プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
DSiを購入しました。


昨年末には購入していたのですが、忙しくて報告が遅れました。ええ、買っちゃったんですよDSi。PSP-3000を買った時ほど明確な目的はなくて、電器屋さんに行った際の衝動買いです。わりと年末には店頭で安定供給されていたようですね。発売直後はとんでもないことになってましたが……。


焦って買ってもいいことないよん。


見た目の変化ではまずその外観。

左がDS Lite、右がDSiです。Liteでの特徴だったDSマークが、DSiではなくなりました。一見して「あ、DS」とはわからないかもしれません。PDAっぽく、やや大人向けになりましたか。


そのかわりに、DSi最大の特徴はこのカメラ。30万画素なので、今となってはそのスペックはオモチャですが、本体を開くと内側にも「中カメラ」があり、携帯電話でもはや必須の「自分撮り」機能もバッチリです。これはプリクラ世代にはなくてはならない仕様と言えるでしょう。


電源ボタンは十字キーの下(Liteでは右サイド)、ボリュームは左サイド(LiteではGBAスロットの左)に移動。従来機に慣れてると最初は探してしまいますが、ゲーム操作における問題はありません。


GBAスロットを廃したかわりに、DSiではSDカードスロットを装備。カメラで撮影した写真はSDカードに記録できます。ただし、マイクで録音した音声はSDカードに移せません。個人的には簡易生音サンプラーとしての機能に期待していたので、この仕様は残念。気になった音をスケッチ的に録音→SDカードに保存→PC(DAWなど)で活用、といったことはできないのです。DSiで録音した音を外部で活用するには、イヤホン端子のミニジャックからアナログ結線で取り出すしかありません。これはソフトウェアアップデートでなんとかしてほしいですね。

なお、カメラは本体ボリュームを最小にしようが、イヤホンジャックに挿していようがシャッター音が強制的に鳴りますので、よからぬことを考えている人は残念でした。


DS LiteとDSiを並べてオープン、電源を入れてみたところ。DSiの方が少し画面が大きくなっているのがわかるでしょうか?

で、DSiの使用感ですが、ゲームをするぶんにはそれほど目新しいことはないです。GBAのソフトができなくなってることについては既にお伝えした通りですが、実はこのDSi、ゲームがなくてもかなり楽しいんです。それは、最初からDSウェアとして搭載されている「DSiカメラ」と「DSiサウンド」、これらがかなり「遊べる」んですよ。まず「DSiカメラ」ですが、外カメラ・内カメラで普通に写真を撮れるのはもちろん、下画面をペンタブでいじくることで変形させたり、色を変えたり、ラクガキしたりできます。撮った写真を加工できるのは当然として、凄いのはカメラで狙っているリアルタイムの画像をも直接いじれること。試しに他の人に渡してみたら、かなり面白がって自分の顔をいじりまわしてました。いじった顔は写真として保存できます。つまり、「加工してから撮る」「撮ってから加工する」どちらもOKなのです。

そして「DSiサウンド」。これはSDカードに記録されている音楽を加工したり、内蔵マイクで録音した音で遊べる機能。たとえば誰かに喋ってもらってそれを録音し、ペンタブで早回し・スロー、音のピッチをいじくることができます。また、プリセットを使って録音した音声をインコやラッパのような音にしたり、扇風機の前で喋ったようなプルプル声にすることも可能。前述した通り、加工した音をDSi本体にしか保存できない(SDカードに移動できない)のは残念ですが、こちらも最初はいろいろ遊んでしまうと思います。

今後もいろいろなDSウェアが出てくると思いますが、さて、本体だけでこれほど遊べるようにしちゃうとゲームソフトの売り上げに影響してこないのかな?と、筆者としてはいらぬ心配をしてみたくもなります。「DSにカメラや録音機能が付きました」だけでなく、それらを活かしたゲームがどのタイミングで出てくるか……。たとえばDS版「バイオハザード」では、下画面をペンタブで擦ってナイフに。「きみしね」ではマイクに風を吹きかけてロウソクを消したり……。そういう、本体機能を活かしたゲームに出てきてほしいですね。ハードは違いますが携帯電話を使った「BC FFVII」では、カメラでの撮影をゲームに採り入れてました。アイディア勝負、クリエイターの柔軟な発想が求められるところです。ただ、あまりやりすぎてしまうと「DSiを持ってないとできないゲーム」になるのが難しいところ。ハードを買い換えさせるパワーのあるゲームを作るのは、易しいことではありません。DSiを出したことで、DSはプラットフォームとしてかなり微妙な存在になってしまう可能性もあります。ゲームボーイが白黒からカラーになったような、ああいう進化とはまた違うわけです。


今は適正価格ですね。保護フィルムをお忘れなく。
関連記事
スポンサーサイト
ゲームハード | 【2009-01-08(Thu) 01:27:29】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。