プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
年末商戦2大タイトルのプレイを(やっと)開始!
ff13_title.jpg mariowii_title.jpg

まあなんだかんだ言って、2011年末~12年頭のビッグタイトルと言えば、PS3の「FFXIII」とWiiの「Newスーパーマリオ」ですね。久々にまるまる1日ポカーンと予定が開いたので、届いてはいたものの封も開けていなかったこれらの作品に手をつけてみました。

初代ファミコンの「スーパーマリオ」から、ディスクの「2」、ファミコンの「3」、スーファミの「ワールド」ときて、NDSの「New」はもちろん、ゲームボーイ(白黒)の「ランド」まで「スーパーマリオ」と名の付くものはすべてプレイし、クリアしてきた筆者……あ、いや、「サンシャイン」と「ギャラクシー」はやってねーや。まあいいか。とにかく中学生の頃からリアルタイムでマリオの進化を見て、その挑戦を受け続けてきたわけですから、今回だって受けて立ちますよ!ということで、まずはWiiを起動し、マリオを……。

アップデートが必要です。

ううっ。そこからかい……。マリオどころではない。


そういえば最近、家で据え置きゲームやってなかったわ。アップデートを終え、いざプレイ開始!Wiiリモコンを横に持つスタイルは決してやりやすい形ではありませんが、しばらくしたら慣れてきます。とはいえ、ファミコンのコントローラーには及びませんな。素直にクラコン対応にしてほしかったものですが、プロペラとかネジ回しといったWiiリモコンならではの要素は、「スーパーマリオ」シリーズに常に新しさと驚きを盛り込むためにはきっと必要だったのでしょう。なんかね、古参ユーザーとしては「新要素とかいらんから、昔の操作性のままコースのバリエーションを増やして難易度を上げてもらえないかのう」と思ってしまうんですが、それだと新規ユーザーが入って来ないですね。

とか何とか言いつつも、さすがにシリーズをアホほどやり込んだ経験値はいまだ潰えておらず、ゲームオーバーはもちろんのことミスもほとんどないままワールド1を制覇。なんか、キノピオの「助けて~」に応えながらのんびりプレイしていたら、いつの間にかマリオの残機が40匹を超えてしまいました。無限1UPはやっておりません。そういえばDS版の「Newスーパーマリオ」も、初回プレイで一気にクリアしたんだっけなあ(しかも職場で)。そのままの勢いでワールド2に突入です。さすがにいろいろ新要素が散りばめられてきて、予習なしではポカミスも生じてきます。そのミスから攻略法を練り、ゴールしていく面白さは変わっておりません。Wiiリモコンの扱いにくさはあれど、手触りはスーパーマリオなのでした。ワールド2クリア時も残機40はキープし、ワールド3の雪景色を見たところで「そろそろFFやろーか」とマリオを終了。

今度はPS3を起動です。これも久々だな。さて、FF……

アップデートが必要です。

面倒くさくなったなゲーム機ってヤツは!しばし待たされ、いよいよ待ちに待ったナンバリング「FF」の最新作との邂逅。美麗なムービー、そしてそれにひけをとらないリアルタイムグラフィック……美しい。確かに美しいわ。でも一方で、感動はしていない自分に気付いてしまいます。そう、PS3で「FF」ならこのぐらい当然だよな?という前提もあるのですが、「FFVIIAC」があり、映画をはじめとして巷にもCGが溢れている昨今、はっきり言ってムービーではもう驚けません。ボイスも当たり前。モーションキャプチャーも当たり前。また皮肉なことに、リアルタイム描画が美しくなりすぎて、ムービーの有難みを薄めているのです。誤解を恐れずに言ってしまえば、PS時代のムービーと比較したら軽く超えてそうなクオリティの映像が、リアルタイムグラフィックなのですから。そうなるともう、純粋にゲームとして楽しませてくれなきゃ許さんよ?という気分になるのは必然。

もちろんまだまだ序盤であることは承知のうえで、今後の展開によってはガラリと変わってくることも(FFだからこそ)あり得るのですが、現時点では限りなく1本道。もっとも最初から自由度が高すぎても困るのですが、シナリオのみならずマップが本当に1本道。言ってみれば「FFX」なんかに似た、ワールドマップのない街道です(繰り返しますが現時点では)。ナビマップなんていらないよ、というぐらい見事に1本道。で、そのところどころに敵が配置されています。ランダムエンカウントではなく、見えている敵に接触するとバトルに突入。なんか最近流行ってるんですか、コレ?たまに戦闘をこなしながら、マップの特定の地点に到達するとイベント開始。ゲーム的な操作を求められる時間と、イベントやムービーを見させられる時間とどっちが長い?というほど、もっと言えば「たまにゲーム的なことをさせられる映像作品」です。

バトルは、最初のうちはボタンを押しているだけで終わりがち。しかしそれにも戦略があることがだんだん理解できてきます。ATBゲージをMAXまで溜めて攻撃すべきなのか、途中で行動してしまうべきなのか。目の前の敵をなるべく早く倒すにはどうすればよいか。チェインをいかに溜めていくか。そういった「効率良くかつ死なない戦い方」を模索するのはまあ、面白いです。早く戦闘に勝利すればいろいろ得なこともありますし。

しかし、しばらくすると戦闘システムが大きく変わってしまうのです。せっかく慣れてきたところに「オプティマ?」「ロール?」「クリスタリウム?」「TPアビリティ?」など続々と新たな要素を付け加えられ、そして敵はだんだんと強くなり、システムをしっかり把握していないと戦闘がズルズルと長引くように。なんで最初からこのシステムでやらせてくれなかったのか?それにはストーリー上での理由がちゃんとあるのですが、いつになったらチュートリアルが終わるのか、という感覚に陥りました。

もちろん、さらに進めればいろいろ面白くなってくる可能性はあるので、現時点での感想ではありますが、その偽らざる気持ちとして「PS3のFF最新作を何年も待って出てきたのが……これですか?」というものが少しあります。繰り返しますがもちろん、後々になって「序盤はガマン!とにかくどこそこまでプレイしたら凄いことになるから!」ということもじゅうぶんにあり得ますから、これだけを読んで「FFXIII」という作品を判断なさらないようにしていただきたいと思います。もちろん最終的な感想が「最初から映像作品として作ればいいのでは……」にならないよう、願いつつ進めていくことにします。

ちなみに筆者、PS3の普及台数から考えると「XIII」の販売本数は凄く微妙なことになりそうな予感がしていたのですが、なかなか出だしは好調のようですね。予約だけでかなりの数になっていたそうですが、出荷180万本とのことです。予約制度やネット通販がこれほどまでに整っているにも関わらず、行列もできたようですし……。目標は全世界で、前作「XII」が成した600万本を超えたいとのこと。1000人近くのスタッフが携わり、開発期間は5年……。何本売れればモトが取れるのでしょうか?

 
Wii版マリオは、DS版を経験しておくと戸惑いなく遊べると思います。
関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2009-12-20(Sun) 22:13:51】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。