プロフィール

ほみや

  • Author:ほみや
  • ゲームサイト「GAMERS EDEN」の
    管理人やってます。
最近の記事
カテゴリー
ブログ検索
注目電脳アイテム

↑どんどん新しくなっちゃう。最新第4世代touch。


↑個人的にipod nanoは、第5世代が最強。動画撮影も可。


↑この小ささでマルチタッチ液晶、これが最新のipod nano。


↑iPodクラシック、容量増加で実質値下げ。

オススメ映像ソフト

↑話題のテレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」


↑どうせ観るなら特装版を。新エヴァ第一弾「序」


↑「序」を観たらもちろん「破」も。新エヴァ第二作「破」


↑最初からこれを出せよ!
オリジナル音声ガンダム


↑青春ロボットアニメ「バイファム」 をDVDで見よう!懐かしさに涙。


↑ガンダムの血を継ぐリアルロボット「ドラグナー」DVD-BOX!


↑新約ゼータ「星を継ぐもの」 DVDです


↑トミノラブコメ、 「Z」二作目・恋人たち


↑最期を見届けろ!新たな エンディング、「Z」完結


↑きれいな絶望先生。


↑俗・きれいな絶望先生。


↑懺・きれいな絶望先生も。

あれこれリコメンド

↑ちょっと高いんですけど、魅力的なアクションフィギュア。


↑速攻で瞬殺、大人気のfigmaミク。


↑こちらは動かないけど神造形、グッドスマイルの初音ミク。


↑大人気の初音ミク、異常に売れてるねんどろいど。


↑かつてこんなに売れたDTMのソフトがあったか?異常人気の初音ミク。


↑こちらも人気、男女2役のボーカロイド「鏡音リン・レン」。


↑英語も歌えるボーカロイド「巡音ルカ」。


↑フロイラインリボルテック第一弾綾波レイ。クオリティ高いけど安い!


↑フロイライン・アスカ。「あんたバカァ?」なポーズも自由自在。


↑アルターの綾波レイ、プラグスーツ+包帯。エヴァファン、アヤナミスト、貞本ファンはチェック


↑ただのフィギュアには興味ありません!「figma」ハルヒ。


↑私が格ゲー始めたキッカケ、さくらのキヌVer


↑「乳神さま」DOAの霞、仕上がりは神の域。


↑「もっこす」じゃない、神クオリティのCOS-MOS。


↑シブいぜアテナ。

ごひいきコミック

↑絶望した!連載終了に絶望した!


↑充実のスタッフインタビューで、アニメ「絶望先生」のすべてがわかる!


↑まさかの月刊移籍!「コッペリオン」、毎週読めないのが悲しい……。


↑超個性派ギャンブル&暴力コミック「嘘喰い」、ハマってます。


↑「エルフェンリート」の岡本倫が放つ、異色スキージャンプコミック「ノノノノ」。愕然とした連載版の結末が補完されています。


↑岡本倫が「ノノノノ」の後、「読者はエルフェンを求めてる」との助言を受けて始めた「極黒のブリュンヒルデ」。


↑連載再開はいつ?!「喧嘩商売」。


↑いつの間にやら11巻、まったり日常作品「よつばと」。


↑ついに旧劇場版の展開へ!やや変わりつつある貞本「エヴァ」。

最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
時代が来たか?!久米田康治祭り。
さよなら絶望先生」の最新コミックス、第21巻が発売!さらに、サンデーで連載していた「かってに改蔵」もまさかの全14巻愛蔵版となり、1~3巻が発売中です。「アニメ化されない→絶望先生で念願のアニメ化」、「改蔵は黒歴史→愛蔵版」なんて、ネガティヴ自虐が持ち味の久米田先生としては致命的に良いことが続いていますね。このぶんだとアイスホッケーも……。

  
 「改蔵」愛蔵版4巻は6/18発売予定。

久米田先生の漫画を読んでいると、よく「読者から絵にツッこまれる」という話が出てくるんですが、本当なんでしょうか?ネタかもしれませんけど。「線が少なくて手抜き」「スクリーントーンを知らないのか」「絵柄変わりすぎ」などなど……。確かに「絶望先生」はかなりすっきりした簡素な線になってはいますが、「線が少ない」ということはないのでは?アニメ的な作画と言いますか必要最小限の線で、表現すべきものはされていると筆者は思います。実際にこの絵柄に文句を言っている人がいるとしたら、その人たちはみな「北斗の拳」のような濃い描き込みを期待しているのでしょうか。スクリーントーンの件にしてもそうで、確かに「絶望先生」ではほぼ使ってないのですが、そう思って見るとむしろ衣装の柄とか背景とか、カケアミとかちゃんとしてるじゃないですか。まあPCで作画していれば、カケアミもトーンのようなものかもしれませんが。でも、特に和服の柄とかは手間ひまかかってると思いますよ。筆者が「絶望先生」を読んだ時の印象はそれらのクレームとはまったく逆で、「トーンを使わずによく描いてるな~」と思ったものです。

個人的にグシャグシャと描き込んであるディテールいっぱいの絵も好きなのですが、それとは逆のしごくシンプルで整理された久米田氏の画風も好きです。少ない(ように見える)線で表現するということは、描き込むよりも1本の線が持つ意味が増し、ごまかしがききません。なにより凄いのは、シンプルであるがゆえに難しい、キャラクターの判別。「絶望先生」は多数の女性キャラが登場しますが、小さなコマの小さなカットに何人並んでいても、それが誰か判るんです。髪型に依存するところも大きい気もするのですが、その「アイコン化」されたキャラクターたちはデザイン的な視点、ポップアートという視点から見てももっと評価されていいんじゃないかと思います。

スポンサーサイト
漫画 | 【2010-05-19(Wed) 10:17:37】 | Trackback:(0) | Comments(-)
冬に読みたい漫画たち。
岡本倫先生の異色スキージャンプコミック、「ノノノノ」はまさに
冬のコミック!最新第8巻は岸谷暴走、ノノが大ピンチに!?



-----------------------------------------------------
まるで冬の寒さのようにうすら寒い異形の者どもがひしめき、
時にはその寒さを吹き飛ばすかのような熱いバトルを繰り広げる、
異色破天荒ギャンブルコミック「嘘喰い」は最新14・15巻がなんと同時発売!



-----------------------------------------------------
寒~い冬にほかほかな気持ちを届けてくれる「よつばと!
最新9巻が発売されました。



-----------------------------------------------------
あずまきよひこ「あずまんが大王」新装版×3と、ムック「大阪万博」はファンなら必見。



まあ実のところ、どれも「冬」じゃなくてもいいんですけどね。

漫画 | 【2009-12-20(Sun) 22:34:14】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「喧嘩商売」最新9巻発売。


もうまったく、この漫画がどこを終着点に見据えているのかわからない、木多康昭センセの「喧嘩商売」、最新刊が発売です。基本的には主人公の修行が核になっていますが、忘れた頃に「しまぶー」や「東園馬々」、極悪山本とかが出てくるから油断は禁物です。一方、現在進行中の連載では主人公の妹VSちゃんねるA(2ちゃんねるですな)が描かれています。主人公サイドの話も妹サイドもどういう結末が控えているのか……。というかこのマンガは何なんだ?何を描きたいんだ?ということは木多センセについては愚問です。そもそも彼のマンガはまともに終ったためしがないし……。そこが好きなんですが。

木多漫画の結末:
「幕張」…最終回で作者が「やってられっか!」とブチ切れる。
「泣くようぐいす」…約3年の連載を夢オチにして強引に終了。
「平成義民伝説 代表人」…訴えられた作者が無実を叫んで終了。

編集部からの修正、外部各所や有名人からのクレームはいずれもたびたび発生。

さて、喧嘩商売は?!(あいかわらず大小トラブルは起こってるようですが)



漫画 | 【2007-12-09(Sun) 08:33:01】 | Trackback:(0) | Comments(-)
注目コミックス2点。「嘘喰い」と……
最初はそれほど熱心に読んでいたわけではないのですが、なんとなく毎週読んでいるうちにだんだん気になり始め、ついにはヤンジャンの中でも上位のお気に入りになり……というか、同誌の中では今いちばん好きかもというほど愛読するようになってしまい、とうとうコミックス出てるぶんをまとめ買い……というほどにハマってしまった「嘘喰い」。9月19日に最新の5巻が出るので、良い機会だから御紹介します。

基本はここ最近、漫画ジャンルとしてすっかり定番となったギャンブルもの。心理戦(かけひき)に寄ったストーリー進行で、相手の嘘を逆手に取って逆転勝利をキめる主人公には読んでてスカーッとします。が、そこまでならば他の漫画にもわりとよくありますよね。この漫画の魅力は突然挿入される格闘シーン、そしてなにより個性的な「絵」にあると思います。もの凄くダイナミック。衝撃を受けた際の顔、ニヤつく顔、キれた時の顔が「同一人物か?」と思うほど崩れ、内面をそのまま絵にしたような「ペンの暴走っぷり」が凄い!そして自由奔放な作画、レイアウト。紙面全体を使った迫力満点の描画、緻密な描き込み、コマを無視してページに踊る擬音、トーンの効果に至るまで、他の漫画とは「何かが違う!」。作者のみならずアシスタントも優秀なんだと思います。「デッサン?知るか!」とでも言わんばかりの人体描写、特に格闘シーンにおける作画は些細な理屈など吹き飛ばす説得力に満ちています。

ストーリーはともかく、その「絵の魅力」にハマったら抜け出せなくなることは間違いないです。私がモロにそれ。「最近の漫画は絵がどれも同じでさぁー」なんて言ってる人に、ちょこっと見てもらいたい漫画です、「嘘喰い」。



-----------------------------

「嘘喰い」とは対極に位置する「こどものじかん」4巻にはOVAが付属する「特別限定版」も出るとのことです。このOVAは単巻リリースの予定はなく、今後いずれのメディアにも収録されることはない……んだそうで。これを逃すと手に入らないということですね。まあ、TVAも始まるそうなので、価値を見出せる人にだけ。



漫画 | 【2007-09-03(Mon) 11:11:25】 | Trackback:(0) | Comments(-)
桜場コハル関連作品
ヤングマガジン連載中のまったり萌え系漫画、桜場コハルせんせいの「みなみけ」コミックス第三巻がいよいよ11/6に発売です。今回も通常版と特装版の2種があります。もちろん特装版をゲットしたいですね。ところで最近のコハルせんせいは絵柄がだんだん変わってきましたなあ。個人的には以前の方が好きでした。あと、同じヤンマガ系では「妹は思春期」の氏家ト全さんも絵柄が激しく変化。まあネタもそろそろ尽きてきたか?という根本的な問題もありますが、絵に関しては上達してるんだけど好きではない方向に進んでいる、ような気がしてます。個人的に。


みなみけ+今日の5の2 キャラファンブック」なるアイテムも、同じく11/6発売です。「みなみけ」は知らないけど「5の2」は読んでた、という人も無視できないムック。そして「みなみけ」の世界にウェルカム。3巻ともども、またまた謎の大ヒットをしそうだなあ。


ヤンマガ系で個人的に注目してる、というか好きな作家・木多康昭の「喧嘩商売」最新第5巻も同日に出てます。

漫画 | 【2006-11-06(Mon) 19:49:13】 | Trackback:(0) | Comments(-)
激オススメ、「エルフェンリート」最終巻!
ついに完結!の「エルフェンリート」。先日発売されたコミックス第12巻では連載時にはなかったエピソードが書き足され、その読後感がかなり変わっていました。もちろん結末が変わるようなことはありませんが、連載をずっと追っていた人にはビックリするような書き足しであると言えます。最もオススメしたいのは、連載終了時点で「ああ、終わったな。こういうまとめ方をしたのか」と思っている人。そこでエルフェンを過去のものとして消化してしまった人に、ぜひ書き足しのエピソードも読んでほしいと思います。とりあえず私はコミックスを1巻からぶっ通しで読み返してます。岡本倫さま、おつかれさまでした。



漫画 | 【2005-11-23(Wed) 02:08:02】 | Trackback:(0) | Comments(-)
ついに本当の完結!「エルフェンリート」第12巻。


あなたはご存知でしょうか?「エルフェンリート」という漫画作品を。週間ヤングジャンプで突如連載が開始された伝説の作品を。著者は岡本倫。それまで読み切り作品を数本発表していた、非常に個性的な作風の漫画家です。

画風はお世辞にも達者と言えないまでも、いわゆる「萌え」路線。連載第一回では読者にラブコメものでも始まったか?と思わせながら、ページを捲ると大殺戮の嵐。生首が飛び肉片が(以下描写略)。この絵柄と内容のギャップには、脳みそパニック状態。結局、この奇妙奇天烈きわまる漫画の虜になっていた自分。俗に「斜め上」と言われる、常に読者の予想を裏切っていく展開は、「コレ収拾つくのかぁ?」と心配せずにはいられませんでした。

“ついに本当の完結!「エルフェンリート」第12巻。”の続きを読む>>
漫画 | 【2005-10-12(Wed) 02:48:51】 | Trackback:(0) | Comments(-)
「みなみけ」第二巻について衝撃発表!


週間ヤングマガジンで好評連載中の桜場コハルせんせいさん作・萌えコメディ「みなみけ」。当初コミックス第二巻は10月6日と告知されていましたが、11月4日に延期となったそうです。延期は正直ザンネンですが、ただの延期じゃあないのだッ!なんと、限定版スペシャル単行本を作っているため伸びてしまったようです。限定版は第二巻に「みなみけ」「今日の5の2」PCアクセサリー・ミニBOXが付くんだとッ!コイツはとーぜん限定版を手に入れるしかあるめえよ!今からいつ予約が始まるかドキドキです。

まあ本誌アンケートではいまひとつのリアクションながらコミックスが謎の大ヒットとなった「今日の5の2」。「みなみけ」のコミックスも売れてます。図らずも世の隠れロリの存在を露呈させてしまった罪深き作品(と作者)なのです。編集サイドから言われて無理に入れてるっぽいパンチラや萌えカットにまんまとハマっているわけですね。そんな前例があるので限定版もそれなりの数を用意するとは思うんですけどねえ。

というわけで読んだことないヒト、萌え少女のなにげない仕草にクラッときちゃうヒトはまず既刊をチェックしといて下さい。


うわっ、すんげえプレミアついてやんの!発売日に本屋で買っといてよかったぁ。
皆さん、「限定版を買うつもりがあるならとっとと買う!」は鉄則ですヨ。

漫画 | 【2005-09-28(Wed) 01:00:16】 | Trackback:(0) | Comments(-)
エルフェンリートが……。
ヤングジャンプで連載中の「エルフェンリート」が、毎週連載から月イチになってしまいました。楽しみにしてた作品だけに残念。ヤンジャンではやっぱり受け入れられなかったかな?ガンツがOKでエルフェンがダメってこともないだろうに、と思うんですけど。え?画力の差?

ていうか、ヤンジャンって最近、エロ受け路線の妙な新連載が始まってなんかヤな感じ。遊●の女子高ものとかもう見てらんない、って内容だし、山●の女社長ものもどういう展開にしたいのか読めない。そもそもエルフェンより先に切られるべき連載は他にあるような気がするのですが……

こういった、新連載も含めた連載陣にエルフェンが負けてるとは思えないし、代わりにもならない。今後月に1度しか読めないと思うと悲しいなあ。僕の場合、漫画誌は通勤中のヒマつぶし以上の意味はなかなか見出せないけど、エルフェンは珍しく「早く続きが読みたい」作品だったんだけどなー。

あ、カッパは大好きです。

漫画 | 【2003-11-16(Sun) 04:15:57】 | Trackback:(0) | Comments(-)
めざせ!マンガ家。
先輩から、ワコムの新しいタブレットをいただいた。ウチのよりもはるかに使い勝手がいい。で、バンドルソフトに「コミックスタジオミニ」っていうのがあって、要はマンガ描くソフトなんだけど、「フォトショの経験があれば直感的に使える」らしいが使えねーよ。んで、マニュアルはソフト内にヘルプがあるでもなく、別途PDF。いちいち読んでられっか。さらに、「フォトショLEの方がよっぽど気前いいぞ」ってほどの機能限定。不便。

ソフトとしては面白そうなので、製品版を買ってみたい。そんな高いもんでもないし。結局、タブレットのバンドルとしてはもうひとつ、「フォトショップエレメント」が付いてたのが嬉しい誤算だったな。こんなものがオマケに付くなんて、サービスいいじゃん。俺がもともと持ってたタブレットには、ペインターしか付いてなかったぞ。



漫画 | 【2002-08-30(Fri) 01:18:19】 | Trackback:(0) | Comments(-)
次のページ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ほみやのオススメ


↑まるで据え置き機のモンハン?!PS3「ドラゴンズドグマ」が熱いです。


↑450万本出荷!まさにモンスターソフト、PSP「モンスターハンターポータブル3rd」。


↑まったく新しいWii「モンスターハンター3(トライ)」。


↑初の完全オンライン、「ドラクエX」。売れるのか転ぶのかまったく読めません!


↑売れてます、3DS「スーパーマリオ 3Dランド」。コンプリートまでやり込みましたが、面白かったですよ!


↑対戦が熱い、3DS「マリオカート7」。さすがにこれも面白い!


↑PSP版「FFT」、やっぱコレは永遠の名作認定です。


↑後日談も移植、PSPの「FFIV」。

携帯ゲーム機オススメ


↑現在のところ「勝ち」ハード、おなじみ3DS。周囲にもオーナーが続々増えてます。


↑PSP-3000。Vitaのおかげでいまだに現行機種という感じが……。


↑ファミコン世代はほしくなっちゃうファミカラーのGBミクロ。


↑「どうぶつの森」的な面白さ?薦められて買ったら以外にハマった「ともだちコレクション」。


↑PSP持ってるシューター必携、「グラディウスポータブル」。


↑「PE」、「PE2」やった人はやるべし!「The 3rd Birthday」。

次世代ハード揃い踏み

↑新・薄型PS3。HDDは120GB、うるう年もなんのその。


↑Wiiがやっぱり売れてます。


↑Xbox 360、新型が売れてます。


↑個人的にはまだまだ現役です、新型PS2も忘れちゃならない。


↑ある意味「次世代」?FC互換機ネオファミでFCソフトを遊ぼう!


↑DSでファミコンカセットをプレイ!「ファミレーターLite」。

必需品


↑これがないと始まらない、PS2専用メモリーカード。


↑気が付くと15ブロック満杯、だからこそ予備が欲しい、PS1ゲーム用メモリーカード。


↑ところでPSPのメモリーはOK?4GBもあればとうぶん安心。


↑家にしながらにして通信できる、DS用WiFi USBコネクタ。

注目ゲーム音楽CD


↑新しいRPG音楽を目指した、「FFXIII-2」サントラ。


↑ビッグブリッヂの新アレンジ収録、「FFXIII-2」の「PLUS」です。


↑植松サンは関わってませんが、「FFXIII」の音楽はステキでしたよ。


↑植松氏念願!ファミコン「FF」三部作のピアノアレンジがついに!


↑なぜか、「IV・V・VI」のピアノオペラも発売。既発の「ピアノコレクション」ではありません。


↑「ドラクエIX」の音楽をオーケストラで楽しもう!


↑アタリかハズレか?「モンハン」のクラブミックスCD。

攻略本チェック!

↑「FFXIII-2」シナリオアルティマニア。


↑同時発売、「FFXIII-2」のバトルアルティマニア。


↑「FFXIII」のアルティマニア。こちらはシナリオを解説。


↑こちらは「FFXIII」バトルのアルティマニア。


↑1200ページ、G級も網羅!3DS「MHP3G」の攻略本です。


↑今のところ、「mhp3rd」についていちばんデータが充実している攻略本です。


↑「mhp2ndG」のことがいちばん載ってる本。


↑PSP版「FFT獅子戦争」の完全解説本。

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。