プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
我らがヒーロー・高橋名人が若者の愚行に「喝」!
meijin_vs_rina.jpg

「若者のマナーが……」「常識が……」「このままじゃ日本はダメになる」なんてことが日常的に言われるようになってしばらく経ちますが、かと言ってそんな若者たちを律する勇気ある大人が現れるわけでもなく、刻々と国家滅亡の時が迫りつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ところが我ら「ファミっ子」のヒーロー、高橋名人は違った!別に自分が直接関わったわけでもないのに、ネットニュースで目にしたとあるモデルタレントの常識ない振る舞いに、自らのブログで声を大にして「喝」を入れたのです。

“我らがヒーロー・高橋名人が若者の愚行に「喝」!”の続きを読む>>
スポンサーサイト
インターネット | 【2009-06-24(Wed) 02:57:09】 | Trackback:(0) | Comments(-)
日帰り人間ドックへ行ってみた。
ある年齢を超えると、健康診断……というか人間ドックの受診が義務になるよう、法律だか何かが変わったようです。よって私も受けなければならなかったのですが、忙しさにかまけてサボってました。そのうち、定められた期限「6月末まで」が迫り、会社もうるさくなり、受けざるを得ない状況に追い込まれつつあったので、仕方ないなあと受診することにしました。

“日帰り人間ドックへ行ってみた。”の続きを読む>>
身体・医療 | 【2009-06-23(Tue) 16:07:30】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「NewスーパーマリオWii」に自動クリアモード?!
ついにメーカーがそれやっちゃうか……なニュース。E3で発表されて話題になった「New スーパーマリオブラザーズ Wii」ですが、そこに“Demo Play(仮称)”と呼ばれるナゾの新機能が搭載されるそうです。

宮本茂氏、Wiiのゲームに搭載する“ヘルプ機能”の存在を認める
(Game Spark)

------------------

“Demo Play(仮称)”と呼ばれているこの機能は、「New スーパーマリオブラザーズ Wii」で初めて導入される予定で、主にゲーム初心者のプレイを助けることを目的としたもの。プレイヤーがゲーム中で行き詰まりステージの先に進めなくなった際に、(コンピューター)が自動でそのステージをクリアしてくれるそうです。「今後他のゲームにも導入していく」と宮本氏。

------------------

なんでゲームやるの?

ゲームってそういうものだっけ?

筆者のようなファミコン世代、ゲーセン世代のゲーマーにしてみれば、ゲームというものは基本的には試練であり、プレイヤーが腕を磨いてそれを乗り越えていくもの、という認識でした。「昨日はできなかったけど、今日はクリアできた!」「こないだは3面までしか行けなかったけど、今日は5面まで行けたゼ!」「先週は勝てなかったライバルに、今週は勝った!」……だから、嬉しい。だから、またチャレンジしたくなる。

でも、もうメーカーはそう思っていないみたい。

ムリだと思ったらあとはコンピューターが勝手にクリアしてくれるゲーム……。何が楽しいんでしょう。なんでそうまでして、ゲームをしなければならないんでしょう。そんな機能が開発スケジュールやコストに与える影響は決して少なくはないでしょう。それいらないから、早く発売して下さい。安く売って下さい。

極論を言えば、それって「プロアクションリプレイ」とか「改造」とかよりも問題でっせ。自己責任な改造と違ってメーカーオフィシャルのものだから、使う側もうしろめたさナシ。そして「クリアしたよ~」とか言っちゃう。やらなくていい(見てるだけの)ゲームだったら、テレビか映画でも見ますわ。

ゲームソフト | 【2009-06-18(Thu) 02:30:46】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「ドラクエIX」完成披露発表会開催!
香取慎吾も駆けつけた『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』完成披露発表会が開催
(ファミ通.com)

発売まで1ヶ月を切ったというのにほとんどCMを見かけることがなく、個人的に「さらに延期?」と心配しておりました「ドラクエIX」。でもコンビニやショップではノボリを立てて大々的に予約受付してるし……。ということで、完成披露発表会が開かれたそうです。「しっかりと完成しました。いま工場でどんどん作っているところです。7月11日に皆さんのお手元にお届けできます」とプロデューサーが明言したことで、7月11日発売はついに確定!不具合の巣窟だったという「ドラクエIX」、修正作業はうまいこといったようですね。その「工場でどんどん作ってる」大量のソフトには、もちろん不具合はないですよね?

しかし、なんだかんだ言っても「ドラクエ」を楽しみにしている人は少なくないようで、筆者周辺でいま「モンハン」を夢中でプレイしている人の何人かは、「ドラクエIXまでにはなんとか」「ドラクエが出るまでにこれだけはぜったいクリアしたい」というのが合言葉のようになってます。ある意味、メーカー各社における現在の最重要課題って、「モンハンのファンをどう惹き付けるか」なんですよね。一度ハマるとエンドレスにやり続け、他のゲームに見向きもしなくなるタチの悪い作品「モンハン」。ソロプレイも面白いですが、ヒットの大きな要因は通信プレイ。ワイワイ集まってみんなで遊ぶ楽しさ、それを「ドラクエIX」はDSというハードを使って上手く取り込んだ感じ。

「女性のかたでなかなかゲームに慣れていないという場合でも、手伝ってもらって進められるようになっています」
「『ドラクエIX』を作るときに最初に考えたのが“みんなで遊べる”ということ。みんなで遊べるということは、ずっと遊べなければいけないんじゃないかと思ったんです。だから、今回はゲームをクリアーしたあともずっと遊べるようになっています。それが今作の重要なポイントになっています」
「『ドラクエIX』は新しいコミュニケーションツールになっていくんじゃないでしょうか」

シナリオの最後まで辿り着いたらハイ終わり、ではなく、一応の「クリア」後もパーティプレイでずっと遊べる……。あまり上手でないプレイヤーも、他のプレイヤーに助けられながら進めることができる……。やっぱり通信プレイ対応だとそういうシステムになりますよね。「いっしょにクエスト行こうよ~」「あ、ゴメン、俺もうエンディング見ちゃったから」では、少し遅れて始めた人は寂しい。「モンハン」の凄いところは、遅れて始めたプレイヤーでも追いつけるところ。そして、遅れた人を周りのみんなで助けられるところ。凄腕の人が下位の簡単なクエストをプレイするのはつまらなそうに思えますが、あえて貧弱な装備にしてみたり、苦手な武器にしてみたり、何らかの「縛り」をすることで楽しく遊べます。そういう自由度の高さ。「ドラクエIX」もおそらく、そういった要素を上手く採り入れていることと思われます。

ゲームソフト | 【2009-06-18(Thu) 02:15:04】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ファミ通内部から掲示板に「死ね」の書き込み?!
『週刊ファミ通』の会社からセガ社員に「死ね!」と書き込み(livedoorニュース)



こんな書き込みは「2ちゃんねる」ならば日常茶飯事ですが、運営サイドが「荒らし認定」した場合、書き込みをした人のIPアドレスが晒されることもあります。ここまでネットが普及しているなかで、いまどきIPも知らずにネットの閲覧や書き込みをしている人はいないと思いますが、それが企業のものであったり学校のものであったり、はたまた政府のものであったりすればどこからの書き込みかを判別するのは容易いことです。

この書き込みによって晒されたIPアドレスは「218.45.223.65」。これを調べてみると、「enterbrain.ne.jp」と出てきます。つまり、表面的な情報のみに頼れば、ファミ通内部からの書き込みであることになります。ファミ通(エンターブレイン)の中で業務をしている誰かが、職場のPCから「2ちゃんねる」にアクセスし、上のような書き込みをしたと。もっともそれなりのスキルがある人であれば、IPを偽装して掲示板に書き込むことも不可能ではなく、悪意ある何者かがファミ通を騙った可能性もあるわけです。

エンターブレイン広報は「ただいま事実確認中、もし事実であれば適切な対処をする予定」とのこと。事実であってもなくても、うやむやにせず結果報告はしっかりしてほしいですね。

なお、この名指しされている「岡野」という人物、ゲームメーカー・セガに実在するゲーム開発スタッフ、ゾルゲ市蔵さんのことであるとのこと。誰にも恨まれることのないタイプの人というのは、たとえ騙りであっても「しね」とは書かれないと思われるのですが、ゾルゲさんはどうなんでしょう。

以下wikipediaより。

ゾルゲ 市蔵(ぞるげ いちぞう、Sorge Ichizo又はZolge Ichizo、1970年頃)は日本の漫画家、イラストレーター、ゲームクリエイター、ゲームライター。他に本名の岡野 哲(おかの てつ)、ゾルゲール 哲(Zorger -)などのペンネームも用いる。株式会社セガ企画制作部所属(2007年2月現在)。主な作品に『横綱大社長』、『超ゲーム少女ユーゲ』シリーズ(以上漫画作品)、『セガガガ』、『ASTRO BOY・鉄腕アトム -アトムハートの秘密-』(以上ゲーム)、『謎のゲーム魔境』シリーズ(ゲーム評論)など。

事件・事故 | 【2009-06-18(Thu) 01:46:43】 | Trackback:(0) | Comments(-)
エヴァグッズ転売に、公式ブログが怒りあらわ!
エヴァケータイや箱根補完マップといった、限定のエヴァグッズが早くもヤフオクなどに高値で出品されまくっているなどの転売行為に対して、公式ブログの中の人が露骨に怒っているようです。

即売り切れのエヴァ携帯にヤフオクで20万円超のプレミア(にゅーあきば.こむ)
とうとう20万ですか……買う人いるの?いるんだよなあ……。実際落札されてるようですし。20万円の携帯なんて、とても怖くて携帯できません。本末転倒。

エヴァ携帯や箱根マップの転売に公式ブログが憤りを表明(にゅーあきば.こむ)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ:破「いろんな意味で」
けっこう怒ってらっしゃいます。以下、赤文字引用。

何にせよ、自分が好きでもないのに小銭稼ぎのために限定品を押さえて回る転売屋は、大嫌いなんですよ、私。だって、そいつらのせいで、ホントに欲しいのに買えなくなる人が出てくるわけでしょ?そいつらがいなけりゃ、買えたのに。で、買えなかった元凶である転売屋のオークション出品物を、定価よりずっと高い金額で落札するって・・・・・・それ、哀し過ぎますって・・・。

まあ気持ちはわかるんですが、筆者の考えはちょっと違います。そもそも転売を生む原因はなにか?と言えば、間違いなく限定商品の存在なんです。すぐに捌けてしまうであろう商品をあえて限定にし、転売も予想してたと明言したうえで何に怒ってるの?そうなる状況を用意したのは自分たちなのに。

何にせよ、話題性があるうちに確実に売り捌くために限定品を用意する企画屋とかメーカーは、大嫌いなんですよ、私。だって、そいつらのせいで、ホントに欲しいのに買えなくなる人が出てくるわけでしょ?限定品じゃなけりゃ、買えたのに。で、買えなかった元凶である制作者側のブログが、高額転売にブチ切れって・・・・・・それ、笑えないですって・・・。

転売が「大嫌い」なら、転売されるような限定商品を設定しなければいい。いろいろな事情で限定にしないと商売にならないのであれば、そんな商品は最初から発売しなけりゃいいじゃないですか。筆者は限定商品にそれほど魅力を感じませんし、転売屋を利用するほど(心が)裕福ではありませんので、きわめて客観的に双方(発売側と転売側)を眺めてみると、どっちもどっちですよ?もちろん転売屋がやっていることを肯定はしませんが、限定商品がなければ転売屋は自滅するだけの存在。タマゴとニワトリじゃないですけど、限定品が先か、転売屋が先か?

限定商品を高値で転売することは、法的にはセーフなのかもしれませんけど道義的には反感を買い易い行為。対して正式に所有している権利を行使・利用し、限定商品を製作して販売するのは法的にも道議的にも正当な行為です。どちらに非があるかは明白ですが、限定商品こそが転売屋をのさばらせているのは事実。で、限定だろうが転売だろうが、欲しくても欲しくても買えない人は出るのです。「売り切れて買えない」「高すぎて買えない」、買えなかった人にとってはどっちも同レベルです。お店に行けばいつでも定価で買えるのなら、誰も哀しまないですよね

インターネット | 【2009-06-10(Wed) 03:02:15】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ブルーレイ「エヴァ序」見ました。


画像は「破」の予告編ですが(笑)、コレが自宅のハイビジョンテレビで見られたってことで。いろいろポーズしてじっくり見てしまいました。さてさて、「破」の公開日6月27日が迫り、再び盛り上がりつつあるエヴァ熱。とりあえずってことで「序」のブルーレイ版を購入して鑑賞しました。うーん、はっきり言ってこのズルい商法に跪くのがイヤで、「1.11」はスルーするつもりだったんですよ、最初は。でもPS3を購入してブルーレイが見られるようになったんで……まあ見とくか、と。

“ブルーレイ「エヴァ序」見ました。”の続きを読む>>
アニメ | 【2009-06-07(Sun) 22:22:42】 | Trackback:(0) | Comments(-)
SCE、UMDソフトのデータ変換サービスを準備か?
E3にて正式発表となった新型PSP「PSP Go」。これに対するユーザーのリアクションは撤廃されたUMDスロットについて、「過去のUMDゲームソフトは"PSP Go"ではプレイできないのか?」という疑問、戸惑いが最も大きいようです。もしかすると当初、SCEとしては「PSP Go」についてUMDは無視するつもりだったのかもしれませんが、あまりの反響に「やっぱり過去のソフトができなきゃダメなのか?」と考え直したのか、UMDソフトのデータを変換するサービスを用意しているとか。

ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中(Game Spark)

その方法は現時点では不明ですが、"UMDを特定の窓口に郵送する"といった方法になるのであれば、「それは違うだろう」という気がします。個人的には、手元で自分でできないのであれば、面倒くさすぎてやる気がしません。素直に従来のPSPを使います。一時は店頭にそれが可能な端末が置かれると噂されたようですが、SCEは明確に否定。そしてその「変換」が、既に所持しているUMDソフトとの「交換」になるのか、費用はかかるのか、既に発売されている全てのUMDタイトルについてデジタル版が用意されるのかということも未定です。

PSP Goのローンチ前には間に合わせるべく進めているとのことですが、その形態・手段によってはあまり利用されないサービスになってしまうかもしれません。とにかく、「サービス」とは言えど既にゲームを購入済みのお客に対し「負担」を強いる行為だということを大前提に考えてほしいものです。ユーザーにしてみれば「ちゃんとゲームを買ったのに、メーカーの都合でハードを切り替えられたうえに、なんでソフト変換なんて手間をかけなけりゃならないの?」ってことですから。「変換して互換性を確保してやるだけでも有難いと思えよ、昔のゲーム機がそんなことしてたか?」とかおっしゃるかもしれませんが、ならばユーザーとしては従来のPSP使うわ、Goイラネってことになるでしょう。

ゲームハード | 【2009-06-07(Sun) 16:23:56】 | Trackback:(0) | Comments(-)
痴話喧嘩。
仕事にいくため電車に乗っておりました。私が乗ったあたりでは空いていた電車も、進むにつれて徐々に混んできます。そして隣にアベックらしき男女が座りました。この時点で私の瞳は閉じてしばしの仮眠タイムに入りかけていたのですが、二人の会話は聞く気がなくとも耳に入ってきます。

男「mixiやってんだ?」
女「うん」
男「俺もずっと前に紹介されたけど、ぜんぜんやってねーな」
女「そうなの?」
男「流行ったのって5~6年前じゃね?」

みたいな会話を聞きながらスーッと眠りについた私。電車が終点に近付き、目を覚ますとカップルの会話が不穏なものに……というか、男の口調が明らかに前と違う。

男「mixi退会しろや
女「……」
男「電車の中で携帯でまで見るなんておかしくね?怪しいんだけど」
女「もう帰ろうかな」

ほんの20分弱ほど寝てた間に、喧嘩になってる!乗ってきた時は和気藹々としてたのに。どうやら二人はどこかにお出かけする予定だったようですが、それも微妙に。

男「キャンセルすっから金返して。つか、怪しくないならmixi退会して」
女「……やだ」
男「やましくねえならできるだろうよ」
女「自分だってじゃん」
男「あ?俺はmixiなんかぜんぜんやってねえっつってんだろ」

……悪いこと言わないからおまえらとっとと別れた方がよくない?そんな些細なことで衝突するようじゃ、ぜったい長く続くわけないから。もしも恋人がいてmixiやってる人がいたら、携帯でまでチェックするのは避けた方がよさそうですよ。怪しいんだそうですから。

私はmixi、放置しっぱなしです。だから潔白ですね!

世間一般 | 【2009-06-06(Sat) 15:08:43】 | Trackback:(0) | Comments(-)
PSP GoでのUMDソフト資産、「前向きに検討」とSCE
UMDスロットが廃止されたことで、「過去のPSPのゲームはまったくできないのか?」「これまでのPSPとはまったく別のプラットフォームとなるのか?」など、反響を呼んでいる新型PSP「PSP Go」。ユーザーはもちろんのこと、販売店にとっても無視はできません。なんせパッケージレスとなったゲームがダウンロード(ネット)専売になれば、お店としては売り物がなくなってしまうわけですから。そのため「PSP Go」発表に対する受け手側のリアクションは、どちらかというと「今までのゲームはできないの?」「販売店はもういらないってこと?」などのネガティヴなものが多く目につくような状況です。

従来のPSP用UMDソフトを「PSP Go」で楽しむことはできないのか?これについてSCE広報は、「今の時点で言えることはないが、前向きに検討していきたい」と応えているとのことです。

「PSP go」の疑問 UMDは、販売店は、ソフト開発はどうなる(IT Media)

11月発売と言われても、まだまだ「よっしゃ、買い!」とはとても思えないですね。でも同時に、そう遠くない未来にゲームは確実にパッケージレスになり、データのみが流通するようになるなあという気も。今だって「ゲームアーカイブ」系のサービスはその通りになっていますし。ただそれはひと昔前の(今から見れば)「軽い」ゲームだから可能なのであって、重厚長大なゲーム(たとえばFFの最新作とか)でそれができるのか?ダウンロードできたとして、ユーザーにそのデータを置いておける環境が常にあるとは限らないのではないか?さらに、せっかくダウンロード購入したデータの入ったハードウェアが壊れたら?バックアップは可能になるのか?バックアップは実質的にゲームデータのコピーと同義だが、それが許可されるのか?などなど、クリアしなければならない問題はまだまだ山積みですね。

ゲームハード | 【2009-06-05(Fri) 22:07:42】 | Trackback:(0) | Comments(-)
もう食べません。
仕事が終わって帰宅途中、ほぼまる一日なにも食べていないことに気付き、気付いてしまったからにはどうしようもない空腹感に耐えかね、帰路にある某牛丼屋に入りました。最近、あまり食べ物に執着がないので「なんでもいい」と思ったのですが、そういえば最近、牛丼なんて食べてなかったな。何か他のものの方がいいかな……。お腹が空いたらそば屋な生活がすっかり定着していたせいもあるでしょうか。牛丼屋に入っといて牛丼ではないものが食べたくなるのもどんなもんかと思いますが、うってつけのメニューがあるじゃないですか。最近、競合チェーンがこぞって展開している「うな丼」。高級店の味を知っている私が正直に言うなら「牛丼屋のうなぎぃ~?」という感じなのですが、ものはためしに食べてみるのもいいかと注文。

で、あんなこと思っといて恐縮なのですが、そこで私は久々に牛丼も食べてみたくなったのです。しかしこれが、都合の良いことにうなぎと牛が両方乗った「うな牛」というメニューがあるんですよ!これだ!これしかない。しかし読み方がわかりません。「うなぎゅう」?「うなうし」?どっちでもいいや、とりあえず私は女性の若い店員さんに「うなぎゅう」と言いました。「かしこまりました」と店員さん、やはり「うなぎゅう」なのか。まあカレーと牛丼は「かれぎゅう」だし。まつことしばし、「うなぎゅう」が私の前に……あれ?

牛 は ど こ ?

うなぎしか乗ってないんですよ。つまりただの「うな丼」です。もしもこの店の「うな丼」の呼び名が、一般的なものと同じ「うな重」であれば、「うなぎゅう」と「うなじゅう」を聞き間違えたと好意的に解釈もできます。が、このお店では「うなどん」なのです。「うなぎゅう」と「うなどん」を聞き間違えるわけありません。バイトの教育がなっとらんぞ、すき屋!あっ、書いちゃった。

ですがまあ、私も大人です。うなぎだけ食べとけという神の思し召しに従い、特にクレームはつけずにうな丼を食することにしました。多少でもヘルシーにすることで体調管理に協力してくれたんだよ、この店員さんは。では、いただきま~す。

こ れ が マ ズ い ん だ。

少なくとも私の知っているうなぎはこんな食べ物ではない!という。590円のうな丼、安かろう悪かろうってやつでしょうか。おそらくどこのチェーンも大差はないと思うので、牛丼屋のうなぎは二度と食べません

飲食物 | 【2009-06-05(Fri) 15:03:35】 | Trackback:(0) | Comments(-)
E3 任天堂カンファレンスでメトロイド新作が!
【速報】『マリオ』最新作に新デバイスも飛び出した任天堂カンファレンス(電撃オンライン)

PSP Goや「FFXIV」などで話題的には盛り上がっているSCEサイドですが、任天堂も負けてはいられません!個人的な注目作品はなんと言っても、DS版「Newスーパーマリオ」も記録的な売り上げとなったスーパーマリオの最新作、「New Super Mario Bros. Wii」。横スクロールの「スーパーマリオ」形式を継承しながらも、4人同時プレイ可能……ってスクロールはどうするんだ。強制スクロールなのかな?任意スクロールでは、4人バラバラに好き勝手やってたらゲームが進まんぞ。で、同時プレイの4人は時には助け合い、時には攻撃し合い……。往年の名作・元祖「マリオブラザーズ」のテイストが感じられませんか?協力プレイするつもりで始めたのに、いつの間にか泥沼の殺し合いに……。わくわく。

任天堂カンファレンスで発表された最新タイトルを一気に公開!(電撃オンライン)

他にも「Wii Fit Plus」や新デバイス「Wii Motion Plus」、サードパーティでは「FFCC クリスタルベアラー」などの発表が相次ぎ、そして名作「メトロイド」のWii向け新作「メトロイド Other M」が発表!作品そのものもサプライズですが、任天堂とタッグを組んで開発にあたっているのがあのTeam NINJA!テクモと共同開発、ってことになるんでしょうか。ん、待てよ……。Team NINJAと言えば……。

板垣伴信氏らTeam NINJAメンバーが新会社を設立、新作ゲームを開発中(XNEWS)

あんなことこんなことでテクモを去った板垣氏は、かつてのTeam NINJAメンバーを中心に40名規模の新会社を作っていました。「NINJA GAIDEN 2」のプロデューサー・岡本好古氏、「DOA3」や「DOA4」のディレクター・松井宏明氏、「NINJA GAIDEN 2」や「DOA4」のディレクター江原克則氏など、Team NINJAの主要メンバーのほとんどが板垣氏の新会社へ移っています。さらにそこに「バーチャファイター5」でキャラクターデザインやモデリングを担当したクリエイターたちも加わっているそうで、どこからどう見ても格闘ゲームしか作れそうにない集団なのですが、既に開発中のタイトルについて江原氏が「格闘ゲームでやれることはすべてやりました」と発言したとのことから、格闘ゲームではないのか?と言われています。また、その新作のプラットフォームはいまだ板垣氏がマイクロソフトとXbox 360に傾倒しているとのことで、やはりXbox 360になるのではないかと。

あ、まあ今回はその「板垣氏新会社」の動向はいいとして、つまり「メトロイド」を作ってるTeam NINJAって……というハナシ。主要メンバーはテクモを去って板垣氏のところに行ってしまったわけで、失礼を承知で言うなら「主要じゃないメンバー」が残ったわけですよね。で、それが現在のTeam NINJAだと。うーん、そのチーム名、板垣さんのところにあげちゃった方が良くないですか?結局「メトロイドの新作をTeam NINJAが!」と驚いてみたところで、「あれ?ボクらの知ってるTeam NINJAはそこにほとんどいない……」というオチでした。

ゲームソフト | 【2009-06-04(Thu) 00:13:10】 | Trackback:(0) | Comments(-)
E3 SCEAプレスカンファレンスで「FF14」サプライズ発表!


PSP Goはインパクトだけはあったために、その他の話題が薄れがちな2009年のE3。それを狙ってあえて情報をフライングさせたのでは?と思いたくもなるほど、見事にユーザーの興味をPSP Goへとさらってしまいました。そしてSCEプレスカンファレンスでさらなるサプライズ。なんと会場でいきなり、予告なしに「FINAL FANTASY XIV(14)」のトレイラーが流れたそうです。「13」も出てないのにもう「14」かよ!という気がしないでもありませんが、タイミングを合わせてティザーサイトも公開されました。

スクエニ公式 FINAL FANTASY XIV ティザーサイト

サイトではトレイラーが見られるほか、「XIV」が「FFXI」と同様のMMO RPGであることも発表されています。発売予定は2010年で、PC(Win)とPS3で展開されるもよう(Xbox 360はスルーですかそうですか)。メインスタッフも発表されており、「FFXI」の田中弘道氏をプロデューサーに据え、ディレクターは同じく「FFXI」の河本信昭氏、アートディレクションは「FFXII」の吉田明彦氏が担当。ムービーからなんとなく吉田氏の香りを感じましたが、やはりそうか!という感じ。つーか、なんかトレイラーを観る限りでは「なんかFFXIIじゃね?」と思ってしまいました。またスターウォーズですかと。

さらに作曲に植松伸夫氏がクレジットされてるのも注目点。というかそろそろFFファン、植松ファンは「また主題歌だけでしょ?それはいいから本編の作曲家は誰?」という気持ちになっていそう。

ま、個人的にはたぶんやらないと思います……。

ゲームソフト | 【2009-06-03(Wed) 23:40:06】 | Trackback:(0) | Comments(-)
噂でも嘘でもない、PSP Go正式発表!
E3でのSCEプレスカンファレンスで、既にゲームユーザーの間では大きな話題となっていた新型PSP「PSP Go」が正式に発表されました。日本での発売は2009年11月1日、価格は26,800円とのこと。カラーバリエーションはピアノ・ブラックとパール・ホワイトの2種。なお、それによって現行モデルのPSP-3000が市場から消えることはなく、並行して展開されるそうです。

SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表(AV Watch)

「SCEA 2009 E3 Press Event」開催 噂の「PSP go」が明らかに!(GAME Watch)

SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定!(GAME Watch)

SCEニュースリリース

主なスペック、特徴は既報の通り。UMDは廃されています。では、PSP GoでこれまでのUMDタイトルをプレイしたい時にはどうすればいいのか?ニュースリリースにははっきりと以下のように書かれています。

UMD®で提供されるソフトウェアについては、ご利用いただけません。

つまり、PSP Goと従来のPSPはプラットフォームの異なる別ハードだということ。もっとも従来のPSPにPSP Go専用タイトルをダウンロードしてプレイすることは不可能ではないでしょうけど、すべての読み出しをメモリースティックに依存することになるため現実的とは言えませんね。即ち、SCEは「PSP Go」という名のまったく新しい携帯ゲーム機を立ち上げたということになります。PSP Go専用タイトルとしては「グランツーリスモ」や「メタルギアソリッド」など人気シリーズが名を連ねておりますが、どうでしょう。売れますかね?ゲームアーカイブを充実させてPS時代のゲームを手軽に……というのもウリなのでしょうが、なんかそれは後ろ向きなウリですねぇ。

PSP Goは、任天堂におけるDSのようになれるのでしょうか?DSはGBAからうまいことユーザーを連れて移行できましたけど、従来のPSPユーザーがPSP Goに興味を持てるかどうか、すべてはソフトしだいですね。PS2→PS3の二の舞にならないことを祈ります……。

さて、いよいよゲームがパッケージとメディアを捨てる時代が来たようです。ゲームはデータで供給される……。個人的には今でも一般の人に比べてCDを多く購入してると思われる筆者。パッケージやブックレットも含めてひとつの作品といまだに根強く思っており、それらがないと所有欲が満たされず、いまだにソフトウェアや音楽の「ダウンロード購入」というヤツに抵抗があります。古い人間と笑われてしまうのかもしれませんが、実体のないデータのみの売買って、なんかお金を出す気にならないんですよね~。

ゲームハード | 【2009-06-03(Wed) 23:20:55】 | Trackback:(0) | Comments(-)
新型PSPは「PSP Go」?UMDスロット撤廃か


6月2日に開催予定のE3を前にして、そこで発表されると言われている新型PSPの情報がリークされ、海外メディアを中心として話題になっています。

PSPの新モデル「PSP Go」、発表前に動画が流出(CNET Japan)

新型PSP「PSP GO」はスライド式、UMD無し-複数の海外メディアが報道(INSIDE)

これまでも新型PSPの予想画像やフェイクは何度も目にする機会がありましたが、動画が存在しているということでこの情報の信憑性は極めて高いものとなっています。それによると、新型PSPは

・名称は「PSP Go」
・スライド式で、画面の下にコントローラー部分が出てくる
・16GBのフラッシュメモリ搭載
・UMDドライブは非搭載になるもよう(未確定)
・Bluetooth対応
・画面の大きさは3.8インチ
・重量はPSP-3000よりも43%軽量

このあたりが大きな注目点でしょうか。もし本当にUMDドライブがなくなるとしたら、PSP Goに対応した新作はともかく、これまでのソフトはどのようにしてプレイするのか?というところがまず気になりますね。UMDソフトのデータをPSP Goに転送する周辺機器が出るのでは?という予想は、セーブデータならともかくゲームそのものに関しては不正コピーを招くこともあって現実的ではありません。また、PSP Go以降の新作ソフトはこれまでのPSP(1000~3000)でプレイできるのか?ということも。ダウンロードするにしてもメモリースティックの容量、転送速度、本体メモリーなどなど問題がありそうな気がします。

情報によると、既存のPSPと新たなPSP Goは置き換えを狙ったものではなく、ともに販売されていくことになるもよう。用途、ゲームに合わせてハードをチョイスすることになるのでしょうか。言わばひとつのメーカーが携帯ゲーム機を2種出しているような状態で、任天堂のGBA&DSの関係を思い出します。最初はGBA互換を実現していたDSですが、DSiからはそれが失われました。PSP Goは最初からその方向を選んだことになるのでしょうか。続報とともに、E3に注目です。

最も気になるのはいずれ出るであろう「モンハンポータブル3rd」が、何で出るかですけど(笑)。これまでのPSPユーザーも含めてドカンと売りたいのであれば、PSP Goはないと思いますけど……。しかし人々にPSP本体の購入を決意させるだけの力があった「モンハン」ですから……。

ゲームハード | 【2009-06-02(Tue) 00:54:32】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。