プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
3DS「とびだせ どうぶつの森」売れすぎ~!
筆者もまだ購入できてません。というか、ゲームソフトについて以前ほど「発売日に買っちゃる!」という熱意が湧かないので、見かけたら買うかと思っていたら見かける機会がないのです。まあ、予約せずに発売日買いは難しいとは読んでいましたが。仕事が終わり自由になるのがけっこう深い時間になる予定だったので、その頃には売り切れるだろうなと。なんせ、DSでの前作は500万本オーバーの怪物ソフト。あの頃はクチコミジワ売れでしたが、今回はヒットが約束されているようなもの。しかし、当の任天堂にとっては……

「とびだせ どうぶつの森」売り切れ続出で岩田社長が説明 ダウンロード20万本以上に
(Yahooニュース)

ツイートによると、8日の発売後、週末向け追加出荷を含めパッケージ単体で約60万本弱を出荷。ダウンロードによる購入も20万本以上に上るという。だが店頭では品切れが相次ぎ、ソフトをダウンロードできるナンバー入りのダウンロードカードも品切れという「想定外の出来事」(岩田社長)が起きている。


えっ?!ダウンロード版を含めても、初回出荷で100万本出してないの?ちょっと……これが想定できないって、企業として同情できないほど終わってるんじゃない?経営陣総入れ替えぐらいの痛恨のミスですよ、これ。前々から「出るぞ、出るぞ」と煽っておいて、読み違えも甚だしい品薄とチャンスロス。最近は業界全体としてなかなかヒットが飛ばせず、ちょっと自信がなくなってるのはわかりますが……。いくらなんでもこれはもっと捌けたでしょ。「前作が何本売れたか」「ユーザーの満足度や評判はどうか」「3DSは何台売れてるか」、これらをきちんと分析していれば、自身をもって世に放てたはず。分析はしてるんでしょうけど、今回のことでそれが間違っていることは証明されましたね。



スポンサーサイト
ゲームソフト | 【2012-11-13(Tue) 01:21:01】 | Trackback(-) | Comments(-)
「モンハン4」は2013年の春!


既にニンテンドー3DSでのリリースがアナウンスされている、「モンハン」シリーズのナンバリング最新作「MONSTER HUNTER 4」の発売日が、東京ビックサイトで開催されたカプコンのイベント「CAPCOM SUMMER JAM」において発表されました。上映された最新のプロモーションビデオによれば、「2013年春」とのことです。

『モンスターハンター4』の最新映像リポート! 新モンスターと発売時期も明らかに!(ファミ通.com)

映像は、まず、モンスターの巣らしきところで採取するハンターの姿が映し出される。すると、上空からモンスターが……。リオレイア!?そのモンスターが口から火を吐いたところで暗転。続いて、新フィールドらしき場所。雄大な自然を感じさせる黄金に輝く平原。丘を駆け下りるハンターの後ろにはオトモアイルーの姿も。高低差あるフィールドがつぎつぎと映し出され……新モンスターが!ハンターの頭上を覆う蔦らしきものを移動するその新モンスターの見た目はキツネっぽいが、動きは猿に似た感じの素早さ。大きな耳と爪が特徴的だ。

さらに映像ではティガレックスやリオレウスも登場。崖を縦横無尽に動きまわるティガレックス。崖にしがみつきながらリオレウスに斬りつけたり、モンスターの背中に飛び乗って攻撃、さらには崖からジャンプした勢いでそのまま斬りつけるなどハンターの新しいアクションが紹介。ロゴが表示されて映像は終わり……と思いきや、大型の新モンスターらしきシルエットが飛来!どっしりとした体型だが、動きを見ると素早そう。背中も何かに覆われているような特徴的なシルエットとなっていた。映像の上映が終わると、辻本プロデューサーから2013年春発売予定であることが明かされた。



PVはYoutubeで視聴可能です。そのうち、公式からもアップされるでしょう。つーか、公式サイトできてるがな。そこでも同じムービーが見られます。

3DSの「3G」は、個人的にはやらないまま素通りしそうです。「3」、「P3」とやってきたので目新しさがないというのが最大の理由ですが、まあ「4」はたぶん買うでしょうね。PVを見る限り、ビミョーに「別ゲー」になっている感があって、そこがどうなのかというのはあるんですけども。以前の初お披露目PVで見られた、新たなアクション要素はほぼ実装されているようです。高低差のあるステージを駆け回り、穴をジャンプで飛び越え、壁にしがみつき、モンスターの背中に乗って攻撃したり……そのあたりのアクションを、どのような操作で実現するのかに注目ですね。そういったアクションを活かしたステージや新モンスターもあるようです(PVのサルみたいなやつ)。既存モンスターも新たな攻撃をしてきそうですね。

mh4_pvcap_01.jpg

今後は公式サイトを中心に、来年の春まで新要素がちょいちょい公開されていくことでしょう。モンハンのロックアレンジでも聴きながら、まったり様子を見ましょうか。



でも、ナンバリングが携帯機ということにまだ抵抗はあるんだよなー、正直。据え置きで遊びたいなぁ~、カプコンさん(チラッ)。「ドラゴンズドグマ」を見れば、据え置きでのHDモンハンは作れると思うんですけど。いっそ、「ドラゴンズドグマ」を新規タイトルでなく、「モンハン」としておけばもうちょっと売れたのでは?正直、「思ったほどウケなかったなァ」と思ってません?「ドラゴンズドグマ」。全世界で100万本出荷は昨今ではなかなかの実績でしょうが、国内では評価はまずまずだけど本数が伸び悩み、海外では本数は出たけど不人気だったりと、半端な印象がありますよね。HDモンハン、遊びたいなァ~(チラッ)。



ゲームソフト | 【2012-07-02(Mon) 04:16:14】 | Trackback(-) | Comments(-)
「FFXIII-2」をざっくりまとめ。


はい、フラグメントコンプまでやっちゃいました。

前作「FF XIII」がユーザーから、ナンバリング史上最低と言っても良い評価を突き付けられたことは記憶に新しく、「XIII」をプレイしていない方も御存知のことでしょう。にも関わらず、その続編「XIII-2」が出ると聞いたときは我が耳を疑ったものです。「FF X」のときにも「FF X-2」ってのが出ましたが、その時と同じ北瀬P・鳥山Dということでは妙に納得できます。というか、高いコストと長い開発期間を費やして作り上げたもろもろを、一作限りで終わらせるのは企業としてそろそろ厳しいってことなんですよね。公式には「ユーザーから続編を望む声をたくさんいただいた」というコメントになっていますが、最初からそのつもりだったんだよね?と、そろそろユーザーも思い始めています。

国内で約190万本の売り上げとなった「FF XIII」ですが、前述の通り散々な評価であったため、シリーズから離れた(斬り捨てた、見限った)ユーザーも少なくないはずで、「XIII-2」はかなりのハンデを背負っての発売となりました。190万のうち、ゲームなり世界観なり何かを気に入り、続きを見たいと望んだ人しか手に取らないわけです。爆死もあり得ると予想していましたが、現時点で国内80万本弱の実績。今後、ここから大きく動くことはないと思われますが、思っていたより売れたなあという印象です。「FFファンは寛容だなあ」と思うのと同時に自分もまたそのうちの一人であり、「こういうのがそこそこ売れるから業界はダメになる」「ユーザーがメーカーを甘やかしてる」と言われても否定できないところです。すいません。しかし、現時点で「FF XIII」と「FF XIII-2」が、国内PS3ソフト市場でワンツーなんですよ。さすがは「FF」と言うべきなのか、その他大勢に元気がなさすぎるのか……。音楽CDと同様、ゲームも売れてません。据え置き機はもうダメなのか?ぜ~んぶ「もしもしゲー」に持ってかれたのか?売れないのですから、一度作った素材で2つでも3つでも作りたい……「FF」のような高コスト作品ならなおさらです。

そんな状態で、さらにお金を回収するにはどうするか……。そう、悪名高いDLCですね。



“「FFXIII-2」をざっくりまとめ。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2012-02-16(Thu) 22:25:32】 | Trackback(-) | Comments(-)
「MH3G」出荷100万本達成、「FFXIII-2」は53万本消化。
ff132_mizugi.jpg

とにかく3DSが盛り上がってきました昨今のゲーム界、クリスマスもお年玉もまだなのに活気が凄いですね。ということで、すれ違いの「モンハン3G」率はあいかわらずけっこうな確率で、みんなやってんだな~と個人的には残念に思ってたりします。コメントとか見ると「初モンハン楽しいです」という感じの人が少なくないので、ご新規さんもかなりいるんでしょうね。で、そんな「MH3G」ですが、カプコンが100万本出荷を誇らしげに発表しました。実売は70万本を突破したとか。

カプコンの人気シリーズ最新作
『モンスターハンター3(トライ)G』が100万本を突破!
~ニンテンドー3DS初の「モンハン」が早くも国内ミリオンを記録~
(カプコン公式ニュースリリース)


株式会社カプコンは、ニンテンドー3DS向けゲームソフト『モンスターハンター3(トライ)G』を国内で100万本出荷しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年の第1作目発売以降、確実にファンを増やし、これまでにシリーズ累計販売本数2,000万本を誇る大ヒットシリーズに成長しています。

『モンスターハンター3(トライ)G』は、2009年8月に発売した『モンスターハンター3(トライ)』(Wii®向け)を基に、ニンテンドー3DSの機能を活かした新たな要素が多数追加されています。奥行きのある3D映像が楽しめるだけでなく、操作をスムーズにするタッチスクリーンのカスタマイズを導入したほか、難易度の高いG級クエストや、シリーズ初登場モンスターの追加などにより、既存ユーザーから新規ユーザーまで幅広い層から高い支持を獲得いたしました。さらに、同タイトルの発売に先駆けて、体験版の配信や、仙台を皮切りに全国18ヵ所を試遊台設置のトラックで巡回するなどのプロモーションも功を奏し、ニンテンドー3DSという新たな舞台で早くも国内出荷100万本を達成いたしました。

また、同タイトルの発売に合わせて、アサヒ飲料株式会社やカルビー株式会社よりコラボレーション商品を発売したほか、「モンスターハンター」をテーマにした業務用メダルゲーム機2種の稼働を開始するなど、「モンスターハンター」のブランド価値を高めるべく様々な企画を展開しています。

今後も当社はマルチプラットフォーム戦略に基づき、新たなハードの研究を進め収益の最大化を目指すとともに、全世界の幅広いユーザーの皆様に満足度の高い作品を提供できるよう努めてまいります。


-------------------------

なんか、温度差があるんだよなあ。出荷100万本の時点で「やりました~!」って発表するのって。出荷したらそれで終わりなの?っていうのは、いつも感じますね。企業としては出荷=売り上げなのはわかるのですが、まだ100万ユーザーの手には届いてないだろって。ユーザーに遊んでもらってナンボじゃないの?ゲームっていうものはさ。あと、それに対する評価もですよね。そこまで含めて初めて、喜んだり落ち込んだりすべきなのであって。「100万本出荷してほぼ評価、おおむね好評」「100万本出荷して7割消化、賛否両論」「100万本出荷したけど早くもワゴン化」「100万本出荷したもののユーザーの大半が酷評」……いずれもメーカーの利益としては同じ100万本分なんですけど、その意味はまったく違いますよね。


“「MH3G」出荷100万本達成、「FFXIII-2」は53万本消化。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-12-24(Sat) 01:23:40】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「モンハン3G」はどうなったのかな、わくわく。


結局やるんスか、井上さーん!

凄い。「モンハン」と名の付くものは全部やるのね。漢です。筆者はそもそも「モンハン」は「P2G」から入ってるので、シリーズすべて遊び尽くす!みたいな拘りは無いんだよなあ。Wiiの「3」、PSPの「P3」両方プレイして、今回の「3G」は新鮮味がないというか、また最初からやるのヤダよ!みたいな。(「3」からの)データ引き継ぎが、何らかの形であればまた違ったんでしょうけどね。ユーザーみんなが井上さんみたいならカプコンにとっては理想的なんでしょうけど、前にも書いたように今回ばかりはついて行きたくないってのもあります。これはハード信者とかそういう小さいことじゃあないです。3DSは持ってるんで、やろうと思えばできます。が、「3G」は不買でいきたい気分。「バイオハザード」から連なる恨み……いや、そこまで大袈裟なもんでもないですけど、いいかげんにしてよね!という態度を表したいのです。筆者ひとりが買わなかったところで何の影響もないですけど、もう自分の問題ですね。欲しいソフト、やりたいゲームがあるならハードを買えというのはビジネスとしてはまっとうですけど、ちょっと節操ないんじゃないですか、と。それを貫いてくれるならまだいいですけど、あとから別のハードに移植したり、別のハードで完全版的なソフト出したりしますからねえ。ま、これはいまどきカプコンに限ったことじゃないんですが。

ということで、個人的にはコケてほしかったりするわけなんですが、他の方が楽しんで「モンハン」をプレイしてくれるぶんには文句ありません。一応、シリーズのファンのはしくれとして、自分が好きなタイトルを楽しく遊んでもらうのは嬉しいですから(自分はやらなくともね)。しかし残念ながら、筆者周辺のPSP「P3」プレイヤーで、3DS「3G」に移行した人はゼロです。「P2」あたりからやってた人たちなので、PSPの操作が染み付いているんですよね。体験版を入れた筆者の3DSでお試しプレイさせてみたんですが、「(主に操作面で)こりゃダメだぁ~」という感想が多くを占めていました。少なくとも、「3G買います」という声は聞けませんでした(「マリオカート」をやらせたら「3DS欲しい」とは言われましたが)。これでは、仮に筆者が「3G」を購入したとしても、狩友を獲得できず面白みに欠けます。一人でストイックに狩るのも面白いのですが、やはりみんなで狩る楽しさはまた別のものですのでね。そして「3G」はオンラインでの通信プレイに対応していません。これもプレイする気にならない理由のひとつになっているかな。

さてさて、ところで「3G」、どのぐらい売れたのでしょうか。筆者の思惑とは別にさすがに「モンハン」ですから、やっぱりそれなりに売れたんじゃないかとは予想できます。実感として、「すれ違い通信」では「3G」発売翌日から「最後に遊んだソフト」が「3G」の人、明らかに増えましたですね。PSPの頃もそうでしたが、ハード占有率が異常に高いのが「モンハン」なわけで、これを始めちゃうと他のゲームしなくなるんですよね。「モンハン」専用機になっちゃう。「マリオカート」の人、減りましたもん。「スーパーマリオ 3Dランド」はほとんどいなくなりましたね(クリアしたんでしょうけど)。というところで、「3G」の具体的な数字が出てきたようです。けっこう売れてるとは思われますが、果たして……?


“「モンハン3G」はどうなったのかな、わくわく。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-12-14(Wed) 04:10:40】 | Trackback:(0) | Comments(-)
3DS「モンハン3G」発売!しかし井上聡サンは体験版をやらず。
mh3g_logo.jpg

明日……いや、もう日付が変わったのでいよいよ本日発売となる、3DSソフト「モンスターハンター3(トライ)G(以下、3G)」。このソフトがそうとうないわく付きであることは、少しゲームに詳しい方なら御存知でしょう。もちろん、ユーザーを振り回すカプコンも大いに問題アリなわけで、引っ張り回されるうちに興味が薄れてアンチになった人も少なくないものと思われます。そして彼もそうなのでしょうか、元祖・モンハン芸人としてタイトルの盛り上げに貢献しまくった井上聡さん、先行して7日から配信されている「3G」の体験版についてツイッターで尋ねられ「やらないよ」と返答したとか。彼は今でも「モンスターハンターフロンティア」を継続してプレイしており、決して「モンハン」に愛想が尽きたということではないのでしょうが、「3G」に関してはCM出演もしておらず、カプコンと揉めたとかなんとかソースの定かではない噂も一人歩きしてます。うーん、憶測ですが起用する側からすると彼には「PSPモンハン」のイメージが付きすぎているんですかね。任天堂の手前、そういう人は使えないとか?プレイ時間・やり込み度で言っても、彼を超えるモンハン芸能人はいないと思うけどなあ。芸能人をCMに起用するのに、彼を使わない理由がない。まあ、使わなきゃならないって理由もないんですが。

さて、3DSで出るということでファンからもアンチからもその行方(売り上げ)が注目されている「3G」。発売に際してここまでいろいろ言われるタイトルも、これまでのシリーズを見てもそうはなかったはず。「3G」について思うところを好き勝手に書き連ねてみようと思います。


“3DS「モンハン3G」発売!しかし井上聡サンは体験版をやらず。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-12-10(Sat) 03:08:17】 | Trackback:(0) | Comments(-)
3DS「スーパーマリオ3Dランド」発売。
2011年11月3日、とうとう出ました、「スーパーマリオ3Dランド」。ロンチとしてマリオ関連の作品がなく、キラータイトルも乏しく、最大のウリである3D機能がゲームプレイにおいてはどうも邪魔くさくて不要……などなど、不幸な要因が重なったため早々に失敗ハードの烙印を押されてしまった3DS。とにかくパイを拡げなければ!との思い(焦り)から、本体価格を15000円に改定し投げ売りするも、1台売れるたびに5000円の赤字なんていう話もあり、値下げ効果で本体が売れてもソフトは売れず任天堂はどんどんヤバいことに……とあんまり良い話が聞こえてきません。


“3DS「スーパーマリオ3Dランド」発売。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-11-04(Fri) 20:29:54】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「ドラクエ10」はWiiとWii Uで発売、初のオンラインRPGに!
dq10_logo.jpg

とうとう正式発表です、「ドラクエX」。2011年9月5日の14時から、大々的に発表会が行われました。「IX」が出る前から「"X"はWiiで開発」という話は堀井氏が明言しておりましたが、正直、いまのWii周辺の情勢を見ると「ハードを再検討しても不思議はない」とも考えられましたし、さらに任天堂がWiiの次として「Wii U」なんて新ハードを発表してしまったものですから、Wiiでの発売はないな、と言うユーザーもいたようです。しかし、今回の発表でWiiでの発売は確定。さらに、

Wii Uでも発売される

とのことです。そして

シリーズ初のオンラインRPGである

という驚愕の事実も判明し、世間を騒がせております。「ドラクエX」はアタるの?ハズしてしまうの?ということも含め、今回も無責任に好き勝手書いてみようと思います。予測・考察は個人のものであり、商品発売後の実際の動向を保証するものではありません……みたいな、テレビ通販っぽい言い訳を添えて。

“「ドラクエ10」はWiiとWii Uで発売、初のオンラインRPGに!”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-09-06(Tue) 01:40:05】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「MHP3rd HD Ver.」をプレイ。


そうです、結局、買いました。なにか?

2011年8月25日発売の「モンスターハンターポータブル3rd HDバージョン」です。いわゆる「PSPリマスター」の第一弾で、人気PSPタイトルをHD化しPS3ソフトとして再リリースするという、ややお行儀のよろしくない商売とも言えますが、PS3で開発してたはずの「tri」が(PS3の普及が停滞していたこともあり)急遽Wiiに切り替えられた経緯もあって、PS3では待望の「モンハン」になります。PSP版を400時間プレイしている筆者にとっては正直、微妙なタイトルなのですが、ここは乗っかってやろうかと。これを体験することで、以後の「PSPリマスター」にどう接していくか、いろいろ考える材料にもなるじゃないですか。

まあ、「ポータブル」というタイトルのゲームを据え置き機でプレイすることにはいささか違和感もあるものの、大画面で「モンハン」というのは念願でしたし。据え置きの「モンハン」は初めてではありませんが、今、PS2の頃の作品に戻るのも何ですし、かといってWiiの「tri」は「う~ん?」というものでしたし、HDという意味では「初」なので、やっぱり体験してみたいじゃないですか。で、どうだったのよ?というところは気になると思うんですが、上の写真はPS3でハイビジョンテレビに映したタイトル画面です。ただし申し訳ないのですがキャプチャー環境はないので、乱暴にも画面をデジカメで撮ったものです。それでも、このぐらいの見映えになります。タイトル画面の見映えなんかどうでもいいですか?でもやっぱり、PSPの画面で見るのとは気分が変わりますよ。ワクワクしながらゲームスタートです。

あ、最近このブログ重くなってきたので、長い記事は折りたたみ式にします。「続きを読む」から記事の続きが読めますので、興味のある方はどうぞご覧下さい。

“「MHP3rd HD Ver.」をプレイ。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-08-28(Sun) 02:56:15】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「魔界村騎士列伝」をちょこっとプレイしてみました。
makai_retsuden_logo.jpg

カプコンのiPhone用ゲーム「魔界村騎士列伝」。筆者はiPhoneではないのですが、知人がダウンロードしていきなり「はい、やってみて下さい」と、自分がプレイしてもいないのに差し出してきたので、これは何かの挑戦か?と思いつつプレイしてみました。「魔界村」「大魔界村」「超魔界村」「極魔界村」と歴代シリーズをプレイしてきた筆者、携帯電話向けゲームとは言えど一応の新作に興味がないわけではありませんでした。しかしiPhoneはおろか、タッチスクリーン式のいわゆる「スマホ」には触ったことすらありません。というか、メーカーの策略にハメられていまホイホイとスマホに切り替えることは「負け組」であるとすら思っています。エコだ節電だと皆さんおっしゃっていますが、従来の携帯電話よりも電池の「もち」が悪いスマホに我れ先にと手を出すなんて、本当に考えてるんですかあ?と言ってみると叩かれたりしますかね?

“「魔界村騎士列伝」をちょこっとプレイしてみました。”の続きを読む>>
ゲームソフト | 【2011-06-09(Thu) 22:18:04】 | Trackback:(0) | Comments(-)
次のページ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。