プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
FFVIIAC最新トレーラー公開!
2005年9月14日に発売が決定した、「FFVII」の後日談を描く映像作品「ADVENT CHILDREN」最新トレーラー(予告編)が公開されました。しかし、公式サイトに行っても見られません。FFVIIACの製作にはMacOSXがおおいに活用されたとのことで、アップルのサイトでその技術解説とともにトレーラーが公開されているのです。じきにAC公式にも出るでしょうが、一刻も早く見たいという人はアップルへGO。ちょいと工夫をすればダウンロードも可能です。リンク元を掘るか、自分のPCに残ってるインターネットファイルから探しましょう。

懐かしい仲間たちの姿も今回はバッチリ。筆者としましてはそこに流れている音楽が非常に気になるわけで……そう、「片翼の天使」のロックバージョンとでもいいますか、まあ早い話がTHE BLACK MAGESバージョンですな。ACのアレンジには黒魔の面々も関わってるのは既知のことですので。AC単体のサントラはリリースされるのでしょうかね?されないとしてもこの「片翼の天使」はTHE BLACK MAGES 3とかに収録されるとは思いますが。

ただ、これも既報なのですが、本編にゲームの「FFVII」で流れた曲のアレンジ・使い回しはないと植松さんは言っており、「片翼~」はトレーラーでしか聴けないのか?という疑問も。その発言から方針の変更がないなら、ACのBGMはすべて新曲ということになりますね。だったらなおのことサントラが欲しいっす。

注:現在はオフィシャルサイトでも見られます(トレイラー004)。


(発売後追記)結論から言えばサントラは出ましたし、「FFVII」音楽のアレンジも多数使われました。

スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2005-05-29(Sun) 02:00:33】 | Trackback:(0) | Comments(-)
Xbox 360、現行Xboxソフトとの上位互換を発表!しかし…
2005年5月16日、ロサンゼルスのコンベンションセンターで行われたマイクロソフトのプレカンファレンスにおいて、次世代機「Xbox 360」における現行Xboxソフトとの上位互換が明言された。しかし、何やら制限があるようで……

Xbox 360の目指すゴールはどこにあるのか(Game Watch)

即ち、Xbox360において現行Xboxタイトルは、PSとPS2のような「異なるハードウェアを搭載」することによる互換とは根本的に異なり、あくまでエミュレーションによって動作させるということになるようです。簡単に言うと、PS2の内部にはまるごとPSがハードウェア的に内蔵されているようなもの。これはPS3においても同様でしょう。過去のハードを搭載してしまうというものです。これに対してXbox360は、現行Xboxソフトをソフトウェア的なエミュレーションで動かすということです。このためその動作検証が必要になり、優先順位として「売れたもの」から行われるというのが「トップセールスソフトは動くようにする」という発言になるわけです。売れなかったソフトの検証は後回し、という意味合いでもあります。このあたりはオンラインでのアップデートで徐々に対応していくのでしょう。

とにかく、Xboxソフトのラインナップの中でも、(少ないなりに)売れたソフトは360でも遊べるようになりそう。日本国内では「DEAD OR ALIVE」シリーズは安泰でしょう。「4」も発表されたし。



ゲームハード | 【2005-05-18(Wed) 22:38:33】 | Trackback:(0) | Comments(-)
任天堂が公式リリース、「REVOLUTION(仮)」そして「ゲームボーイミクロ」
ニンテンドーオブアメリカによって、その仕様が一部公開された任天堂の次世代ゲーム機、開発コード「REVOLUTION」について、日本の任天堂公式サイトがオフィシャルなリリースを掲載し、正式発表しました。本体画像も数多く掲載されており、よりビジュアルが具体的なものとなりました。2006年発売とのことで、SCEの「PLAYSTATION 3」とは真っ向勝負となりそう。

レボリューション(任天堂オフィシャル)

「REVOLUTION」とは、ゲームキューブにおける「ドルフィン」に値するコードネームであり、商品化の際には別の名称が与えられることが予想されます。なお、既報の通りファミコンやスーパーファミコンのゲームをダウンロードしてプレイできますが、そこにNINTENDO 64のタイトルも加わることになりそうです。

Revolutionのプロトタイプ登場!(Game Watch)

また、任天堂は携帯ゲーム機に新たなラインナップを加えました。その名も「GAME BOY micro(ミクロ)」で、現行のゲームボーイアドバンスよりもさらに小型のゲームボーイということです。新ハードというよりも、言わばマイナーチェンジハードウェア。対応ソフトはゲームボーイアドバンスソフト。本体には高級感のあるアルミ材質を採用。大人も抵抗なく持つことができそうなデザインは、PSPを意識したものでしょうか。DSとの統一感もあり、「子供向け」のイメージを払拭する狙いがあるのでは。

GAME BOY micro(任天堂オフィシャル)

microの発売時期・価格は未定だそうです。

ゲームハード | 【2005-05-18(Wed) 22:12:01】 | Trackback:(0) | Comments(-)
各社次世代機が揃いぶみ!
いやー、凄いことになってますね。各社の次世代機発表ラッシュ。あちらがハードを発表すれば、こちらが隠し玉ソフトをドーンと発表。するとそちらがさらに発表、サードパーティは参入、援護、そして人気作投入!気がつくと新たなニュースがリリースされているので、一瞬たりとも気が抜けない状況。逐一ネットを徘徊し情報収集しているほみやです。

海外サイトでは日本国内サイトでは絶対に見られない画像や動画もアップされ、次世代機のパワーに驚愕してしまいます。例えば、プレステの「FFVII」のオープニングムービー(エアリス→ミッドガル→汽車→クラウドという流れのアレ)をPS3のリアルタイム描画で再現したテクニカルデモ映像。……これホントにリアルタイム描画?PS版「VII」のムービーより凄くない?このクオリティの画面を操作できちゃいますか?という感じ。PS2発表時の「FFVIII」のダンスパーティデモにも驚いたものですが、今回のは比較になりません。あ、この映像はSCEのプレスカンファレンスで流された、あくまで「技術的デモ」。PS3で「FFVII」がリメイクされるということではないので、落ち着いて。

さらに、Xbox360で開発中の「DEAD OR ALIVE 4」のデモ。ムービーも交えた映像は美麗のひとことで、7割を占めると思われるリアルタイム描画のグラフィックはPS2とXboxがタバになってかかっても勝てそうにありません。このクオリティで闘えちゃいますか。Xbox360、本気です。PS3もふんぞり返ってると負けそうです。今回は簡単に一人勝ちさせてくれそうにありませんな。楽しみだあ。

ゲームハード | 【2005-05-18(Wed) 16:46:20】 | Trackback:(0) | Comments(-)
テクモ「DOA4」正式発表!その他各社の動きも
14日に画像の流出をお伝えしましたXbox360ソフト、テクモの
DEAD OR ALIVE 4」。その時点ではテクモからの公式な発表は
ないとしましたが、5/17に正式発表されました。

公式リリース(テクモオフィシャル)

各社サードパーティによる対応ソフトのニュースが時々刻々と
アップされていきますね。ゲーム業界が活気付いてきました!
PS3陣営もナムコの鉄拳6、カプコンのデビルメイクライ4など
定番タイトルを発表しているほか、バンダイはやっぱりガンダム
スクウェア・エニックスも「FFをPS3向けに企画し、PS3を強力に
バックアップする」と公式に発表しました。一方ではXbox360に
「FFXI」を供給するとも発表し、さらに任天堂のRevolutionには
「FFCC」シリーズで参入……だそうで、八方美人ですなあ!

三つ巴の戦い、早くも混沌としてまいりました!

ゲームソフト | 【2005-05-18(Wed) 14:56:43】 | Trackback:(0) | Comments(-)
過去のゲーム資産が活きる!Revolutionの機能
任天堂の次世代ハード「Revolution(仮)」に関する続報です。
標準でネットワーク接続に対応しているRevolutionですが、
ダウンロードサービスを利用することで、過去のファミコン
スーパーファミコンのゲームをダウンロードしてプレイすることが
可能になるとのこと。

任天堂の過去のゲームも楽しめる!(eg/yahoo)

すでにゲームキューブのソフトとの互換が報じられていた、新ハード
Revolution。ダウンロードサービスも併用すれば、過去の任天堂
ゲームが集結する?!これはGBAの「ファミコンミニ」が好調だった
ことも影響しているに違いありません。いやらしいハナシ、「レゲーは
商売になる!」ということです。なお、サービスで提供されるタイトル
が任天堂製のものだけになるのか、「ファミコンミニ」のように
サードパーティーも供給に加わるのかは未定です。

ゲームハード | 【2005-05-18(Wed) 11:57:20】 | Trackback:(0) | Comments(-)
任天堂も動いた!次世代機の仕様を一部公開
Xbox360のインパクトを少しでも和らげようと各社対応に必死です。
ニンテンドーオブアメリカが、次世代機レヴォリューション(仮)
の仕様を一部発表しました。

次世代機「Revolution (仮称)」の一部仕様を紹介(Game Watch)

発売は2006年だそうで、次世代機戦争は2006年に本格化のようす。
「Revolution(仮)」は任天堂ハードとしては初めて12cmディスク
を採用。ゲームキューブの8cmディスクも互換するそうで、これも
任天堂ハードとしては初のこと。前世代機とのソフト互換は今後
標準仕様となっていくでしょうね。本体はかなり小さいものに
なるようです。


ゲームハード | 【2005-05-16(Mon) 16:02:22】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「FFVII ADVENT CHILDREN」発売日決定!
だいぶ前から発表され、まだかまだか……とFFVIIファンの苛々を
募らせていた「FFVIIAC」の発売日がついに決定したようです。

スクウェア・エニックス、9月14日発売決定!(Game Watch)

1997年に発売された「ファイナルファンタジーVII」の後日談を
描くフルCG作品である「AC」。2003年に発表され、2004年には
発売と言われながら、ズルズルと延期してきました。発売日決定
にやっとひと安心、でしょうか。なお、DVD版とPSP用のUMD版が
アナウンスされていますが、とりあえず9/14はDVD版の発売日。
UMD版は未定だそうです。筆者はDVDだなあ。大きい画面で見たいし。

それにしても4800円ですか。メチャメチャ制作費かかってそう
ですが、何枚売れればモトが取れるんでしょう?ゲームの比では
ない気がするのですが、本業のゲームがあるので「AC」で儲ける
つもりもないのかな。「CC」「DC」も控えてますしね。まさか
FFムービー(坂口監督)のように、これでスクエニが傾くという
同じ轍は……踏みませんよね。

ゲームソフト | 【2005-05-16(Mon) 14:30:34】 | Trackback:(0) | Comments(-)
Xbox360の「DEAD OR ALIVE 4」の画像が流出?
昨日電撃発表されたばかりの次世代Xbox「Xbox360」。坂口博信氏
の2大RPGが追い風となったりと景気の良いニュースが続きますが、
また大スクープ?!Xboxを支え続けた人気シリーズの最新作が
やっぱり製作中?

Premières images de DOA4 ?(Xboxyde)

お断りしておきますが、「DEAD OR ALIVE 4」について、テクモ
から公式な発表は現時点ではありません。よってこの画像もネタ
(ニセモノ)であるとする人々も少なくないのですが、いかが?
ネタにしてはよくできてますよね。なんでもこの画像を掲載した
海外の一部サイトに対し、テクモから削除要請のクレームが
あったとか。ただのネタにそこまでしますかね
(上のリンクもいつまであるか……)

まあ、画像がどうあれ「DOA4」、間違いなく作ってはいるでしょう。
なんと言ってもXboxの主役ですから。チームNINJAのXboxに対する
愛情は本物です。でなければコケたハードにソフト供給し続ける
なんてこと、できないってもんです。Xboxでは一番の人気タイトル
でありながらキラーソフトにはならなかった。Xbox360は売れて
ほしいですね。そして、Xboxに寄り添い続けたテクモに、還元を
してあげてほしいです。んでもってテクモさんは、「DOA3」と
「ビーチバレー」を360に移植してリベンジ!
言わば現行Xboxで「孤軍奮闘」だった「DOA」シリーズですが、
Xbox360には坂口さんも岡本さんも水口さんも来てくれましたから
100人力、鬼に金棒ですね。くれぐれもナントカに刃物にならぬよう。

ゲームソフト | 【2005-05-14(Sat) 15:34:45】 | Trackback:(0) | Comments(-)
PS2版「ドラクエV」、今ごろ終了。
ああ~!はぐれメタルが起き上がったぁ~!

と、心の中で叫んだのはつい先日のこと。そう、PS2版「DQV」である。スーファミ版では一度も仲間になることのなかったはぐれメタルが、ヒョコっと起き上がってこちらを見ている。いや~、感動しました。もちろん仲間にしました。で、何回やってもゴールできなかった「暗黒のすごろく」に、すがる思いではぐれメタルを出場させてみると……なんと!あっさりゴールしちゃいました。どんな豪華な景品があるのかな、ワクワク。ってな感じで宝箱を開けると……

中からモンスターが。しかもその姿は見たことある。どこからどう見てもエスターク。ただし、小さい。プチエスタークだ。仲間にしろと言っている。ほう、これもPS2版の追加要素か……知らなかった。でもあんまり強くないなあ。最初からメラゾーマは覚えているものの……。

という感じで各地をフラフラ。目ぼしい魔物はおおかた仲間にしたか。モンスターボックス・名産品もコンプだ(つまりエスターク15ターン撃破済み)。するとサラボナで……なに?ツボ?また見に行けって?だってブオーンは倒したじゃないかよ。まあいいよ、そんなに言うなら見てきてやるよ、しょうがねえなあ……。

……うそ、コイツも仲間になっちゃうの?知らなかった……。しかし、やっぱりあまり強くない。あくまでオマケ要素なのか?と思って検索してみると、どうやらこの追加仲間モンスター、育てれば最終的にHPが1000近くまで上がるらしい。しかし莫大な経験値が必要だ。どうする?まだ続けるのか、オレ。もうエスタークは倒しているんだぞ?……とりあえずサントラのレビュー、しよっと。



ゲームプレイ日記 | 【2005-05-14(Sat) 01:42:14】 | Trackback:(0) | Comments(-)
坂口博信氏の次世代Xbox向けタイトルが判明!
自らのゲーム製作会社「ミストウォーカー」を立ち上げ、次世代Xbox用タイトルに注力していた、もとスクウェアのカリスマクリエイター・坂口博信氏が手掛けるタイトルが判明しました。それも2タイトルです。

『ブルードラゴン』と『ロストオデッセイ™』を発表!(公式)

鳥山キャラに惹かれ、重松シナリオに泣く(IT Media)

まずひとつは「ロストオデッセイ」という名のRPGで、キャラクターデザインに漫画家の井上雄彦氏を起用(「スラムダンク」や、「バガボンド」など)。シナリオには直木賞作家・重松徹氏を起用し、かねてから坂口氏が強調していた「コラボレーション」を具現化しているようです。音楽にはかつてスクウェアでともに「FF」を作り上げてきた盟友・植松伸夫氏が参加しているのも興味を惹かれますね。植松氏と言えば、彼もスクウェアを去った身。自ら会社「スマイルプリーズ」を興し、「FF」には継続して外部の作曲家として関わるとしながら、坂口氏と組んでどのような仕事を見せてくれるでしょうか。期待はふくらみます。

もう一方のタイトル「BLUE DRAGON」もRPG。しかもこちらはデザイナーに漫画家の鳥山明氏を迎えていることで、既にネット上では話題沸騰です。鳥山氏と言えば既に「ドラクエ」というRPGに参加しているわけですが、「ドラクエと大差ないのなら断るつもりだった」と述べ、「ドラクエとは異なる新たな世界観や独特の魅力があったので引き受けた」とのことです。初期設定の段階から積極的に関わっているようで、坂口氏いわくそれは作品を良い方向に向かわせているとか。

鳥山氏ときたら少年ジャンプということで、雑誌媒体としてはいち早く、「BLUE DRAGON」のスクープ記事とイラストを公開しています。集英社特権ってやつですな。また、「BLUE DRAGON」にも音楽で植松伸夫氏が参加するそうです。そんなにいっぱい掛け持っちゃって、ノビヨ大丈夫?と心配になります。開発はアートゥーンが担当。

ともかく、次世代Xboxに強力な追い風となるであろうことは確約されたかのような2大タイトルの出現に、マイクロソフト陣営は嬉しい悲鳴といったところでしょう。ソフト不足に泣いた現行のXboxの駆け出しとは異なる、恵まれた状況にあると言えます。まだまだ岡本吉起氏や水口哲也氏といった大物が控えており、次世代Xboxは「化ける」かもしれませんよ。だって現行Xboxを持ってない筆者が、かなり興味シンシンなんですから。

クリエイター | 【2005-05-13(Fri) 21:27:11】 | Trackback:(0) | Comments(-)
マイクロソフト、次世代Xbox発表!その名も「Xbox360」
2005年のE3目前、三つ巴の次世代機戦争がいよいよ本格化する気配を日々感じるなか、先手を打ったのはマイクロソフトでした。次世代Xbox「Xbox360」を電撃発表です。詳細スペックも含め、以下のページが詳しいです。

マイクロソフト、次世代機「Xbox 360」を正式発表(IT Media)

次世代ゲーム機戦争いよいよ開幕!(ascii24)

電撃発表!に思える今回のリリースですが、実はゲームファンの間では「Xbox360」の名前は既に知れ渡っていました。某大物歌手が自分のサイトで言っちゃってたんです。悪気はないようですが……

Xbox360情報流出の“犯人”は宇多田だった(夕刊フジ/yahoo)

自らのHPであっけらかんと(zakzak)

そういや宇多田サン、Nintendo DSのCMに出てましたよね……。まあ任天堂は今回の騒動については「不問」だそうで。ゲーマーの間では情報漏洩よりも、その仁義を欠いた行動が話題となっているようです。

最後に、Xbox360オフィシャルサイト

有名クリエイターの強力な援護を得て、活気付くXbox陣営。日本市場向けソフトの不足から出だしからコケた旧(現行)Xboxとは事情が違ってきました。ひょっとすると、ひょっとするかも。さてさて、SCEと任天堂はどう迎え撃ちますか?

ゲームハード | 【2005-05-13(Fri) 06:00:03】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「情報元」っていったい何なんだろう?
私はたまに、自分のサイトの名前やURLで検索をかけてみるのですが、本日URLをyahoo!検索してみたところ、もの凄い数の検索結果が出ました。それも先日この日記に書いた通り、多くは「ゲーム音楽と著作権」のページへのリンクを掲載しているサイトやブログでした。あるひとつのサイトが載せたニュースが、転載また転載でWebを駆け巡ってるわけです。Webにはこんなふうに多くの「情報の重複」があるんだな~、と思いました。まあそれだけ多くの人の目にとまるわけですけど。

今回思ったのは、やっぱり大多数の人はああいう音楽と著作権に関すること、そしてJASRACについてほとんど理解していないんだということ。そりゃ当然と言えば当然で、多くの人にとっては直接関係しないことですからね。ですがそろそろ、ネットを利用する以上はこういった知識を身につけておく必要があるのかも。なので、より多くのサイトさん・ブログさんからウチのページを紹介してほしいと思います。トップにもリンクしてね……とは言いませんけど。「こんなことをこと細かに書いてるサイトってどんなサイトだ?」と思った人は、必ずトップに来てくれてると思いますし。

それにしても、ニュースサイトというかブログというかアンテナというか、そういった所が「情報元」として掲出しているのは、「その運営者が最初に記事を発見したページ」であることがほとんどなのですが、情報を出しているのは

俺 で す !

自己サイト関連 | 【2005-05-10(Tue) 06:40:13】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ゲーム音楽と著作権。
私の行きつけのサイトさんに、「楽画喜堂」というところがあります。電脳系やアニメ、ゲーム系のニュースを日々紹介されているサイトさんです。ほぼ毎日チェックさせていただいているのですが、今日は一段と気になる記事がありました。それが「ゲーム音楽と著作権」です。おっ、こういうテーマについて扱うところがあるんだな、とワクワクしながらリンクをクリック。

……リンクされていたのはウチのページでした。情報元を辿っていくと、いくつかのニュースサイト、ブログからのリンクを確認。発端は「フジテレビでゲームだかアニメの曲が流れていた」というブログ記事のもよう。なるほど、こうやっていろいろな繋がり・派生があって、ネットニュースは流れていくんですね。こういう時に引用(参照)されるのは光栄なんですが、逆に「無責任なモノは書けんなあ……」と思いました。あそこに書いてあることが全部デタラメだったら実にガクブルですが、一応全て実態調査に基づいた事実ですので。

しかしまあ、いずれも「ゲーム音楽と著作権」のページに直接リンクされているので、ウチのカウンターも掲示板も静かなもんです。

自己サイト関連 | 【2005-05-06(Fri) 01:37:52】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。