれほど大騒ぎしているわけではないのに、バグがニュースになりゲーマーたちの間を駆け巡る。これはどういうことなのでしょう。そう、それこそが、

バンナムに対する評価の顕れなのです。

「またやったのかバンナム、祭りに乗ってやれ」と、プレイしていない人の方が騒いでいるような気がします。筆者も含めてですけどね。もちろん筆者は、面白半分で取り上げているわけではないつもりです。商品として世に放たれたものの中に、いいかげんに作られたと思われる・そのメーカーの姿勢を問われるようなものがあるのであれば、それについてはいちゲームユーザーとして発言しておきたいと。ちょっとやそっとのバグであればわざわざ記事にもしませんが、「もし自分がプレイしてたら、これはそうとうイヤだなあ」というものについては、今後そういうソフトを生まないためにも苦言を呈したい。それが今回はたまたま自分のプレイしてないタイトルだっただけ。プレイしていようが贔屓にしている作品だろうが、そこは区別しません。
関連記事
スポンサーサイト
不具合・トラブル | 【2009-12-24(Thu) 03:34:02】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。