プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
モンハンでアドホックパーティ初体験!
前回の記事で、とうとう我が家にもPS3がやってきたことは書きました。以後、「ストIV」「リッジ7」「バイオ5」といったあたりを購入し、でも忙しいのでとりあえず「ストIV」をチラッとやってみました。アーケードモードをリュウでクリアしたら我が愛しの(メインキャラである)さくら、さくらでクリアしたらダンが出た。でもまあコレは、友人との対戦用なので、一人であまりやり込むつもりはなかったり。いきなりネットで見知らぬ人と対戦もできるんだけど、始めたばかりでまったくプレイヤースキルがないので、まだ怖くてできません(笑)。

というところで、前回もチラッと書いた「これでモンスターハンターポータブル2ndGを、家にいながらにしてパーティプレイできるのではないか?」について。KaiとかはPCでできる利点があるんですけど、対応した周辺機器を買うのがわずらわしくてなかなかデビューできず。しかし、PS3を買ってネットに繋げてみたら、ありゃま、できるじゃありませんの?しかもソフトは無料。ちょっとドキドキするけど、ものは試しにやってみたいという好奇心が止められません。だって、すぐにでもできる環境が揃っちゃってるんだもの。ちょっとやってみるか、いやいやむしろやってみたい。好奇心が止まりません。


一応ここではっきりさせておかなければならないこと。実は筆者、自分のサイトではコンテンツによってオンラインゲームをけっこうボロクソに言ってるんですね。「"FFXI"なんか絶対やらない」とか。でもそれはオンラインゲームが嫌いなのではなく、「下地が整備できてないうちから安易にオンラインオンラインと言うメーカーの姿勢」を批判してのことだったんです。事実、まあ「FFXI」は除くとしても、筆者がそのような主張をしていた頃にこぞってオンライン化したゲームのうち、どれだけがそこそこ売れ、そのうちどれだけが、今も通信プレイが盛り上がっているでしょうか(継続しているでしょうか)?始めたからには継続するのがメーカーの義務です。でも、人が来なくなれば「やめま~す」。他の人に先駆けて環境を揃え、ソフトを購入したユーザーの立場は?

しかし、そうこうしているうちにハードはさらなる次世代機となり、ネット接続が前提となりました。また、家庭にもずいぶん高速通信が普及しています。つまり、ゲーム機を買ってネットに繋げば特に意識しなくともオンライン、という時代・状況になったのです。環境が簡単に揃うなら、追加投資ナシで使えるものを使うことにためらいはありません。ん?結局は環境揃えられないヤツのやっかみだろうって?違う違う、投資はできるのよ。でも、その投資をするに値するかどうかという時点で、これまでのオンラインゲームはその気になれなかったということ。ゲーム機買って、通信プレイできるような周辺機器を揃えて、家のネット環境によっては根本から整備し直して、やっと下地が揃ったところでメーカーはいつまでサービスを継続してるか?という。でも今は、本体買えば基本的にはすぐにでもできるようになっています。通信に対応したソフトも増えているので、ひとつのサービスが終わってもまだ選択肢はあるのです。

ってことで、筆者のオンラインプレイデビューは前述の通り「mhp2nd G」。本来は目の前にいるPSPどうしで通信を楽しむゲームですが、SCEで公式に配布している「アドホック・パーティ(以下アドパ)」というソフトをPS3にインストールすれば、家にいながらにして他のプレイヤーとパーティプレイができます。確かにPS3を買うこと自体が高い敷居ですけど、PS3持ってて、ネットに繋げてて、かつモンハンやってる人なら興味を持たないわけにはいきません。筆者のような、「友人は誰も同じゲームをやってなくて(というか、熱心にゲームする友人がいなくて)、職場にいる仲間とたまに集会所」みたいなプレイヤーにはうってつけだと思うんですよ。職場の仲間だとなかなかタイミングも合いませんからね。アドパなら、休みの日に自宅で集会所通いが可能になります。え?友達がいないんだろうって?違いますよ、「ゲームを趣味にしている友達がいない」んです。



手順は、まずPS3を起動し……って、それはいいか。以下のサイトを参照して下さい。

playstation.com公式「必要なもの」「楽しみ方」

同じく公式から「モンハンをやってみよう!」

PS3 アドホック・パーティーまとめ @ ウィキ「接続までの手順」

アドパというのは、簡単に言うとPSPのゲームをオンラインプレイ可能にするためのソフトってことです。PS3のゲームはPS3をネットに繋げてあればすぐ通信できますが、PSPのゲームはPS3とアドパを通してオンラインに繋げるわけです。インストールさえ済ませてしまえば、ゲームをするのにそれほど手間・時間はかからないと思います。

さて、一応G級ハンターの私ではありますが、いきなり見も知らぬ人たちがバリバリやってるところに首を突っ込む度胸はありません。アドパの操作やマナー、しきたりがまずよくわかってないからです。それに、ネットでいろいろ調べてみると、参加している見知らぬ人たちの中にはネットならではのヘンな人もいるらしい。態度が悪い、マナーがなってない、ギルドカード交換してメッセージ見たら「氏ね」と書かれていた……などなど。さーて、どうすっかな~とワールドをウロウロしてみたり、たまにロビーに入ってみたり。いきなり目の前に他のプレイヤーのアイコンがあってビビったり。起動しているPSPのゲームから、同じゲームをやっているルームを検索する機能も「アドパ」にはあって、検索してみると「ミラ行きましょう」「縛りプレイ中です」とレベルの高さを感じさせる部屋がどっちゃり。うーん、いきなり入って一人で3死するのもみっともないな~、と悩みながらしばしウロウロ。

で、考えました。筆者のように、モンハンはやってるけどアドパは初めて、いろいろわからないことだらけでなかなか入れない……という人はけっこういるんじゃないかと。だったらみんなでまずそこから勉強して、経験値上げてみない?ということで、筆者はまず誰もいないワールドに入場。そこに、よくわからないながらも「ルーム」を立て、名前を「アドパ初めて部屋」にしました。

・参加資格は基本的に、今日初めてアドパをやってみた人。
・改造禁止。
・ボイスチャットはなし(筆者がヘッドセット持ってないから)。
・マナーに関しては、特に厳しく定めず。

そこの「しきたり」がわからない人にも来て欲しいですから、あまりガチガチにルールを固めても入り辛いかな、と思ったわけです。

ドキドキしながら、しばらく待ってみます。すると、何分もしないうちに他のプレイヤーが入室してきました。みなさん「初めてです」とのことで、やっぱりいたんですね。こういう部屋を待っていた人が。一緒に慣れることから始めましょう、ということでしばしルーム内でチャット。PS3のデュアルショックだとやっぱり打ちにくい!いろいろ工夫はしてあるんですけど、やっぱりこのためのUSBキーボード買ってこよう……と思った次第であります。タイプしている間の沈黙が怖いんだよね~。

皆さん下位のHRだったので、筆者は基本的にランク上げのための「キークエストお手伝い」にまわります。中にはゲーム自体がそもそも初めてで、キーとかランクからまだよく理解しておられない方もいらっしゃいましたが、部屋を建てた者として不慣れながらも徹底的にサポートします。これがもし、いきなり通信上級者と会ってしまうと、つまんないことで罵られたり煽られたりで「通信こわい、もうやんない」となってしまうこともあり得ます(そういう事例もネットや掲示板でよく見ます)。筆者は「自分が本気で攻撃すると下位のボスはあっという間に倒してしまいます。なので基本的に援護にまわろうと思いますが、いかがですか?それとも本気で攻撃に参加した方がいいですか?」と確認。「お任せします」とのことなので、「では臨機応変に」としました。あまり自分がバタバタやってしまうと、巷で言われる「寄生プレイヤー」を育ててしまうことになるので、できるだけ自力で頑張ってほしいですからね。なので、真っ先にペイントしたら付かず離れずの位置で、危ないときに粉塵を使いながらサポート。

そのうち、上位の方が入ってこられたり、通信の影響でいきなり離脱してしまう人がいたりで参加者は入れ替わりながら、「初めてのアドパ部屋」はなかなかの盛況を見せていました。しかも「ご一緒よろしいですか~」と、G級の方が入室!今までは筆者が唯一のG級だったので、言ってしまえば筆者は「ガキ大将」状態だったのですが(決して威張ってはいませんよ)、とうとう同等かそれ以上の方が!そして、上位の方が緊急シェンガオレンに行きたいとのことで、3名で出発しました。サポートという姿勢は忘れず、筆者は太刀で参加。G級の方(Aさんとします)は、キリン装備にコウリュウノツガイ!筆者も持っている対ラオ/シェン装備とまったく同じです。この時点で同等以上は確定。攻撃も手馴れたもの、しかも「あまり足止めすると時間切れになりますよ~」と、エリア移動を促します。むむっ、できる!ベースで寝ると、こちらにキックを入れて「蹴るとすぐ起きられるんですよ」。ううっ、知らなかった……。間違いなくこのお方は筆者より上級者だ……。

双剣で華麗に立ち回るAさんは早々に「足ぜんぶ破壊完了!」。プレイしながら、ルームのチャットを器用に打っておられます。筆者はスキを見てPSPを置き、PS3のコントローラーを持って入力……。ああもう、絶対キーボード買うんだぁ。Aさんの提案で「もう充分だから最終エリアで待ちましょう」とのことで、その間トイレタイム。「シェンの身体がエリアに全部入ってから攻撃しましょう」と、剥ぎ取りのことまで考えた完璧な戦略。しかもそれって、そろそろ倒せるだろうという予測がないとできないこと。上手い人は凄いな……と感心しながら敵を待つ。……来た!エリアにシェンの身体がすべて入ったことを確認し、斬りかかる3人!Aさんの見立て通り、あっという間に討伐!筆者は「残り10分です」の表示を見て「間に合うか?」とか焦ってました……。まだまだだな、自分。

ルームに戻ってギルドカード交換。さらにAさんは我々に確認したうえで、PS3よりフレンド登録も済ませてきたとのこと。もちろんアドパは初めてではないんでしょうけど、いや~、導き手としてはモンハンスキルもアドパスキルも完璧で助かりました。ギルドカードを見ると、やっぱりハンパなくやってる!しかも「MHF(フロンティア)」なども掛け持ちしてるとのこと。真のゲーマーです。筆者なんぞはまだまだ小物であることを実感しました。その後も上位さんのキークエにいくつか出かけます。Aさんは全身ミラ装備で来たりも……そんなん初めて見た!筆者の職場ハンターたちもそんなの持ってません。

さてさて、上位さんが「今日は落ちます、またお願いします」と部屋を出られました。実はこれまでのクエストの間、クエスト中にルームに入ってきた人が何人かおられたんですよ……。筆者、「オープン/クローズ」をよくわかっておらず、部屋を開けたままクエストに出てしまったんです。あわててPSPを置いて「いまクエストに出てます!ごめんなさい!」とルームチャットに入力。この間いらした皆さん、すみませんでした。で、残られたAさんに「お時間まだ大丈夫ですか?」とお尋ねすると「あと1、2クエ行けます」とのこと。「では、部屋を開けてみましょうか?」という問いに賛同していただけたので、オープン。すると、すぐにお二人やって来られました。失礼ながら目の前に立ってマルボタン、すると皆さんG級!たたずまいから余裕を感じる……。

しかしこのお二人、アドパ(通信プレイ)は初めてとのこと。やはり部屋の趣旨に賛同して来ていただいたようです。どれほどゲームのスキルはあっても、どんな人がいるかわからないオンラインにはなかなか入れないものなのでしょう。筆者もそうですから、初体験にも関わらずいきなりルームのホストになったんです。さて、皆さんはその余裕から「なんでもいいですよ~」「お任せします」「ついていきます」。候補を「旧火山激昂ラージャン」か「竜王の系譜」とし、系譜へ行くことに。「閃光、罠ガンガン使いましょう」と、簡潔かつ完璧な打ち合わせもサラっと。いざ、G級の猛者たちが大闘技場へ!さっきまで下位の人に「次は砂漠なのでクーラードリンクを」とか教えてた自分も、余裕がなくなってきました。系譜は一応ソロクリアできてますけど、足を引っ張らないといいな~。「乙したらゴメンなさい」の筆者の言葉への「いいですよ~」「俺も死にますよ」という返事にちょっと安堵したり。ああ、みんな良い人だ。ここで誤解を恐れず、筆者が立てた仮説。俗に言う「ヘンな人」「イヤなプレイヤー」は、初めてだろうとなんだろうとあらゆるルームに堂々と首突っ込む度胸があるんだと思います。そして場を乱そうとなんだろうとおかまいなし。「やりたいけど、ヘンな人いたらどうしよう……。勝手がわからないから入りにくいな」と、ウデはあるのになかなか始められなかった人たちに、そんな性格的に問題のある人はいないのです!筆者も含めてね!いや、最後のはウソですけど……。

金・銀揃った大闘技場へ入ると、既に二匹とも閃光ピヨリ中。うまいっ!閃光玉もきわめて適確に投げていく猛者たち。何の取り決めもしてないのに、だいたい2・2に分かれて金・銀同時攻撃!すごい、あうんの呼吸ってやつか。筆者も及ばずながら積極的に攻撃。ちょっとダメージを受け、それが複数いると絶妙のタイミングで使われる粉塵……。職場のハンター仲間よりもプレイヤースキルは数段上です、この人たち。これは間違っても乙して足を引っ張るわけにはいかないぞ!ということで、誰ひとりとして力尽きずに目的達成!ルームに戻ると、かまわないか確認したうえでのギルカ交換。職場仲間以外のカードが今日だけでずいぶん増えました。

というところで、Aさんが「落ちます」とのこと。高レベルハンターでありながら、おごることなく最後までマナーの良い、ユーモアもある方でした。さて、かれこれ筆者、ルームを設置してから5~6時間プレイしておりました。そこそこの時間にもなってましたが、残ったBさんとCさんとはまだ系譜1クエしか行ってません。「時間どうですか?この部屋、終了してもかまいませんか?」とお伺い。すると「もうひとつ行きましょう」とのことなので、喜んで承諾しました。個人的には時間はありましたし。で、「大連続どうですか?」とのご提案。「いいですね!」ということで、Bさんが貼って下さるのを待ちます。……ん?「武神闘宴」ですと?!それ、イベクエ?ハードル高いところにきましたね~。自分、そのクエスト行ったことないです。見ると、ナルガクルガ、ティガレックス、グラビモス亜種……。手強いけどなんとかならない敵ではない。しかも大連続だから体力は低いだろう。とのことで、考えられるアイテムを持ち、ティガ対策で雷大剣を装備。では、行きましょう!弱気な筆者は「死んだらすみません!」付きで……。

舞台は再び大闘技場。いきなりナルガさんがいらっしゃいます。まあ、ナルガは個人的には得意なんだよね~と心の中で鼻歌を歌いながら立ち回ります。いつも筆者はナルガ戦では「身構えに音爆弾」でひるませ攻撃、すると怒るので罠にハメ……というスタイルなのですが、無断でそれやっていいものかどうかしばし様子見。すると、誰も音爆弾を使いません。なので筆者も封印。避けながらの攻撃でアッサリとナルガさんを倒しました。するとBさん、事前にビビっていた筆者の心境を察してか「余裕でしょ?」。うーん、Aさんと同等かそれ以上かの上級者とお見受けしました。そしてティガレックスさんの登場です。攻撃をつい欲張って回転に巻き込まれる筆者、すかさず粉塵サポート。ありがとうです。そして適確に閃光玉が使われ、ティガも昇天。余裕ありげなBさんが「グラビが問題」と、緊張した面持ちを見せます(もちろん見えませんが、そんな感じ)。

そしてグラビ戦スタート!筆者は基本的に熱線のスキに尻尾攻撃、誰かが仕掛けた罠にハマったら、胸にタメです。ガンナーがいないので接近戦しかありません。しかしみんな上手い上手い。叩いては避け、斬っては避け。これは余裕でいけそう?と思った矢先、事件は起こりました。

Bさんが離脱しました。

そのメッセージを見て一瞬、筆者は「んっ?!誰か死んだ?」と思ったのですが、それならばまだ良かった。回線の影響か、そもそもクエストを受注したBさんがオンラインから落ちてしまったのです。筆者も経験がありますが、共同クエ中に通信が切れたプレイヤーは、以後オフラインにおいて、今行われているクエストを一人で闘わなければなりません。ああ、Bさん、ご武運を……。っていうか、自分たちもヤバい!最初にBさんが「グラビが問題」と言った時、Cさんは「苦手です」とおっしゃっていました。そのCさんと筆者という残された2人で、グラビモス亜種を叩いていきます。でもなんとかなるか、と思っていた。筆者の攻撃で尻尾も切れました!しかし、Cさんはご存知ないと思いますが、ここでもうひとつ、いやふたつ、事件は起こっていました。

筆者のPSPのアナログパッドの挙動が怪しい。

以前からあったんですけど、思った通りに動かないことがあって。でも最近は出てないので放置してたんですが、ここにきて再発。念には念を入れてPS3もPSPもファームウェア最新にしたのに、ハードの問題かよ~。温存してたPSP-3000にすればよかった。さらに、

グラビで終わりじゃないの?

これは初めて来たクエストならではのミス、というか筆者がアホだったんですけど、登場モンスの情報を最後まで見てなかったのです。つまり、グラビモス亜種を倒したらクリアだと思い込んでいた。そして、グラビ討伐。しかし終わらないクエスト。あれ?……と思って確認すると、まだディアブロス亜種とラージャンが残ってた!うわあああ~、これ2人でってムリじゃね?だいたい、そうなると筆者の武器選択は完全に間違ってます。これなら無難にアーティラートにしてたよ!なんだよ雷大剣って。しかしCさんはそんな筆者の勘違いは知るよしもありません。ただ、突然落ちたBさんのこともあって、余裕がないのかチャットは無言。筆者もバトル間は食べたり研いだり剥いだりで余裕がありません。そうこうしているうちに、黒いディアブロス出現。筆者はドキドキで立ち回り、潜ったところを音爆弾で引きずり出しつつ攻撃していきます。怒ったら閃光玉、ピヨったところの頭に適確にタメを撃ち込んでいくCさん。この方もかなりプレイヤースキル高くて、頼りになります。最初の角を壊したのもCさんでした。しかし筆者はグラビで終わりだと思ってたので、回復アイテムもこころもとなく……。

どっこい、ディアブロス亜種討伐!残るはラージャン。いやいや待てよ……。ただのラージャンか?ひょっとすると「激昂」だったりしないか?とドキドキしていると、「グオオォォ~!」。いらっしゃいました。っていうか、金色!やっぱり激昂です。それでも比較的ブレスを多発してくれるので、そのスキに攻撃していきます。すると、ほどなく「残り10分です」。けげっ!相手は筆者の苦手な激昂ラージャン、クエ時間は50分でここまで4匹討伐にそれぞれ10分かかってたとして40分、同じペースでコイツも倒さなければならない。しかし回復がこころもとない……。Cさんすいません、もう粉塵ありません!ここからは回復はそれぞれ!なんてことを伝える手段もなく(チャット打つ余裕ナシ)、ひたすら避けては攻撃を繰り返します。華麗に回避するCさんを見て、感心するとともに自分も頑張らなくては!と奮い立ってみたり。

そのとき、Cさんが落とし穴!おおっ、まだ持ってましたか!筆者ももともと持っていたシビレ罠と採掘しといた支給専用シビレ罠があります。これらは最大限に使います。攻撃を繰り返すうちラージャンは何度かスーパーサイヤ人になり、そしてついに「残りあと5分です」……。こんなギリギリの戦いはいまだかつてない!幸い、ここまで大きなダメージがなかったので、ラスト5分は回復アイテムを惜しまずやや無謀な接近戦を挑む筆者。頭から斬りつけては尻に向けて前転回避、を繰り返し、そしてついに……目的達成!うおおお~、クリアできたぁ~。「疲れましたね~」というCさん、もしとなりにいたら抱きしめてましたよ。

ハプニングあれど「初めてのアドパ部屋」はなかなかの盛況でした。最後はCさんと気持ちよく「ぜひまた!」という感じでお別れし、部屋を閉じました。PS3のメッセージリストにはフレンド登録が既にいくつか来ていました。まだの方々にはこちらからメッセージを送信!いや~、コレはハマっちゃいますね~。やっぱりパーティプレイは面白い。Aさんもおっしゃってましたが、G級のハンターでもパーティで下位や上位に行くとそれはそれで面白かったりするもんです。G級クエは筆者も余裕なくなりますが、やっぱり緊迫感があって最高に楽しい!時間があったらずっとやっちゃうな、コレ。

ルームに参加して下さった方々のお名前は伏せましたが、その方々がこれを読まれたらすぐわかっちゃうな(笑)。まあネットの世界は広いので、辺境サイトの管理人「ほみや」を知ってる人なんてそうそういないでしょう(モンハン中の名前は別名です)。わかったのは、やはり沢山の猛者がいて、そして初心者も中級者もいて、みんなモンハンを楽しんでるってことですね。これに尽きます。それほどガチガチのルールを決めたわけでもないのに、よく言われるヘンな人が来なかったのは奇跡なのかな?そうは思えないほど、今日の皆さんいい人ばかりでしたよ~。とにかく筆者のアドパデビューは大成功でした。みなさんどうもありがとうございました。

最後に、今後のために気付いたことをまとめておきます。

・部屋を作るときに趣旨を明確にする。「素材集め」「クエスト消化」
 「特定のモンス討伐」など、同じ目的の人が集まり易いように配慮する。
・その際、「この部屋は○時頃まで」と決める。ホストはなかなか
 抜けにくいため、最初にことわりを入れておく。
・改造の可不可やマナー、ボイスチャットの可不可を明示する。
 「改造NG」「あいさつ必須」「無言禁止」など。
・クエストに行くとき、もしくは満員になったらルームをクローズする。
・ギルカ交換やフレンド登録は相手の意思を確認してから。
 勝手にやらない。ひとこと「かまいませんか?」と了承を得る。
・出発時に「よろしく~」「お願いします~」、
 助けてもらったら「ありがとう」「あり」「どうも」「サンクス」、
 誰かが死んでしまったら「どんまい」「がんばろ」、
 こういうやり取りがあると凄く和み、いい雰囲気になる。
 それがイヤな人は無言部屋を選ぶとよい。
 クエ中、PS3コントローラーでチャット打つのは難しいので、
 簡素な言葉もしくはクエ終了後にお礼でよい。
・新たな入室者には「いままでの経緯」や「これからやろうと
 していること」を簡単に説明する。それでもよければ
 参加してもらうとよい。
・最初におおまかな作戦を決めるとスムーズ。
 戦法やアイテムの使用、またはクエ開始後にいったん
 合流するか(特にゲーム初心者とやる場合)、など。
・アドパだとギルドカード交換(送信)が失敗しやすい。参考
 送れるまで根気良く試すと、そのうちうまくいく
・通信環境や回線の問題からか、参加者がクエスト中に
 突然離脱するケースが2回あった。まだアドパは
 ベータ版なので、不安定なことも予想される。

あ……。最初の方に筆者とプレイした方、こちらのギルドカードの自己紹介に意味不明な言葉があったと思いますが、オフラインでの職場仲間たちとの内輪ウケネタですので気にしないで下さいね……。ってことで、アドパやるつもりの方はギルカのメッセージにヘンなこと書かない方がいいですよ~。それでは、みなさんエンジョイ!


まだまだたくさんオンライン中!mhp2ndGとPS3でアドパ。
関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2009-05-12(Tue) 02:45:43】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。