プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
スクウェア・エニックスが人員を1割削減!
sqex_wd.jpg

11月5日に開催された、スクウェア・エニックスの2010年3月期第2四半期決算発表会において、和田洋一社長が「3805人いる社員の10~15%を削減する」と発表しました。

スクウェア・エニックス、人員を1割削減
「組織を有機的に動かせるサイズに」
(毎日.jp)

これはどういうことなんでしょう?


3805人も社員がいたというのも驚きですが、同社が開発しているタイトルの規模を考えれば納得のいく数字。同社のタイトルに関わるスタッフは外部にも多数いますが、今回の話は当然「社員」に限定されます。10~15%ということは、場合によっては400人前後が「削減」されるということですね。そうなると我々は「リストラ」という言葉を頭に思い浮かべてしまいますが、和田社長いわくこれは「リストラではなく、組織活性化のため」の処置だそうで、

企業合併を繰り返す中でマネジメント力が弱くなり、組織がゆるんで大企業病のようなものが出てきた。組織を有機的に動かせるサイズにする

……うーん、つまり、あちこちとくっついたり吸収したりしてやみくもに会社を大きくしてきたために、会社組織としていろいろうまくいかない問題が出てきたから、現状に見合うようなサイズにリサイズするということでしょうか。それはもしかすると会社内部での連携の乱れ、統率の乱れ、末端まで行き届かない上層部の思惑……。はたまた、「今のウチの商売にはこんなに人数いらんでしょ」ということなのか。どっちにしてもそれって一般的にはやっぱりリストラと言われそうな。5月に買収したばかりのEidosの社員も含まれるとのことで、買収しなきゃよかったのにと思われかねませんね。

普通、企業が人を減らそう、人件費を抑えようと思えば(もっとも和田社長はそういったことは言ってませんが)、契約などの外部の人間から切っていきます。社員は最期の最期、ギリギリまで守るのが普通。まあ現在の日本ではそういう考え方も廃れてきつつあり、「必要最小限の社員のみで、現業は即戦力の契約社員」というケースも珍しくなくなってきました。いろいろ理由はありますが、契約社員というものは正社員に比べ、会社にとっては扱い易いんですよ。悪い言い方をすれば、契約を盾にしてコキ使い易いですし、気に入らなければいつでも契約切るよ?という脅しも効きます。いざ会社がヤバくなれば契約更新しなければいい(=切り易い)。正社員ではそうもいきません。労働組合なども関わってきて、いろいろ突つかれますからね。

しかし今回のスクエニはそうせずに、いきなり社員に手を付けました。日本のサラリーマンはどこかで「正社員は安全」と思っていたはずですが、今回のことでそんなことはないと思い知らされたわけです。皆さんやっぱりスクエニは「ゲームメーカー大手」、他の業界から見ても立派に「大企業」だと思っているでしょうが、そんな同社でもいきなりの社員切り。割増退職金を出したとのことなので希望退職者を募ったのでしょうが、逆に言えば「割増退職金と引き換えにやめてしまってもかまわない会社、もしくは内部状況」と邪推することもできます。

プレイステーション参入後の「ゲームバブル」時代、スクウェアの雇用形態についてはオイシイ話ばかりが聞こえてきました。裁量労働制なので勤務時間は定められず、決められた期日までに定められた仕事をこなしさえすれば、いつ・どこで・どのように仕事をしてもかまわない。開発を終えたチームには特別休暇。ヒットを飛ばせばそれに見合った臨時ボーナス。住宅手当として会社が7割負担などなど、一時はスクウェアによるクリエイターの引き抜きが噂にもなったりしましたが、そりゃヘッドハントにも応じたくなるわな~という夢のような環境と報酬があったと言われています。一方のエニックスは内部に開発を持たず、常にハードの売れ行きを見定めて人気タイトルを突っ込んできた堅実(ローリスク)な会社。その2社が合併したところで、おそらくそれらオイシイ話は過去のものになってるのでしょう。でなければ「割増退職金で自主退職」なんてものに応じませんよ。

もしかすると「首切りは決定事項、それだけでは何なので退職金は多めに出してあげるからね」かもしれませんが、正社員雇用というものはいろいろ面倒なので、そんな簡単には切れないのが普通で、ヘタすると切られた人が大騒ぎして問題(裁判沙汰)になったりします。そういう動きが見られないのはやはり希望退職か、もしくはスクエニが「普通でない雇用形態」を採っているかのどちらかです(まあ前者でしょうけど)。

----------------------

スクウェア・エニックスの業績自体は、7月に発売したニンテンドーDS向けソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」などが好調なこともあり、順調に推移している。2010年3月期上半期の業績は、売上高が前年同期比33.2%増の906億円、営業利益は同39.3%増の131億円、経常利益は同25.5%増の122億円となった。ただし、人員削減に伴い、割増退職金20億円を特別損失として計上したことから、純利益は前年同期比55.7%減の27億円となった。

----------------------

そこまでお金を費やしてまで、人員を削減しなければならなかった事情とは。順調な「いま」ではなく、今後を長い目で見たうえでの処置なのでしょうか。

というか、この件で「削減」される1割強の社員って、どういう仕事をしてたんだろう……と。今回「削減」された人々が今後どのように生きていくのか、どのような再就職をし、どのような仕事に携わっていくのか……。いち社会人としてすごく気になりますね。
関連記事
スポンサーサイト
業界事情 | 【2009-11-07(Sat) 03:12:24】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。