プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
TMの武道館ライブに参戦!


「参戦」っつーと、なんか出演したみたいですが、もちろんオーディエンスとして観に(聴きに)行っただけです。写真は、事前購入チケット(12800円、とかだったかな?)に付属の交換券でもらえた、DVD付きパンレットと新曲「I am」CDのセット。DVDは、以前のライブ(TM PLAYS SPEEDWAY~)が入ってます。最初、ずいぶん高いチケットだな~、大御所はやっぱふんだくるねぇ~、などと思ったのですが、このセットで納得。

TM NETWORKについては今さら説明するまでもないですが、筆者が中学~高校ぐらいによく聴いたものです。当時の日本の音楽シーンはBOOWYかTMか、という感じでしたね。もちろん他にもいろいろな歌手・グループ・アーティストがいましたが、筆者と周辺ではこの2組が「二大勢力」。そもそも少年期の筆者はあまり熱心に音楽を聴く方ではなかったので、これらも最初は友人や従兄弟のススメで聞き始めました。最初に聴いたのは「humansystem」だったと思います。高校に入ると「CAROL」「DRESS」あたりがリリース。以後「RHYTHM RED」「EXPO」を経てTMが解散してからは、しばらく小室のソロプロデュースワークを追っかけていました。その間に邦楽・洋楽問わずにいろいろな音楽に手を出し始めたこともあり、小室音楽は自分の中で徐々にフェードアウトしていったのです(globeはしばらく聴き続けましたけど)。それでも自分にとってTMは、音楽原初体験とも言える存在です。シンセ買ったキッカケにもなってると思います。

実は筆者、高校生ぐらいからはちょくちょくライブというものにも行きましたが、TMのライブには一度も行ったことがありませんでした。その理由は、彼らの音楽がいわゆる「打ち込み」を軸にしたものだったこと。つまり、「ライブでも基本的にCDそのままの音なんでしょ?」と思っていたからです。偶然性、アドリブ、ライブならではのアレンジというものには期待してなかったんですね、勝手に。しかし、それは大きな誤解でした。今ではDVDやYoutubeをはじめとしたネット動画で過去のライブ映像が観られますが、それらを観て自分の思い込みがまったくの誤解であったことに気付いたのです。CDのままなんてとんでもない、ライブならではの音。一度ぐらい行っておくべきだった……。

というところに、2日間の武道館ライブ「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」開催のニュース。さらにタイミングのよいことに、「行きませんか?」とお誘いが(誘ってくれたのは、おなじみのrps7575氏)。ふたつ返事で「行く!」と返答し、休みを確保。本当は2日間とも行けたら良かったのだけど、25日に参戦することに。というわけで、初日・24日の様子はこちら↓。

観客騒然の演出も。TM NETWORKの日本武道館公演が開幕
(msnエンタメ:BARKS)

今は53~54歳になったTMと、自身もすっかりオヤジとなった筆者。見渡した限りはオーディエンスの年齢層は、比較的高めな感じでした。そりゃそうか。ライブについての詳細は省きますが(カメラ回ってたので、たぶんDVDとか発売されるんでしょう)、盛り上がったですよ!新曲や比較的新しい曲も散りばめられていたものの、「うわー、懐かしい!」「これ、好きだったー」というナンバーのオンパレード。吸収力の高い時期に聴いていたこともあってか、ご無沙汰の曲も歌詞はバッチリ覚えてたりして。頭の中に当時の思い出なんかがフラッシュバックしながら、けっこう浸らせてもらいました!ライブ終了後は、ともに参戦したお仲間たちと武道館近くの居酒屋で飲みながらのTM談義。それぞれに好きな曲とそうでない曲、その理由があって興味深かったですね。「TMのファンだから、彼らの曲は全部好き!」というのは、盲目的すぎると思いますし。

「Come on Everybody」の途中で機材トラブルが発生、メンバーがいったん引っ込んで客電(客席の照明)が点き……えっ、何のトラブル?!中断?!ということでざわざわざわ……となりましたが、けっこう本気で心配していたり、ネット上でもさっそく「1回だけトラブルで中断され」みたいな感想を書かれている人もいますが、これは演出。前日は「Love Trian」で同じようなことがあったようで、その意図するところは上の初日リポに書かれていますので、参照して下さい。だいたい、全部の楽器の音がおかしくなるなんてあり得ないだろっていう。そんなのもう、電源がダメになったぐらいしか考えられないでしょ。でも照明や客電は点くんだから、電源はないと。あとは全部に作用するトラブルと言えば、考えられるのは「卓がイカれた」「アンプがぶっ壊れた」ぐらいなんですが、ごく低い音量で音は出ているので、アンプではない。卓が完全に壊れたわけでもない。近いのは「卓のDIMMERスイッチをまちがって押しちゃった」ような状態で、まあそんなこと普通はするわけがないので、だったらこれは演出だろうと。そんなトラブルシューティングをライブ中にしてしまうのは、職業病ですかね。とは言え本当にトラブルだと思ったお客さんは少なくないようなので、演出としてはわかりにくかったかもしれないですね。

とにもかくにも「行ってよかった!」に尽きます。DVDが出たら、たぶん買っちゃいます。また彼らがライブをすることがあったら、ぜひ参戦したいですね。あー、久しぶりにTMの曲、打ち込みたくなってきた……。


↑4月25日発売の新曲、「I am」。ベースの音色が懐かしい感じ。


↑5月23日には新編集のシングルコレクションと、バックトラック(カラオケ)集が発売!

スポンサーサイト
音楽 | 【2012-04-26(Thu) 03:24:32】 | Trackback(-) | Comments(-)
浜村氏、PS Vitaについて「世代交代にはまだ時間がかかる」
エンターブレイン・浜村弘一による講演“ゲーム産業の現状と展望 2012年春季”が開催
(ファミ通.com)

キラータイトル不在のローンチとなってから現時点でもこれが見えてこないことから「PSPとプレイステーション Vitaの世代交代にはまだ時間がかかる」と分析。(中略)「本当に盛り上がるためは、タイトルが揃い、“ならでは”のゲームが出てくる必要がある」とまとめた。

浜村サンがリップサービスなしで正しいことを言ってるの、初めて見たかもしれない……と言うと失礼すぎるかもしれませんが。でもそれほど、Vitaってヤバいんですよね。「なにがウリなの?」というアピールが足りずにその存在が一般に浸透していないし、「これはまずやっとけ」というタイトルもいまだなし。もちろん個人的にもVitaは持っておらず、購入する予定も今のところありません。ま、筆者の場合は3DSでさえ発売から9ヶ月後に購入しましたから、Vitaが特に劣ってるという印象はないです。いろいろソフトが充実してきた昨年末あたりから3DSはかなり売れましたが、出だしはそんなに変わんなかったですよ。つまりVitaだって、ソフトによっては今後まだまだ可能性はあるってことです。頑張ってほしいですね。結局、ハードはソフトありきだってことです。

浜村氏 その他の発言

3DS
・「完全に世代交代を果たした」
・「(今後も)順調に伸びていく」

PS3
・「今後も堅調に推移していく」
・「DLCビジネスとネットワークサービスも成長中で、この部分には要注目」

Xbox 360
・「国内では変わらず苦戦」
・「“Xbox LIVE Companion”が今後の注目要素」

Wii
・「パーティーゲームを中心に年末に盛り返した」
・「今後の注目はやはり"ドラゴンクエストX"」

ゲーム市場
・「ハードの世代交代がより進む2011年度以降は、市場規模は上向いていく」
・「家庭用ゲーム市場の主役は携帯ゲームに移行」
 「今後もしばらくはこの流れが続くだろう」
 「国内市場を担っていくのは3DSとPS Vitaになる」
・「ソーシャルはまだまだ拡大していく」
・「SNSユーザー自体が増えており、追い風の状態と言える」

この講演の詳報は、後日ファミ通.comに掲載予定であるとのことなので、興味のある方はそちらもチェックしていただくと良いでしょう。ぶっちゃけ、上にまとめた発言はわざわざ講演とかしていただかなくとも、ゲームユーザーならみんなわかってることばかりではありますが……。良くも悪くも現在のゲーム業界は、すべて「想定の範囲内」で「予想され得る事態が淡々と進行していっている」状態なんですな。ここらでひとつ、「えーっ?!」と驚くニュースが欲しい。

業界事情 | 【2012-04-14(Sat) 14:50:04】 | Trackback(-) | Comments(-)
エイプリルフール、ドラクエマップ出現に「笑えない」


PCやスマートフォンの普及により、誰もがWebサイトやブログを手軽に閲覧できるようになった現代。企業ホームページやサイト管理者は毎年4月1日、その場において粋なウソやジョークを提供するべく念入りな仕込みを行います。いわゆるエイプリルフールのイベントです。特にゲーム関係では顕著ですね。ありもしない、ファンがニヤリとするようなウソ作品やニセプロジェクトを年に一度のネタとして披露し、ユーザーはわかったうえで楽しむという関係が定番となりました。ゲームファンにとっては、かつてのアイレムのHPなんかは馴染み深いのではないでしょうか。

今年も、もろもろの「ネタ」が各所で話題となっていますが、さすがにgoogleは半端じゃありませんでした。なんと、グーグルマップがドラクエ化してしまったのです。ドラクエファンなら思わず笑ってしまいそうな動画まで用意する凝りようで、今年最大のエイプリルフールネタとして盛り上がっています。

エイプリルフールでGoogleマップがドラクエ風になってるwwww
(俺的ゲーム速報@刃)

ただひとり、これを歓迎できない方がいらっしゃったようです。

hirabou_waraen.jpg

ゲームアナリスト、平林久和さんです。



“エイプリルフール、ドラクエマップ出現に「笑えない」”の続きを読む>>
本当に雑記 | 【2012-04-01(Sun) 21:52:36】 | Trackback(-) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。