プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「FF」産みの親・坂口博信氏が火を噴く勢いでX box参入!
マイクロソフトは2005年2月25日、家庭用ゲーム機「X box」の次世代後継機向けのゲーム開発に、日本を代表するRPG大作シリーズ「ファイナルファンタジー」(以下FF)を生んだ坂口博信氏(元スクウェア副社長-現スクウェア・エニックス-)が参加することを発表した。次世代機の発売時期についてはいまだ未定だが、坂口氏は2本のゲームをプロデュースする予定。

坂口氏はスクウェア創業当時からの古参メンバーで、同社在籍時代の1987年、任天堂のファミリーコンピュータ向けに「FF」を製作し、エニックス社の「ドラゴンクエスト」と肩を並べる大作RPGへとシリーズを育て上げた。スーパーファミコンを経て、第7作目からプレイステーション向けに「FF」を発売し、ハードの普及に貢献。多数のスタッフを統率するエグゼクティヴプロデューサーとして、スクウェアの発売する多数のソフト制作に携わった。

スクウェアの企業としての勢いに乗って、数百億円の製作費を投じフルCGで「FF」を映画化。自ら初期シナリオを手掛け、監督も務めた。全世界で公開したその「FFムービー」だが、興行成績が伸びず事実上の失敗に終わる。2001年にスクウェアを退社し動向が注目されていた氏だが、2004年には旧スクウェアのスタッフを中心にゲーム製作会社「ミストウォーカー」を設立、新作を準備していた。それが今回のマイクロソフトの発表に繋がったわけである。X boxの新作は「FF」と同じRPGになるもよう。

坂口氏は「2つの大きな作品の制作にわくわくしています。才能あるクリエイターの参加も決まり、新鮮な感動を呼び起こすものが作れる手ごたえを感じています。また、マイクロソフトの次世代機の最先端技術が、さまざまなアイデアの実現をかなえてくれます。新しい世界観、新しいキャラクターたち、それらが生き生きと現れ、皆の心に刻まれ、いっしょに過ごした時間に充実感を覚えるようなものにしたいです」とコメントしている。

なお、ミストウォーカーの作品にはいずれも元スクウェアの、アートディレクター皆葉英夫氏、コンポーザー植松伸夫氏が参加することも判明しており、旧スクウェアファンには目が離せない布陣である。

また、マイクロソフトバイスプレジデントであるピーター・ムーア氏は、「坂口さんはRPGの素晴らしさを世界中のゲームユーザーに幅広く紹介する役割を果たした方です。その坂口さんと一緒に仕事ができるのは大きな喜びです。マイクロソフトだけではなく、これはすべてのゲームユーザーにとって大変嬉しいニュースです」と述べた。

とは言え、現行のX boxは全世界で2000万台を販売しているものの、日本ではおよそ45万台と苦戦を強いられている状況。まだ発売がアナウンスされているわけではないその「次世代機」が、どれだけユーザーに受け入れられるかは微妙。国内で勝負できないとなればあとは海外だが、はたしてどうなることか。少なくとも次世代X boxの開発ツールはクリエイターに届けられているのだろうが。頑張れ、僕らゲームファンのヒーロー・坂口博信!

スポンサーサイト
クリエイター | 【2005-02-27(Sun) 09:34:25】 | Trackback:(0) | Comments(-)
SCE、PSPの不具合を認め無償修理開始
ソニー・コンピューターエンタテインメント(以下SCE)は2005年2月22日、品薄状態が続く携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の一部にボタンが戻らない不具合があることを公表し、該当するPSPについて無償修理に応じることを発表した。不具合は2004年12月生産分(51万台)のいわゆる初期ロットの一部に発生する可能性があり、現在約3000台を修理したとのこと。

SCEによると、PSP本体のボタン部分を製造する工程において、通称「四角ボタン」の穴にバリが残るという。本来ならばこのバリは削り取られたうえで出荷されるが、まれにバリが残ったままの個体も発生してしまうもよう。このバリにボタンが引っ掛かり、結果として四角ボタンが押し込まれたまま戻らなくなるというのが今回の不具合だ。ユーザーの間では本体発売直後から四角ボタンの反応の悪さが指摘されていた。なお、不具合は2005年生産分に関しては解消されているとしている。

ただし、四角ボタンの反応についてはバリだけが原因というわけでもなさそう。本体を分解してみればわかるが、四角ボタンの位置とその入力を感知するパッドセンサーの位置が正しく合っていないのは有名な話。これを修正するには液晶画面のサイズも含め根本的な設計の見直しが必要であり、ゆえに修正はあり得ないとする声も少なくない。

筆者の所有するPSPではいずれの現象も確認できていないが、主にプレイしているのが四角ボタンを使う必要がない「リッジレーサーズ」では、例え不具合があってもなかなか体験はできなさそうだ。PSPの不具合はボタンではなく、飛ぶように売れている本体とはうらはらにタイトルが不足していることなのかも

不具合・トラブル | 【2005-02-25(Fri) 04:41:56】 | Trackback:(0) | Comments(-)
X box、電源ケーブルに不具合。発火の可能性も
家庭用ゲーム機「X box」を発売しているマイクロソフトは2005年2月17日、「X box」の電源ケーブルが発熱し、ユーザーが火傷を負った事象が過去に7件あったことを発表した。この電源ケーブルの不具合は2003年10月23日より以前に世界で製造された製品、1410万台について発生する可能性があるとし、対象となる製品のユーザーについては電源ケーブルの無償交換にて対応する。日本での被害報告はないようだが、国内推定出荷数45万台のうち、約9割がこの不具合発生の可能性に該当するとみられる。

マイクロソフトによると、これまで30台のトラブルの報告を受けているという。前述の通りユーザーの火傷が7件あったほか、カーペットなどを焦がすなどした事例もあるとのこと。同社のロビー・バックシニアバイスプレジデントは「極めてまれな事例だが、予防的な措置として無償交換をすることにした」としている。交換用電源コードの申し込みは、同社のホームページや専用の電話番号にて受け付けている。問い合わせてから2週間~1ヶ月ほどで新たな電源ケーブルが届くもよう。

まあ、国内での出荷台数が少なかったことから大きな騒動にはならなかったようで、アンチマイクロソフトな人々にもスルーされたのは不幸中の幸い。売れてなくてよかったね、と慰めてあげたい気分だ。ただ、一部のゲームファンにとっては確実に「ディスクが傷付く機械」「火を噴く機械」という印象を揺るぎないものにしてしまったのも事実で、私は絶対に買いませんとも

不具合・トラブル | 【2005-02-19(Sat) 03:46:19】 | Trackback:(0) | Comments(-)
やっちまいました。


まさか自分の部屋がこんな環境になるとは……。ついにMac導入。miniだけどね。PC、3台目かよ。自分のページ(GAMERS EDEN)もサファリ・ヒラギノだとずいぶん印象変わって見えるもんだな。



電脳・家電 | 【2005-02-17(Thu) 01:12:15】 | Trackback:(0) | Comments(-)
微笑ましい光景。
駅のホームで親に手を引かれた小さな女の子が、到着したばかりの電車の車掌さんに手を振っていた。車掌さんは業務に対応しながらも、片方の手で小さく手を振り返していた。ああ、なんかほのぼのしてていいなあと思った。本来ならば、ここは業務に集中してクールにやり過ごすのが大人の対応なのだろうが、それではちょっと寂しいではないか。もし無視なんてしようものなら、子供に「大人なんて……」というトラウマを残すことにもなりかねない。きっとその子は、制服を着た「はたらくおじさん」に興味深々なのだろうから。

というわけで、私も制服を着た働かない女の子に興味深々ですので、手を振ったら優しく微笑み返して下さいね?無視しようものなら、純真な男子の心に「女なんて……」というトラウマを残すことにもなりかねませんよ?

本当に雑記 | 【2005-02-07(Mon) 01:10:42】 | Trackback:(0) | Comments(-)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。