プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
とにかく凄い人気の初音ミクですが…。
hatsunemiku_packageimg.jpg

figmaをはじめ、あらゆるアイテムが予約開始とともに瞬殺(=速攻で売り切れること)となる稀有なキャラクター、それが初音ミクです。ハルヒだろうが何だろうがそんなことはなかったのに、ミクはもうすぐになくなりましたね。続く鏡音リン・レンも同じく瞬殺でした。別にアニメキャラでもゲームキャラでもないのに……。まあミクはアニメキャラになりつつあるようですが。

よく知らない人のために解説。「初音ミク」というのは、そもそも「パソコンソフトのイメージビジュアル」でしかありませんでした。そのソフトというのが、クリプトン・フューチャーメディアが発売している「ボーカロイド2 初音ミク」。簡単に言うと、「バーチャルボーカリスト」です。ヤマハの技術を利用し、入力した歌詞と音程に基いて人の声で歌ってくれるソフトなのです。これまでいろいろな会社からバーチャルボーカリストソフト&ハードは出ていましたし、クリプトンも初代ボーカロイドとして「MEIKO」「KAITO」といった日本人ボーカルや「ミリアム(アディエマスのミリアム・ストックリー!)」をリリースしていました。言うほど単純なことではないのですが、わかり易く言えば「人の声を楽器音のように細かくサンプリングし、それを活用して歌わせる」ものです。

そこに「萌え」を採り入れ、アニメ声優ふうの声でやってみたのが「初音ミク」。DTM(デスクトップミュージック=つまり打ち込み)ソフトとしては異例の大ヒットとなりました。それまで音楽制作なんかやったことない人も作品を作ってはネットで公開。カラオケに替え歌を乗せただけのものから手間のかかったもの、さらにそれに空耳動画を付けてみたり……。そういった音源や動画はネットに溢れ、それを見て「こんなの作れるんだ!」と感動した人もソフトを買って作ってみる……「クチコミ」ならぬ「ネットコミ」によって売れに売れたわけです。

“とにかく凄い人気の初音ミクですが…。”の続きを読む>>
スポンサーサイト
おもちゃ・ホビー | 【2008-10-26(Sun) 09:25:20】 | Trackback:(0) | Comments(-)
新エヴァ第二弾「破」は2009年初夏!


↑クリックでオフィシャルサイトへ。

いや~、やっと公式にきましたね。「序」公開時のプランでは、「破」は2008年夏公開、だったように記憶しているのですが、まったく情報が出ず。特報すら打たず。過去の劇場版の例、そして「序」でもそうとう粘った経緯を知っているファンであればとっくに「今年はもうないな」と思っていたことでしょう。そういう面では庵野氏をはじめとした制作陣の信用はほとんどないので(笑)、それほど大騒ぎにもなってないように思います。ファンとしても「想定の範囲内」というか。で、結局はさらに1年後、2009年初夏だそうです。連続ものの劇場作品が2年空くのってどうなの~、とも思うのですが、まあ気長に待ちましょうよ。いつかは完結するはずですから。

ウワサレベルでは「春にFIXしたコンテをすべて捨てた」とか、「もともと"破""急"と分かれていたものを1つに統合」とかいろいろ言われていたのですが、公式のテキストを読む限りでは「序」のラストにあった予告に入っていた要素はほぼなぞりそうな感じ。いよいよ旧エヴァになかったあれやこれやがゾロゾロと登場!新たな展開・新たなナゾに観客ポカーンで続きは2011年!みたいなことになるんでしょうか。完結する頃、オレ何歳になってんだよ。

まあ「破」を気にしてる人は当然、「序」のDVDをくまなく見てると思います。そこでオススメしたいのが、ちょっと高いんですがカラーが自社出版している「序」の「全記録集」。これがあれば他のムックはいらんです。フィルムダイジェストに始まって設定画、レイアウトなどの資料が盛りだくさん。そして総監督・庵野氏の超ロングインタビューが読めるのはこの本だけ!さらに作画・CG・音響などなどメインスタッフの貴重な証言が興味深く読めます(音響効果・野口サンのグチが最高でした)。作品に関与してない人が執筆しているどんな本よりも、関係者インタビューがダンゼン面白い!これを読まずして「序」を、新劇場版を語るべからず。高くてデカくて重いんですが……それはそのまま情報の密度ですので。



最後に……

これ以上の延期はナシよ!

アニメ | 【2008-10-08(Wed) 03:04:41】 | Trackback:(0) | Comments(-)
TVA版「今日の5の2」
スターチャイルド:「今日の5の2」公式ページ

見逃したあぁ~っっ!!

放送時間中にどっぷり仕事してたのですっかりチェック忘れてました。というか、実はそれほど注目してなかったりするんですが……。というのもですね、今回のTV版の「絵」がね……。なんか馴染めないんですわ。

“TVA版「今日の5の2」”の続きを読む>>
アニメ | 【2008-10-08(Wed) 02:33:24】 | Trackback:(0) | Comments(-)
新型DS「DSi」、11月1日発売!!
以前からウワサされてきた「新型DS」、「DSi」が任天堂カンファレンスで正式に発表されました。

カメラ機能やオーディオ機能を搭載!
新型DSのニンテンドーDSiが2008年11月1日に発売!
(ファミ通.com)

新機能・仕様は既報のものでほぼ変わりありません。カメラが付いてるというのも事実。まあ、いまどき30万画素ってのはどうなの?とも思いますが、あくまでオモチャと割り切っているんでしょう。「いけね、デジカメわすれちゃった!でもそういえばDSがあった!」という、とっさのシャッターチャンスには対応できそうですね。その写真をPCなどに転送できるのかどうかはわかりませんが(SDカードスロットがあるのでできそうですけど)。ちなみにカメラは最近の携帯っぽく、「外カメラ」と「中カメラ」を装備。自分撮りも簡単です。

あと、液晶画面が従来機よりも大きくなり(面積比で17%)、本体サイズは2.6ミリ薄くなっていますが、横幅、縦幅は微妙に大きくなってます(横幅4ミリ増)。重量は4グラム減。液晶の性能そのものは変更なし。画面輝度調整は1段階増えてるっぽいです。

本体外観の変化はわずかなものですが、見慣れたはずのDSにカメラ穴が開いてるとやっぱり「新しい」感はかなりありますね。また、電源ボタンが本体横から十字ボタン下に移動してます。個人的にいちばん大きいのは「GBAスロット廃止」です。DSのソフトが充実してきたからなのか、GBAのソフトも遊べるよ!という互換性は今回、切り捨てられたことになります。本体を薄くするためにという理由のようですが……。もちろんDSiではGBAソフトはもちろん、GBAスロットを活用しているDSソフトも遊べなくなります。従来機は継続して販売されるのでしょうか?

外側の変化よりも任天堂がチカラを入れてるのが、「DSウェア」という名で括られたソフトによる機能追加。有償・無償で提供されるウェアをダウンロードしてインストールすることで、機能拡張ができますよ、というもののようです。DSでインターネットできたり、DSに電卓機能が追加されたり……。筆者は常々「ゲーム機に余計な機能つけると後悔するぞ」と主張しているのですが、任天堂はDSiをただの携帯ゲーム機にしておくつもりはないようです。そもそもカメラや音楽プレイヤーの標準搭載自体、「ゲーム」には直接関係ないものですからね。もちろんそれを利用したゲームも今後は出ると思われますが、当然旧DSではプレイできませんよねえ……。

さてDSi、売れますかね?既にかなり普及が進んでいるDSですが、「カメラつきました、ちょこっと薄くなりました」で買い替えようという人、います?新規顧客は当然ターゲットになるとして、既にDS持ってる人はどうですかね。GBAスロット廃止が、従来ユーザーにはかなり大きいと思います。社長は「まだまだ普及の余地はある」と仰っておられるようですが、うーん。まあ任天堂はいつも初回出荷数の読みがアマいので、当初は品薄になるでしょう(わざとやってるのでは?と最近は思ってますが)。そういえばPSPの新型ももうすぐですねえ。いまさら勝ち負けもないと思いますが、方向性をひとつ間違えると、DSの今後が「コケる」こともあり得ると思いますよ。

任天堂「DSi」公式サイト

ゲームハード | 【2008-10-02(Thu) 22:54:55】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「ドラクエIX」の発売時期が決定!


DS「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」2009年3月発売決定!
(GAME Watchより)

発表以来、「2007年発売予定」、→「2008年発売予定」と発売予定時期を変更してきた「ドラゴンクエストIX」。さらにDSリメイク版「IV」「V」が市場に投入され、それらや同社(スクエニ)が出す「FF」関連作とのぶつかりを考えれば2008年はもうムリだろう、と誰もが思っていたわけですが、今回やっと具体的な情報が出てまいりました。日付までは確定してませんが、来年3月だそうです。「クロノ」のDS版もあるし、「DQVI」のリメイク版は「IX」のちょい後だろうな。

ちなみに、「ドラクエVIII」は2004年11月27日発売でした。うーん、思ったよりも「IX」までの間が開きましたね。さあ、現時点最強ハードにおいて「IX」は何本売れるでしょうか?「VIII」はPS2史上最高、今も抜かれることのない360万本(出荷)でした。これも凄いですけどね。PS3でそんなに売れるソフトはまあ現れないだろう、みたいな。最近、RPGってそれほど売れスジでもないようですが、いいんです。「ドラクエ」はもはやRPGのいちタイトルではなく、それ自体がジャンルのようなものですから。

ゲームソフト | 【2008-10-02(Thu) 22:05:48】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。