プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「FFXIII」はPS3、ドラクエ最新作はWiiへ。
ロサンゼルスで開催されるE3に先駆け、スクウェア・エニックスは2006年5月8日、ハリウッドのHollywood Palladiumでプレスカンファレンスを開催、そこで「ファイナルファンタジーXIII(13)」と「ドラゴンクエスト」最新作の発表を行いました。まだ「FFXII」をプレイ中の人も多くいるでしょうに、もう「XIII」の話ですか~。まあ出るのはだいぶ後になると思いますが……。タイトルがビッグだけにマスメディアからの扱いもビッグです。まとめてみましょう。


ITmedia
eg
GAME WATCH
公式ニュースリリース(pdf)



まずは「FFXIII」から簡単に。プラットフォームは発売日と価格が正式発表されたばかりのプレイステーション3。これはおおかたの予想通りという感じですね。制作は「FFVII」「FFVIII」「FFX」「FFX-2」を作ってきた、通称"北瀬チーム"、プロデューサーはもちろん北瀬佳範氏。ディレクターは「FFX-2」の鳥山求氏(!)、キャラクターデザインは北瀬チームときたらもちろん"ノムテツ"こと野村哲也氏です。個人的には音楽担当が浜渦正志氏、テーマ曲が植松伸夫氏というあたりに注目。またテーマソングだけかよ、ノビヨ……。坂口さんとこの仕事はそんなに面白いのかい。

で、北瀬氏によると「FFXIII」は最初、「X(X-2)」関連の開発が終わってからPS2向けに開発をスタートさせていたというのです。しかし、見た人も多いと思われますが、PS3のデモ映像として作られた「FFVII」のテクニカルデモ、あれで次世代機のパワーを目の当たりにしてそれまでの「XIII」を破棄、あらためてPS3タイトルとして再スタートさせたとのことです。なんか「鬼武者」みたい。ということで「FFXIII」はこのチームの持ち味である「未来」で「サイバー」な雰囲気がプンプン、しかしクリスタルも魔法もありますよ~、な世界観。

さらに衝撃の発表が続けられました。「FFXIII」はひとつではない……。ここまで紹介したものを純粋な「FFXIII」とするなら、同じPS3向けタイトルとして「FINAL FANTASY Versus XIII」なるタイトルが並行して進行中とのこと。「Versus(ヴェルサス)」はラテン語で「向きを変える」の意。こちらはディレクターを野村哲也氏がつとめ、「キングダムハーツII」のチームが中心となって開発、ムービーは「FFVII ADVENT CHILDREN」のチームが作るというのですから、力が入ってます。野村氏によれば「アクション性の高いものを考えている」とのことで、「FFVII」で言うなら「DC(ダージュオブケルベロス)」的な位置付けになるのかどうか?



さらにさらに、並行して携帯電話コンテンツとして「FINAL FANTASY Agito XIII」も進行中で、こちらは「BC FFVII」のディレクター田畑端氏が担当するとのことです。携帯ということで、もちろんオンラインプレイ対応です。その場にたまたま居合わせた人とパーティを組むようなシステムも考えているとのこと。
仮面ライダーとの関係はないとのことです、ていうかそんなコメントはしてませんけど。



つまり、「FFVII」で打ち出された「コンピレーション・オブ・○○」の思想が最初から盛り込まれているのが「FFXIII」というタイトルなのですね。これらをひっくるめて、コンピレーションタイトルは「FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIII」だそーで。もっとわかりやすくしてくれ……覚えられん。「新しいクリスタルの物語」という意味だそうな。これもラテン語です。もちろんこれらは同じ神話・世界観のうえに成るものであり、並行する複数のタイトルをもって構成していくとのこと。さらに新しいタイトルが加わる可能性もあるかも?


というかロゴ多すぎ。どれがゲームのタイトルなのか混乱必至。

なんちゅーかですね……、いや、FFファンとしてはハデにいろいろやってくれるのは嬉しいのですが、同時に「ありがたくねぇ~」という感じもするんですよね。もうこの世にいくつの「FF」と名の付くゲームがあるのか。しかも1作品について何本も。「FFVII」は後から、ニーズと技術の進化に合わせて出てきたものでしたけど、最初から「FF13は3作でワンセットですよ!」とか言われても……と思いません?正直、ついていけない人かなりいると思いますよ。これ、PS3の起爆剤になるのかね?やっぱ売れるのかな。仮にそれぞれ100時間ほどのプレイ時間を必要とするとなったら……。皆さん追いかけます?なんかコンピレーションというよりも、一時期の「バイオハザード」のような迷走を始めてしまったような気がします。

一方の雄、「ドラクエ」の最新作の発表もありました。


ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」だそうです。正式なナンバリングタイトルでなく、おそらく「剣神」の系統を継ぐタイトルだと思われます。供給ハードは、任天堂の新ハード「Wii(ウィー)」。つまり、さっそくあのコントローラーをおおいに意識したタイトルになるだろうってことです。ナンバリングタイトルではないものの、堀井・鳥山・すぎやまというおなじみのメンツがそれぞれのポジションを担当するとのこと。となると「ドラゴンクエストIX」はどのハードへ行くの?ということが激しく気になりますが、「ドラクエ」は常に「最も普及しているハードで出す」ことを意識しているタイトル。まだ様子を見ているんでしょうね。とうぶん発表はないものと予想されます。

他にもDSリメイクの「FFIII」、PSPタイトル「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」などのほか、FFシリーズとしてはゲームキューブで発売された「FFCC」の最新作(シリーズだったんかい)、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラーズ(仮称)」をWii向けに、DSには「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト(仮称)」を投入することも発表。まさにFF狂い咲きといった感じですが、にぎやかなプレスカンファレンスとなったようです。これだけのタイトルをドカンと発表できる体力があるのは素晴らしいことです。ということで河津さんよ……「CC」シリーズ2タイトル、頑張ってね

関連記事
スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2006-05-10(Wed) 00:58:29】 | Trackback:(1) | Comments(-)
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES)は、ゲームデザイナーズ・スタジオ開発、スクウェア・エニックス発売のコンピューターRPG|ロールプレイングゲームである。2003年8月8日発売
【2007-04-01 Sun 03:05:59】 | ゲーム情報局
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。